テレビにて「斉木楠雄のΨ難」を観た

 福田雄一好きの私としては本来なら映画館へ観に行きたかったのだけど、事情があり行けず。で、テレビ放送を録っておいて今日観た。  そんな話。  原作はジャンプ。  だったら、銀魂と同じ類いか?とか、事前に調べもせずに、公開情報だけを仕入れていた。  ジャンプでの長期連載作品なので、単純なコメディではないのだろうけれども、映画はなんていうか淡々としたいつもの福…

続きを読む

Amazonプライム・ビデオにて「銀魂」を観た

 今日は観た映画について。  少し前に深夜に映画を放送していたのだけど、先日Amazonプライム・ビデオで観る事が出来る事を知ったので、そちらで観た。まぁ、放送分がカットがあったかどうかは知らないんだけど・・・・・・。  さてさて、これ、原作は有名な漫画だそうだが、正直言って名前しか知らなかった。でも、服だ雄一が手掛けるって事は、ギャグ漫画なんだろうね(すっとぼけ)。 …

続きを読む

シネマ尾道にて「ラスト・ワルツ」を観た

 この間の土曜日に観に行った映画。  1978年に上映されたザ・バンドの解散公演の模様を捉えた名ロック映画のデジタルリマスター再上映版。  この映画はずっと観たかったものだ。  その存在を知ってからだから、かれこれ30年近くの懸案事項ということになる。  それが今回のリバイバル上映。そりゃぁ「観に行きますよ」ってものだ。  でも、この…

続きを読む

テレビにて「明烏」を観た

 録り貯めしているドラマや映画等をどんどん観ていっていて、今度は昨年の春に録っておいて、すっかり放置していた「明烏」だ。  監督が福田雄一ということで「これは観ねば!」と録っておいた。  そもそも、2015年の公開なんだけど、主演が菅田将暉だった時点で観に行ったと思うのだけれども、実際は観に行ってない。公開していたということを知らなかったのだ。  なんと残念な、…

続きを読む

テレビにて「シン・ゴジラ」を観た

 この前から録り貯めしているビデオを観ているシリーズだけど、今度は映画、、しかも去年の晩秋に放送されていた「シン・ゴジラ」だ。  これ、映画館に観に行ったのだけど、改めてテレビで観ても感慨深い映画だったね。  どこまで行ってもevaっぽいのは仕方がない。監督が同じだから。でも、テレビだと映画と違って怪獣映画としての迫力が殺がれてしまっているので、人間がむき出しになった映画とし…

続きを読む

テレビにて「エイプリルフールズ」を観た

 今日、昨年の秋に録っておいたモノを漸く観た。  この映画は映画館に観に行こうと思っていたのだけど、結局観に行けずに、その後もテレビ放映された際にも観ずに、今回も録っておいて当分放ったうえで・・・・・・という事なので、なんか色々回り道をしたあげく・・・・・・という事になる。  さて、この話はドラマ「リーガル・ハイ」のスタッフによるオリジナル作品で、古沢良太のスピード感のある脚…

続きを読む

テレビにて「本能寺ホテル」を観た

 土曜日に放送されたものを録っていて、昨日観た。  これ、映画館で観ようと思っていたのだけど、上手くスケジュール調整が出来ずに観ることが出来なかった。なので、ここでやっと観ることが出来たという事。  さて、この映画一言でいうなら歴史SFものというところか。制作がフジテレビで、キャスト、スタッフ共々同じくフジ制作の「プリンセス・トヨトミ」から流れてきている。ただ、まぁ色々あ…

続きを読む

テレビにて「ラブ&ピース」を観た

 年末にテレビで放送されていたのを録っておいた。  そして今回観た。  2年と少し振りに観たのだけど、やはり面白かった。前に映画館で観た時には手放しで褒めていた。その気持ちは変わらない。  だけど、一言だけ。  この映画、テレビで冷静になってみていると、最初の展開が我慢を強いるところがあって「ここ」を乗り越えないと最後まで観ることが出来ないと思う。 …

続きを読む

テレビにて「ひみつのアッコちゃん」を観た

 昨日はこの記事を書き途中で寝てしまった為に、今の時間という事。  この書き出し何回目だか・・・・・・。  さて、昨日は正月の夜中に放送していて録っていた映画を観た。  これが、実写版「ひみつのアッコちゃん」。主演は綾瀬はるか。別に彼女が小学5年の女の子を演じる訳ではなく、変人後の大人の女性を演じる。つまり、おとなの物語という訳。  ストーリーが映画の完全…

続きを読む

テレビにて「超高速参勤交代リターンズ」を観た

 先日テレビで放映されていたのを観た。  一度映画館で観ていてほぼ覚えていたので、目新しさはなかったが、一つ言えることがある。なぜ、映画館で観た当時は気付かなかったのだろう・・・・・・。  これって、シリーズ物の2作目だけど、1作目は参勤交代の話だ。しかし、2作目は参勤交代の話ではない。確かに、その要素はあった。というか、別の事が描きたかったので、参勤交代については端折ってた…

続きを読む

テレビにて「海月姫」を観た

 年末年始の夜中によくやっている映画で録っていたものを順次観ていっている。  今回は「海月姫」。  ちょうど今日から月9で始まるから観た訳ではない。むしろ録った後に連続ドラマ化を知ったくらいだ。観たのは以前公開時に映画館へ観に行ったモノ。  主役の問題でテレビ放送が難しい中、地方局の深夜枠という事で放送できたようだ。  少女漫画原作の傑作コメディなので、そ…

続きを読む

テレビにて「女子ーズ」を観た

 年末年始は夜中の映画がたくさん放送される。今年は少ないのだけど、それでも幾つか面白そうなものが放送されたので、順次録っていった。  で、観始めた訳だ。  その第一段が「女子ーズ」。  これは、映画館でも観たしBlu-rayのソフトも買った。で、今回テレビ放送でも観たので「どれだけ好きなんだ?」ってやつである。  で、今回観た感じでは、主人公の女優5人、見…

続きを読む

シネマ尾道にて「ドント・ルック・バック」を観た

 「ドント・ルック・バック」が上映されるという事で、花火大会の尾道において花火も観ずに映画を観た。  これは昔テレビで放送していたのをビデオで録って、何度も何度も観たのだけど、その映画を今回映画館で観る事が出来るという事で、「この上ない歓び」と感じてはせ参じたという事だ。  映画は「映画館で観る事が出来るなら映画館で観る」というのが持論なので、他の人がこの事に「ど…

続きを読む

シネマ尾道にて「PARKS」を観た

 約3ヶ月振りの映画。  久し振りに見たい映画に出会った。  というか、やっと上映開始となった。  PARKS  橋本愛主演で染谷将太が出ているという事だけで「観るの決定」となっていた映画。ちょうど「寄生獣」の逆だ。  ただ、今回は2人だけで無く、もう一人主役各の役者がいる。それが永野芽郁だ。これから間違いなくグッと出てくる役者だけど…

続きを読む

シネマ尾道にて「アズミ・ハルコは行方不明」を観た

 昨日・・・・・・、というより一昨日観た1本目の映画。  結局昨日はいつものように何もせずに寝てしまったために予定より1日遅れの記事となっている。  さてさて、この映画であるが、松居大悟の最新作であるから観たということ。3年前・・・・・・、正確には2年半前の「スイートプールサイド」を観て以来強烈に惹かれてそれ以来欠かさず彼の作品は観ている。  シネマ尾道では「ス…

続きを読む

シネマ尾道にて「東京ウィンドオーケストラ」を観た

 という事で、まずは昨日観た映画であるが、2本目に観た映画から。  東京ウィンドオーケストラについて。  これtwitterにもツイートしたのだけど、予告編が観る気にさせるものだった。なおかつ、小市慢太郎が出ている。なので観た。  最初は、舞台になっている屋久島をこの映画はディスっているのか?って思ってたのだけど、どうやらそうではなかったようだ。本質はそこになか…

続きを読む

シネマ尾道にて「雪女」(第1回尾道映画祭での上映)を観た

 尾道映画祭のオープニング上映作品。  シネマ尾道では5月から上映だそうだけど、先駆けての上映という事だった。  題名からも分かる通り、この映画は小泉八雲の「雪おんな」を映画化したものだ。しかし、単純に昔話にするのではなく、現代でない少し昔の話に翻案している。この辺がこの作品を個性的に魅せている部分だ。  96分のという現代の映画では短い部類に入る長さで…

続きを読む

シネマ尾道にて「ユーリー・ノルシュテイン監督特別上映 ~アニメーションの神様、その美しき世界」を観た

 昨日は早く寝てしまったために、昨日観た映画についてこの時間に記す。  この映画はロシアのアニメーション監督であるユーリー・ノルシュテインの1968年のデビュー作から1980年代前半までの著名な作品6作をワンパッケージにして上映されたもの。配給元が ロシアからフィルムを入手して修復しての上映だそうだ。  Twitterでもツイートしたが、この作品を観た一番の目的はデ…

続きを読む

Amazonプライム・ビデオにて「チチを撮りに」を観た

 先日映画館で観た「湯を沸かすほどの熱い愛」の監督がこの作品の監督だと知って、Amazonプライムビデオで観ることが出来ると知って観た。  「湯を沸かすほどの熱い愛」では、自覚しているのかどうかは知らないが、監督の強いフェティシズムに惹かれた。多分、持って持って生まれたものだろうから、他の作品でも味わえるだろうと・・・・・・。  で、以前劇場で観るチャンスが合ったにもかかわら…

続きを読む

シネマ尾道にて「湯を沸かすほどの熱い愛」を観た

 昨日はさっさと寝てしまったために書けなかったのでこの時間になるが、要は、映画を観に行ったという話。  観たのはタイトルにある「湯を沸かすほどの熱い愛」だ。  一昨日の映画賞で主演と助演の賞をこの映画が取っていたが、「なるほど」と頷ける出演者の演技であった。  内容については賛否両論あるだろうけど、監督の熱の入れようが過剰なほどの映画だということだけ…

続きを読む

シネマ尾道にて「この世界の片隅に」を観た

 今日観た。  やっとシネマ尾道で公開となった。  一日千秋の思いで待ち望んでいた。  人も多かったし、やっぱり、みんな同じ思いだったのだなと・・・・・・。  でも、なんでこの作品を沢山の人が観て、しかもリピーターが多いのか分かった気がする。  後からジワジワ来るんだよな・・・・・・。  この作品は。  観たすぐ後…

続きを読む

テレビにて「gift」を観た

 昨日の夜中・・・・・・、というか今朝未明にやっていた映画を観た。  愛知県限定公開の映画という事で、2014年の公開時には観ることが出来なかったのだけど、すごく観たい映画ではあった(確か愛知県意外でも後に公開されたようだが、結局近くでは上映していないはず)。  金持ちとキャバ嬢の2人旅を描くロードムービーだ。  主演は、遠藤憲一と松井玲奈。  遠藤憲一の…

続きを読む

シネマ尾道にて「聖の青春」を観た

 土曜日に観た映画について、その2。  夕方から、この日のシネマ尾道における3回目の上映を観にいった。  この映画、制作していた頃から観たかったのだ。  題名の通り、同名のノンフィクション小説の映画化作品にして、棋士である村山聖についてのモノだ。  染谷将太ファンの私として彼を目当てで観にいったのだけど、羽生善治を演じる東出昌大に目を奪われた。…

続きを読む

福山コロナシネマワールドにて「相棒劇場版Ⅳ」を観た

 前の土曜日は「相棒」の新作の初日だった。  という事で、早速行ってきた。  色々始まる前に大風呂敷を広げて宣伝していた映画だったので少々心配してみてきたのだけど、なかなかの力作だったと思う。  監督が和泉聖治から橋本一に変わった影響がどこまで出ているか、脚本が太田愛というのがどこまで影響しているかが一番の見所だったけど、オープニングから橋本ワールド前回…

続きを読む

テレビにて「信長協奏曲」を観た

 これ、この前テレビで放送されていたのをビデオで録っていた。  で、今日はその話。  連続ドラマで放送された時には観ていたのだけど、その続きともいうべき映画は観る気が起きなかった。主な原因は出演する役者の関係なのだけど、まぁ、こういうのは往々に在るので仕方ない。  で、映画は結局観に行かずだった。  でも、テレビで放送されるとなると、「観ておこうか」と気に…

続きを読む

テレビにて「ハッピーフライト」を観た

 たった今終わった。  テレビで映画観ていた。  矢口史靖の作品で、彼の作品は基本的に観ているのだけれども、この作品だけは観たことが無かった。  飛行機のフライトを通じて、パイロットやCAだけで無く、グランドスタッフや管制官、整備士など、その飛行機尾を飛ばすために関わったスタッフの出来るだけに光を当てた作品。  綾瀬はるか主演のコメディとなっているが、まぁ…

続きを読む

テレビにて「もらとりあむタマ子」を観た

 今日もテレビで放送されていたのを録っておいたものをこの前観たという話。  で、観たのは「もらとりあむタマ子」だ。  この映画は、公開時に映画館で観たのだが、今回テレビで放送されていて、それを録っておいて観たら、やはり面白かった。好きな映画だ。  モラトリアム期の女の子を描いた映画なのだけど、この映画の良い所は、父親に父親らしく接して欲しい娘の心が描かれている部分だ…

続きを読む

テレビにて「スティーブ・ジョブズ」を観た

 正月にテレビで放送されていた映画で録っておいた3本を観た。その2本目だ。  今回も観逃していた映画だ。  2013年の映画。  スティーブ・ジョブズの伝記映画で、特徴は登場人物の顔がみんなそっくりなことだった。こういうのに拘って作るというのも一つの手だろう。  この映画は純粋な彼が生まれてから死ぬまでの伝記ではない。  社会人としての彼が生まれ…

続きを読む

テレビにて「夫婦フーフー日記」を観た

 昨年の公開時に観そびれて・・・・・・、というよりとある映画館の今後の上映予定リストに載っていたので「ここで観よう」と思い上映決定を待っていたら話がなられちゃったのか、結局上映されなかった。なので、観たくても観ることが出来なかった作品だった。  で、この前、正月の深夜にテレビで放送されていたので、そいつを録っておいて後で観たという訳だ。  この話はファンタジーだねぇ。 …

続きを読む

福山駅前シネマモードにて「オケ老人」を観た(+今日買った中古本)

 12月31日から上映開始と言うことで、やっと時間が出来た今日観に行った。  これ、題材だけから王道ドタバタコメディと予想して観たい思っていた。  そうしたら、ほぼ正解。  この映画は、ほぼタイトルから予想できるのだけど、老人ばかりのオーケストラの話。主演は杏で、この人は色々あってこのオーケストラに入った人で、彼女とオーケストラの老人の面々が共に歩む姿を…

続きを読む