アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
日記の部屋
ブログ紹介
音楽と写真の事が中心ですが、
日常の細々としたことも・・・・・・。
音楽は聴くのが専門なので、買ったCDのことや、聴いたCDのことなど。
写真は見るのが専門ですが、撮ってもいます。
休みごとにカメラを持って出掛けます。
zoom RSS

今日聴いたCD

2019/06/19 19:46

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 56



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/18 19:43

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 55



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブラー「ライヴ・アット・ザ・武道館」「パークライヴ(ライヴ・イン・ハイド・パーク2012)」

2019/06/17 23:31
 昨日の続き。


 今日はブラーのアルバム2点。


 1995年のライヴと再結成後の2012年のライヴ。


 基本、聴き比べても変わらない。


 そりゃぁ、17年の歳月を経ているので「円熟」という意味では2012年のが上だけど。


 でも、ある意味絶頂期の1995年のライヴが個人的には好み。


 しかも、1枚には収まらず少しだけ2枚目にでているという。こういうのって偶にあるけど、やはり勢いを感じる。下手に1枚に収めて仕舞うより余程良い。


 兎に角、なんにしても楽しいライヴだ。


 ブラーって良いよね。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/17 19:46

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 52

  2. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 53

  3. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 54



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ザ・フー「ワイト島ライヴ1970」&キャメル「ダスト・アンド・ドリームス」

2019/06/16 23:52
 先週、ブログ書いていなかった日には本来なら聴いたCDについて書こうと思ってたのだけど書かなかったので、教と次の機会に2回に分けて書く。


 で、今回は昨年末に買った中古CDから。


 まずはフーのライヴ盤。


 1970年のライヴなので、基本的には「ライヴ・アット・リーズ」と同様だった。


 つまり色々やってるけど、ハードロックバンドとしての側面とプログレバンドとしての側面の両面を持つという・・・・・・。


 そんな中で、勢いと迫力のライヴがやはり凄い。夜中のライヴという事で、バンドも観客もテンションが凄いので。


 そして、キャメルの復活作。


 おとなしいしメロディアスなんだけど、どこまで行ってもキャメルはキャメル。1980年代のキャメルからそのまま地続きな音だ。しかも、「ヌード」以降の。


 色々あって、10年近く間が空いてのこの作品なので、そこでちゃんと続きを作れるのが凄い。


 まぁ、これはアンディ・ラティマーのソロプロジェクトにキャメルがなったので、出来る印象なんだと思う。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/16 18:22

  1. ラーセン=フェイトン・バンド / フルムーン / Warner Bros. / WPCR-75409

  2. システム7 / Ten Records / DIXCD 102

  3. ソフト・マシーン / ブリティッシュ・ツアー'75 / MAJOR LEAGUE PRODUCTION / MAR 152403

  4. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 48

  5. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 49

  6. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 50

  7. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 51



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日買った中古CD&中古本、届いた中古本(ニール・クリスチャン&ドゥービーズ、ミステリー&C++)

2019/06/15 22:38
 今日は天丼が食いたくなって倉敷の天壱にいったので、その帰りの道すがらブックオフに寄って帰った。


画像

 一店舗目では中古CDを買った。

  1. ニール・クリスチャン&ザ・クルセイダーズ FEATURING ジミー・ペイジ/リッチー・ブラックモア/ニッキー・ホプキンス / TEICHIKU / TECX-25458

  2. ドゥービー・ブラザーズ / ファースト / Warner Bros. / WPCR-75024

  3. ドゥービー・ブラザーズ / ミニット・バイ・ミニット / Warner Bros. / 20P2-2011




 二店舗目では中古本を買った。

  1. 妄想女刑事 鳥飼否宇 ・・・ 角川書店



画像




 そして、家に買ったら、Amazonのマーケットプレイスで買った本が届いていた。

  1. C++の設計と進化 Bjarne Stroustrup著 επιστηδη監修 岩谷宏訳 ・・・ ソフトバンク パブリッシング





 という事で、買ったモノについて。


 昔から欲しかったニール・クリスチャンのコンピが漸くに入った。これは天にも昇る気持ちだ。これだけで今日は満足。さらにはドゥービーズが安く手に入ったのでなおのこと良し。極端な2枚のアルバムが並んでいるという・・・・・・。


 本は小説。しかもユーモアミステリ。動物モノのミステリーが得意な人の非動物物という。これは感で購入。作者が別名義で書いている「相棒」のノベライズがレベル高いのを知っているので期待しかしていない。


 さてさて、最後は発刊から15年近く経ったがやっと手に入れた。出た当初は買えなかった。そうこうしている内に新品では手に入れられなくなり、中古のみだったが、それをやっと買った。C++教の教祖の書いた思想書だ。C++教に入信した人は座右に置くべき本らしいので、読むのが楽しみ。まぁ、経典の「プログラミング言語C++」を読破できていないので、これも読破できるかどうかアヤしいが。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/15 21:25

  1. ニール・クリスチャン&ザ・クルセイダーズ FEATURING ジミー・ペイジ/リッチー・ブラックモア/ニッキー・ホプキンス / TEICHIKU / TECX-25458

  2. ドゥービー・ブラザーズ / ミニット・バイ・ミニット / Warner Bros. / 20P2-2011

  3. ドゥービー・ブラザーズ / ファースト / Warner Bros. / WPCR-75024

  4. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 46

  5. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 47



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/14 21:06

  1. リターン・トゥ・フォーエヴァー / THE COMPLETE COLUMBIA ALBUMS COLLECTION
    CD 1

  2. マハヴィシュヌ・オーケストラ / THE COMPLETE COLUMBIA ALBUMS COLLECTION
    CD 2

  3. ザ・キース・ティペット・グループ / デディケイテッド・トゥ・ユー / Repertoire / MSIF 7229

  4. コロシアムⅡ / ストレンジ・ニュー・フレッシュ〜エクスパンデッド・エディション / ARC-7133/34
    Disc-1

  5. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 42

  6. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 43

  7. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 44



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


西本恵「日本野球をつくった男―石本秀一伝」

2019/06/14 00:22
 読み終えた本について。


 約600ページにも及ぶ石本秀一の評伝。


 これはタイトルにもあるとおり、一人の野球人の生涯を記した伝記というだけで無く、大正から昭和に掛けての日本野球の歴史そのもの。


 広島県人としては、この人は広島カープの初代監督にして、広島カープを作り、その初期を支えた人というイメージ。それ以前に監督として常勝軍団の広島商業のイメージも作り上げた人というイメージだ。


 なので、晩年自宅で広島カープの初優勝に涙する姿が取材されていおて、余りにも有名な映像として残っているが、この本は、あの時の表情や涙が何に裏打ちされているのかという事をよく伝えてくれている。でも、彼の場合はその後日本一になったカープを見届けることも出来たので、今の言葉で言うと「持っている」人なのだと思う。というか、そんなカープを見て感慨に浸ることが許される人の内の一人だろうと思う。


 彼一人の力ではないが、彼もまた日本の野球の発展に尽力して来た人の一人だったという事がよく分かる。


 そして、戦前の精神論者でありながら、理にかなった管理野球論者でも有ったのに驚かされた。


 ただ、彼の影響下にあって太く短い選手生命だった稲尾や権藤のことを考えると、ある意味、人それぞれの野球人生をその人に合う様に謳歌させることの出来る指導者だったのだろうなと・・・・・・。


 それよりも、改めて「確かに」と思ったのは、石本−農人−古葉が一直線のラインだったという事。それから、石本−水谷−緒方から今の現役選手に直結されるという事。こういう事に気付くと、今の広島の中にも石本の指導というものは生きて活かされている様だ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


今日聴いたCD

2019/06/12 19:44

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 41



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/11 19:50

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 40



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


天童荒太「ペインレス」

2019/06/10 22:26
 読み終えた本について。


 上下巻。


 天童荒太の約3年にも及ぶ雑誌連載の作品。


 トータルで600ページというまぁまぁのボリュームか、天童荒太にしては。


 さて、この話は「痛み」について。しかも主人公の女系一族のクロニクルとなっている。


 途中「O嬢の物語」の換骨奪胎を狙った作品なのかとも思ったが、それとは全然違う、やはり、そこは天童荒太。


 どこまで行っても「家族」の物語だった。


 そして「愛」の。


 主人公の女、そしてもう一人の男、この拭いたりの二人なりの愛の物語とも取れる。


 物語の筋では無く、テーマをひたすら掘り下げるという「歓喜の仔」以降のスタイルの、ある意味完成形を見た様な気がした。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/10 19:41

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 39



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SONY「UCH12W」急速充電対応ACアダプター

2019/06/09 23:03

画像

 今日届いた。


 というのが、最近家で使っているスマホやタブレットの充電器が最近充電速度が落ちてきた為に、買った。


 今のスマホがQuick Charge3.0に対応している為に凄く早く充電できるという事で選んだ。


 ソニーの純正品だし。


 取り敢えず試しは、充電する必要があったタブレットで行った。するといつも3〜4時間くらい掛かっていたのが2時間余りで出来る様になった。


 やはり、最新の純正品は良いなぁ。


 それなりの値段したが・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/09 21:13

  1. アレア / クラック! / CRAMPS / SICP 31269

  2. アレア / アレアツィオーネ”アレア・ライヴ” / CRAMPS / SICP 31270

  3. アレア / 呪われた人々 / CRAMPS / SICP 31271

  4. アルティ・エ・メスティエリ / ティルト / CRAMPS / SICP 31272

  5. アルティ・エ・メスティエリ / 明日へのワルツ / CRAMPS / SICP 31273

  6. アルティ・エ・メスティエリ / クイント・スタート / CRAMPS / SICP 31274

  7. ステファン・グラッペリ / ヤング・ジャンゴ / MPS / UCCU-6193

  8. ファミリー / ア・ソング・フォー・ミー / SEE FOR MILES / SEE CD 240

  9. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 37



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日買った中古CD&中古本(ステファン・グラッペリ)

2019/06/08 22:37

画像


  1. ステファン・グラッペリ / ヤング・ジャンゴ / MPS / UCCU-6193



  1. 空山 帚木蓬生 ・・・ 講談社



  1. ファミリー / ア・ソング・フォー・ミー / SEE FOR MILES / SEE CD 240


 今日は昼飯食いに出掛けて、その近所にあるブックオフとハードオフで中古本と中古CDを買った。


 次いでで買った割には、結構センス有る買い物だったね、今日は。


 しかし、帚木蓬生の作品が手に入ったのが大きい。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/08 21:41

  1. コロシアム / タイム・オン・アワ・サイド / Ruf Records / BSMF 2436

  2. フル・ムーン / DREAMSVILLE RECORDS / TRPP-1002

  3. アレア / 自由への叫び / CRAMPS / SICP 31267

  4. アレア / 汚染地帯 / CRAMPS / SICP 31268

  5. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 36



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ザ・ローリング・ストーンズ「ラヴ・ユー・ライヴ」

2019/06/07 23:09
 昨年の秋に買って聴いた中古CDについて。


 今日は1970年代のストーンズのライヴ盤。


 丁度ロン・ウッドが加入後のツアーから編まれたライヴ盤で、これが大きな会場と小さな会場の演奏を混在さしている珍しい作り。


 それでも統一感があるのはさすがというか、現在に続くモンスターバンドとしてのライヴ盤を聴かせてくれる第一歩といったところだ。


 でも、良いのは小さな箱でブルースに拘って演奏をしているのが良い。


 白眉は「マニッシュ・ボーイ」だと思う。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/07 19:53

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 35



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日届いた新品CD(コロシアム&フル・ムーン&アレア&アルティ・エ・メスティエリ)

2019/06/06 22:59

画像


  1. コロシアム / タイム・オン・アワ・サイド / Ruf Records / BSMF 2436

  2. フル・ムーン / DREAMSVILLE RECORDS / TRPP-1002

  3. アレア / 自由への叫び / CRAMPS / SICP 31267</li>
  4. アレア / 汚染地帯 / CRAMPS / SICP 31268

  5. アレア / クラック! / CRAMPS / SICP 31269

  6. アレア / アレアツィオーネ”アレア・ライヴ” / CRAMPS / SICP 31270

  7. アレア / 呪われた人々 / CRAMPS / SICP 31271

  8. アルティ・エ・メスティエリ / ティルト / CRAMPS / SICP 31272

  9. アルティ・エ・メスティエリ / 明日へのワルツ / CRAMPS / SICP 31273

  10. アルティ・エ・メスティエリ / クイント・スタート / CRAMPS / SICP 31274


 今日はCDが届いた。


 先月末の届く予定が今日まで延びた。


 なんせ、今日のメインのイタリアンロック達が昨日発売に延びたのでね。


 そして、コロシアムは5年前に出ていたラストのスタジオ盤、ジョン・ハイズマンが昨年亡くなってしまったので、ここから先、新しいアルバムは望むべく無し。という事で、正真正銘のラストアルバムだ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/06 19:50

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 34



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ピーター・フランプトン「フランプトン・カムズ・アライブ!」

2019/06/05 23:30
 昨秋に買った中古CDについて。


 今回は「フランプトン・カムズ・アライブ!」。


 ソロになってからのピーターフランプトンは実はよく知らないのだけれども、この「フランプトン・カムズ・アライブ!」の頃にはまだハンブル・パイの頃を引き摺っていて、ハンブル・パイが好きな者としてはニヤニヤが止まらない。


 というか、これぞ、彼が目指していたハンブル・パイの方向性のような気がする。


 適度にハードで、適度にポップという。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/05 19:48

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 33



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ビル・キルデイ「NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生」

2019/06/04 23:57
 今日読み終えた本について。


 Googleマップ及びGoogleアースを作った者達のリーダーであるジョン・ハンケについて、その片腕を自認するモノが著した本。


 ・・・・・・、なんだけど、実際はGoogle自慢の本になっている気がしないでも無い。まぁ、でも実際に物作りに成功した人には大いに自慢して欲しいと思っている人間なので私が、こういった本は大歓迎だ。


 著者自身は、ジョンの片腕として、どちらかというとマーケティングを担当している人だそうだ。


 この本を読めば、彼らが如何にしてデジタルマップの世界を牛耳っていったかが分かる。


 その苦労話というか、少年漫画的な成功秘話を微に入り細に入り堪能出来る。


 そういった本。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/04 19:45

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 32



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「サタデイ・ナイト・フィーバー」40周年記念盤−オリジナル・ムービー・サウンドトラック−

2019/06/03 22:02
 今日も昨年の10月にHMVより届いたCDについて。


 今回はSNF。


 今回のは、サウンドトラックアルバムに映画本編がおまけでつくという構成。しかもBlu-rayで。


 さてさて、今回はサウンドトラックCDの話だけれども、これは、当然目当てがビージーズだ。


 オリジナルアルバム未収録の全米ナンバーワンヒット3作がオリジナル収録されているのがこのアルバムなのでビージーズのファンにとってはオリジナルアルバム扱いに近い存在だ。


 でも、ひたすらディスコ、ディスコ、ディスコで非常にファンキーなアルバムになっている。ビージーズやKC&ザ・サンシャイン・バンドやクール&ザ・ギャングのゴキゲンな音が眩しい。


 そんな、サウンドトラックだ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/03 19:40

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 31



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/02 20:43

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 26

  2. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 27

  3. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 28

  4. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 29

  5. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 30



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


逢坂剛「あでやかな落日」

2019/06/01 23:51
 今日一日で読み終えた本について。


 逢坂剛のワイフワークの一つである岡坂神策シリーズの長編。1996年の作品。


 岡坂神策シリーズの長編といえば「十字路に立つ女」や「斜陽遙かな国」の例を出すまでもなく、冒険小説と相場は決まっているかに思っていたが、そうでは無かった。良い意味で裏切られた。


 今回は、短編でよく見られた純粋なハードボイルドだ。


 しかも、チャンドラー風の。まぁ、これは岡坂神策が主人公なので致し方ない。


 でも、いつもと少し趣の違う作品なので、逆に惹きこまれてしまった。


 それで500ページを超える大作を一日であっという間に読んで締まった。


 自分でも驚いている。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/06/01 22:09

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 19

  2. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 20

  3. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 21

  4. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 22

  5. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 23

  6. PFM / 幻想物語 / Numero Uno / BVCM-37423(82876-56579-2)

  7. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 25



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


かげはら史帆「ベートーヴェン捏造 名プロデューサーは嘘をつく」

2019/05/31 23:31
 今日読み終えた本について。


 300ページくらいの本を2日で読み終えた。


 読みやすかったし、そもそも、非常に興味が尽き中って、ページをめくるのがもどかしいくらいだったからだ。


 さてこの本は、アントン・フェリックス・シンドラーという男の所業について記した本だ。


 彼の所業については、余りにも有名な話なので、ここで敢えて語ることを避けるが(それを語ることによって、本の内容に抵触し「ネタバレ」となってしまうから)、一言だけ言わせて貰うと、現段階において、彼の名声は地に堕ちてしまっているかもしれないが、ただ、彼自身は勝負には勝ったと思うよ。


 その想いは、なんとなく、私自身の心の裡にはあったのだけれども、この本を読んだ強く想った次第だ。


 そういう意味では、彼は、今まで勝者であり続けられたのだけれども、今後も、ずっと勝者で居続けるだろう。


 それは彼自身が強く望んだことらしいし、どうも、所業の「動機」のようだ。どういうことかは、読んでのお楽しみという事で・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/05/31 19:41

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 18

  2. ジャンボ / 18才未満禁止 / PHILLIPS / UICY-9114



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ロイ・ブキャナン「メシアが再び」「ローディング・ゾーン」「レスポールとの遭遇」「プロフェット」

2019/05/30 22:51
 昨年の10月にHMVオンラインで注文していて届いたCDについてのシリーズ、第三弾。


 今回はロイ・ブキャナン。丁度1年くらい前にリリースされた紙ジャケ。ポリドール時代の後半戦だ。


 ここは、丁度ジェフ・ベックの影響からか、ブルースやカントリーといったモノの身に拘らなく、当時のモダンなフュージョンなども見据えて、割と柔軟なコンテンポラリーサンドを聞くことが出来る。


 良い意味でライトな感覚だ。


 特に、ナラダ・マイケル・ウォルデンや、スタンリー・クラークやヤン・ハマーを要したフュージョンアルバムや、彼のトレードマークともいえるテレキャスターからレス・ポールに持ち替えてプログレ・ハード的に迫った作品やらで、アルバム毎に当時のアメリカの世相を反映した野心的な作品ばかりとなっている。


 色々風当たりの強かった時代の作品だけに、手を打てるだけ打ったといった所なんだろうな・・・・・・。


 考えさせられた。


 そんな中でラストに幻の1stアルバムといわせている作品を聞いた。まだ、在心の目指す方向に対して頑なになれた時代だったんだなと19610年代の後半という10年前を最後で振り返った。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/05/30 19:47

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 17

  2. イル・ヴォーロ / Numero Uno / BVCM-37498(82876-62132-2)



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


逢坂剛「燃える地の果てに」

2019/05/29 23:39
 今日読み終えた本の話について。


 逢坂剛得意のスペイン物の冒険小説。


 この人の作品は、結構悲しい話が多いがこの話もご多分に漏れず。


 そして血脈の問題が大きく物語の中に横たわるのも、また同じ。


 ただ、冒険小説といっても手に汗握る冒険活劇では無い。謎が大きく横たわるのでミステリー的な話かとも思って読み進めたが、それもメインでは無い。


 むしろもっと別の大きなテーマを感じた。


 1996年に読んでいたらピンとくる要素は今よりは少ないかもしれないが、今は結構色々考えさせられる面が多々ある。


 しかし、そのテーマについて触れられないのが残念だ。これに触れると、これからこの本を読む人の面白さを殺いでしまうことになるからだ。


 ただいえるのは家族と友情と愛情の物語だとだけ書いておこう。


 つまり、きちんといつのも逢坂剛だという事だ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/05/29 19:41

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 16

  2. チッタ・フロンターレ / 雷神 / Nuova Fonit Cetra / WAS-1002(WQCP-201)



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


爆笑問題「爆笑問題の日本史原論 偉人編」

2019/05/28 23:36
 読んだ本について。


 爆笑問題の雑誌連載単行本第二弾。


 第一弾は出来事別の紹介本だったが、第二弾は人物紹介本。


 爆笑問題が恣意的に選んだ歴史上の人物について漫才し倒すという内容。フリーライターの解説な軟硬取り混ぜて絶妙でよろしかった。


 しかも特に、時系列に並べるでも無く、何かの恣意的な塊に纏めるでも無く、完成の赴くままに選んだという感じが気に入った(実際はよく分からんが・・・・・・)。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/05/28 18:42

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 15



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


乾くるみ「イニシエーション・ラブ」

2019/05/27 22:48
 先週の金曜日に一日で読んだ本。


 乾くるみの恋愛小説のように見えて、その実、かなりシリアスな叙述トリックの仕掛けられた推理小説。


 こういう小説を読むと、推理小説というジャンルの裾野の広さを実感する。


 因みに映画を先に観ていて、原作も読んでみたいと思ってたところなので、答え合わせをしつつ読んだ様な格好だったが、後半戦徐々に現れてくる真実、そして、最後の最後で「成る程」と膝を打って読書を終えられる読後感。そういったモノが味わえる小説だ。


 これは、本当によく練られたモノだと思うよ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/05/27 19:44

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 14



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日買った中古CD&中古本(CDはキャメル、本は似鳥鶏&誉田哲也)

2019/05/26 21:18

画像


  1. キャメル / ダスト・アンド・ドリームス / Camel Production / PCCY-00339



  1. 午後からはワニ曜日 似鳥鶏 ・・・ 文藝春秋(文春文庫)

  2. ダチョウは軽車両に該当します 似鳥鶏 ・・・ 文藝春秋(文春文庫)

  3. ストロベリーナイト 誉田哲也 ・・・ 光文社(光文社文庫)


 今日は出掛けたのだけど、ちょっと時間が合ったのでブックオフに行ってみた。そうしたら欲しい本とCDが有ったので買った。


 キャメルは誤り。前買ったのと同じだった。こういうのがあるから怖い。


 そして、本は、文庫本のみで刊行されている似鳥鶏のと只今ドラマが放送されている「ストロベリーナイト」の文庫版を買った。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/05/26 18:32

  1. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 5

  2. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 6

  3. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 7

  4. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 8

  5. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 9

  6. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 10

  7. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 11

  8. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 12

  9. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 13



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日届いた中古本(鉄道史の本と乳母の文化史の本と七尾与史と似鳥鶏)

2019/05/25 21:17

画像


  1. 日本鉄道史 幕末・明治篇 及川慶喜 ・・・ 中央公論新社(中公新書)

  2. 日本鉄道史 大正・昭和戦前篇 及川慶喜 ・・・ 中央公論新社(中公新書)

  3. 日本鉄道史 昭和戦後・明治篇 及川慶喜 ・・・ 中央公論新社(中公新書)

  4. 乳母の文化史 十九世紀イギリス社会に関する一考察 中田元子 ・・・ 人文書院

  5. ドS刑事 井の中の蛙大海を知らず殺人事件 七尾与史 ・・・ 幻冬舎

  6. 育休刑事 似鳥鶏 ・・・ 幻冬舎


 今日は、HMVオンラインで注文していた本が届いた。


 そういえば、久々にコミックスや写真集を買ってない。まぁ、出ないからなんだけど・・・・・・、というか調べ切れていない。


 という事で、小説と歴史の専門書のみで構成されるという。しかも小説はライトミステリで、歴史は専門分野の歴史という何か狭いところをピンポイントでつついた内容となっている。


 個人的には数年掛けて刊行された「日本鉄道史」が完結したので一気に買った事が非常に「私らしい」と思えた。


 なんせ、自称「微妙鉄ちゃん」なので。

広島ブログ
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


今日聴いたCD

2019/05/25 18:25

  1. ヨッフム、ベイヌム / モーツァルト:交響曲第35番、第36番、第38番、第41番、「ポストホルン」 / DECCA / 482 8441
    CD 1

  2. ヨッフム、ベイヌム / モーツァルト:交響曲第35番、第36番、第38番、第41番、「ポストホルン」 / DECCA / 482 8441
    CD 2

  3. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 1

  4. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 2

  5. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 3

  6. ジョージ・セル / ザ・コンプリート・アルバム・コレクション / SONY / IECP-20269/70
    CD 4



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


鬼頭春樹「禁断 二・二六事件」

2019/05/24 23:09
 経読み終えた本について。


 二・二六に関するルポタージュ本。


 主眼が菊のカーテンの向こう側の事なので、想像たくましくノンフィクションノベルの体裁を一部取るが、基本的には一次資料や各種研究書等から自身の論を組み立てていっている、なんか、発刊された2012年現在の研究の総集編といった所だ。


 しかし、蹶起将校側に主人公を設定した小説としても一級品だ。


 大作なので読みにくいが、二・二六事件が一通り頭に入っている人は自身のあやふやな部分をハッキリさせてくれて、著者の論もしっかり頭に入る様な書だと思う。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/05/24 22:44

  1. アルトゥール・ロジンスキーの芸術 / SCRIBENDUM / SC807
    CD 11

  2. アルトゥール・ロジンスキーの芸術 / SCRIBENDUM / SC807
    CD 12

  3. アルトゥール・ロジンスキーの芸術 / SCRIBENDUM / SC807
    CD 13

  4. アルトゥール・ロジンスキーの芸術 / SCRIBENDUM / SC807
    CD 14

  5. アルトゥール・ロジンスキーの芸術 / SCRIBENDUM / SC807
    CD 15

  6. アルトゥール・ロジンスキーの芸術 / SCRIBENDUM / SC807
    CD 16

  7. アルトゥール・ロジンスキーの芸術 / SCRIBENDUM / SC807
    CD 17

  8. アルトゥール・ロジンスキーの芸術 / SCRIBENDUM / SC807
    CD 18

  9. アルトゥール・ロジンスキーの芸術 / SCRIBENDUM / SC807
    CD 19



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジョン・メイオール「U・S・A・ユニオン」

2019/05/23 22:59
 昨日から始めた10月に買った新品CDの話について。


 今回はジョン・メイオールのポリドールからの第三弾。このアルバムから、マーク=アーモンドの2人と袂を分かって本格的にアメリカで活動を開始した。


 なのだけど、良くも悪くも変わらない。


 ブラスも入ったファンキーなブルースロックというイメージからは随分離れたが、それは表面だけで、本質はブルースなんだなと。


 マーク=アーモンドの2人と作った前2作にもあったアコースティックな雰囲気も残っていてそれはそれで面白が少々地味でもある。


 まぁ、これはコロシアムのメンバーを擁していた頃のプログレッシヴなのとか、エリック・クラプトンやピーター・グリーンを擁していた頃のギターヒーローの持つ華やかさが表れた音とかと比べたらという話だ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/05/23 19:45

  1. アルトゥール・ロジンスキーの芸術 / SCRIBENDUM / SC807
    CD 10



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キーフ・ハートレー・バンド「タイム・イズ・ニア」

2019/05/23 06:13
 昨日書いていると中で寝てしまったために、というか、もう恒例になってしまった「寝てしまった」だが、ともかく、この時間の公開と異なる。


 そして、今日は昨年の10月だったか新品CDをHMVオンラインで注文して買ったCDについて。まずはキーフ・ハートレー・バンドの3rdから。


 キーフ・ハートレーはジョン・メイオールのバンドのドラマーという印象だったのだが、このバンドにも注目していた。


 まぁ、ユーライア・ヒープ好きには当たり前かもしれない。なんせ、ゲイリー・セインがベースを弾いてるからだ。


 中身は、割りとソウルフルなブルースロック。ブラスも冴えている。これは、ミラー・アンダーソンのボーカルに寄るところが大きい。ただ、こう書くと、コロシアムと同系統の様に感じるだろうが、もっとシンフォニックだ。


 ということで、割りとよくある感じだが、ゲイリー・セインのベースが、うねうねしているので、特徴がある。


 ミラー・アンダーソンはギターも達者なので申し分はないが、できればギター選任者をおいて個性溢れたギタープレイがあったら良かったのにと贅沢をいってみる・・・・・・。


広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる