アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
日記の部屋
ブログ紹介
音楽と写真の事が中心ですが、
日常の細々としたことも・・・・・・。
音楽は聴くのが専門なので、買ったCDのことや、聴いたCDのことなど。
写真は見るのが専門ですが、撮ってもいます。
休みごとにカメラを持って出掛けます。
zoom RSS

シネマ尾道にて「禁じられた遊び」を観た

2019/02/16 21:15

画像

 今日は映画を観に行った。


 「禁じられた遊び」が昨年から2Kデジタル版で順次公開されている。で、遂にシネマ尾道で上映される事になったので観に行った。


 この映画は初上映から随分時間がって有るという事で、テレビで観た事があるのだが、映画館で上映されるという事になったら、やはり観に行きたいと思うのが映画好きってモノだ。


 ストーリーは頭に入っているが、当分観ていなかったという事もあってか、映画自体の雰囲気をすっかり忘れていた。それで、その雰囲気の印象がこの映画館で観たバージョンで上書きされたのは良い事だと思いたい。


 しかし、この映画は余韻もへったくれもない「さっぱり」した映画で、あの有名なラストシーンでも分かるとおり。逆にそれが、この映画の訴えているモノをストレートに伝えてくれている気がする。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/16 18:50

  1. クラウス・テンシュテット・エディション〜ステレオ・ライヴ録音集 / Profil / PH17004
    CD 7

  2. クラウス・テンシュテット・エディション〜ステレオ・ライヴ録音集 / Profil / PH17004
    CD 8

  3. クルト・ザンデルリング・エディション〜協奏曲集〜ユージナ、コーガン、オイストラ / Profil /PH17018
    CD 1

  4. クルト・ザンデルリング・エディション〜協奏曲集〜ユージナ、コーガン、オイストラ / Profil /PH17018
    CD 2



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


神永正博「食える数学」

2019/02/15 20:59
 読み終えた本につて。


 というか、本来ならこの記事は昨日書く予定だった。何せ残りもうちょっとになっていたので、ついでに読んでブログのネタにしようと読み始めたら、数ページも読まない内に寝てしまっていた。という事で、改めて今日読み終えてから、書いているという訳だ。


 さて、この本は工学部で数学を教える数学者による題名の通り「数学の必要性を世に問う」内容だ。しかも、著者自信が一度情報系の民間会社にエンジニアとして勤めた経験があるので、純粋に数学を大学と学んだ者がエンジニアたちの群れの中に入って受けたカルチャーショックが素直に反映されている。よく直考えると「この」経験があるからこそ、この本が書けたし工学部で数学を教えることが出来るし、そこに潜む問題に気づくことが出来るのだと思う。


 さて、この本の本質であると思うのだが、数学というものを使いこなそうと思ったら、訓練し体で覚える必要があることが説かれている。


 ちょっと話がそれるが、これって受験勉強と話が似ている。受験勉強は過去問等を数こなして傾向と対策を記憶し、どんな問題がきても対応できるようにする事だ。才能や感性だけで問題を解いていくのは限界があるし、逆にいうと決められた範囲の中からしか出ないものなので「ある程度」数をこなすとどこかで解いた問題だらけになるという寸法だ。故にその学習法こそが王道だ。そこにこの手の試験の限界も存在するのだけれども、そこまで書くといよいよ話がそれるのでそれはよいとして、そういった感覚、もっというとスポ根的な感覚が数学の学習には要素としてあると思っている。


 因みに、私は、もっとも苦手なものが受験勉強で集中力散漫な性格が災いしていると異ったら全くその通りで、数こなすことができない。だから、前の段で似ているといったが、数学の訓練的な側面も苦手としている。この辺はこの本のなかでも指摘されていることだが、所謂算数的なものは、しっかり訓練して計算は出来るようになっておかないといけないという事らしい。考える事は好きなのだが、計算はできない。だから、いくら考えても自ずと壁にぶち当たる。訓練して計算技術に磨きをかけてないので定理や公理が自分の血や肉になっていないからだ。「なるほど原因はここか」と膝を打つ思いだった。


 錬金術の問題からも自明なことで、人間は無から有を産み出すことはできない。個個人での記憶力にそれほど差もない。そこに厳然として存在するのは自分の知っている事を効率よく引き出せる術を持っているかどうかという事だ。そのための基礎技術だ。「あの人ってアイデアマンだよね」っていう事の正体とは、まさにこの事だ。だからこそ、これも個の本で指摘されていたことだが、「隙こそ物の上手慣れ」とはよくいったもので、好きな事はいくらやっても苦にならない。そういうことなのである。


 練習は嘘をつかないのだ。


 学問の王道についての絶対的存在を改めて確認できた気がした。



 ただ、この作者が例える「エンジニアにとって「数学は料理のレシピ」的なもの」という参考書籍から引用して使っているのが、ここだけ腑に落ちない。サバイバルナイフにも例えられていたが、そっちが本当だと思う。エンジニアにとって数学とは金槌やトンカチと同等同質のものだと思う。だからこそ、この本の内容のような事を我々は知っておいた方が幸せなのだと思う。 

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/15 19:31

  1. クラウス・テンシュテット・エディション〜ステレオ・ライヴ録音集 / Profil / PH17004
    CD 6



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/14 19:59

  1. クラウス・テンシュテット・エディション〜ステレオ・ライヴ録音集 / Profil / PH17004
    CD 5



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中山七里「静おばあちゃんにおまかせ」

2019/02/13 23:56
 読んだ本について。


 先週読み終えた中山七里の良い意味でお手軽ミステリー。


 昨年の春にドラマにもなって観ていたのだけど、その時に面白かったので、偶々本屋で見かけて買って積ん読にしていた。


 内容的には典型的な安楽椅子探偵物なのだけれども、このジャンル、世界で最初の推理小説と言われるポーの「モルグ街の殺人」の名前を出すまでもなく、もっとも典型なのだけど、それを豪腕で処理している。


 文章は軽やかなのに、内容的には重く、物語の展開は無理筋も誤飲に事を進めて無事に納めるスタイルだったりする。


 なので、読むのに思ったより時間が掛かってしまったが、兎に角「軽やか」な印象だったとだけ書いておこう。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/13 22:28

  1. クラウス・テンシュテット・エディション〜ステレオ・ライヴ録音集 / Profil / PH17004
    CD 4



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビにて「探偵物語」を観た

2019/02/12 23:48
 昨年の春にテレビで放送された「探偵物語」を録画していたのだが、漸く観る気になった。


 赤川次郎原作の作品だけど、1983年の映画より、30年を超えた時間を空けての際映像化作品だ。


 主人公の二人を斎藤工と二階堂ふみが演じる。


 ドジな探偵役なので、斎藤工はよくよく考えると適役。二階堂ふみが深窓のお嬢様というのはイメージにはないがさすが芸達者な役者だけの事はあってそつなくこなしている。


 どちらかというと、コメディ要素が薄めに作っているのだけど、現代劇であるのでかなり軽めのノリで作られていてむしろしっかりと原作が赤川次郎である事が強調されているのではないだろうか。


 という事で、もっと早く観ておけば良かった。


 という話。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


今日聴いたCD

2019/02/12 19:43

  1. クラウス・テンシュテット・エディション〜ステレオ・ライヴ録音集 / Profil / PH17004
    CD 2

  2. クラウス・テンシュテット・エディション〜ステレオ・ライヴ録音集 / Profil / PH17004
    CD 3

  3. ルネッサンス / ライヴ・アット・ザ・カーネギー・ホール / BTM Records / ARC-7018
    disc-2



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Amazonプライム・ビデオにて「執事 西園寺の名推理」を観た

2019/02/11 22:15
 今日一日で観た。


 というか、このドラマつい最近まで放送されてたのね。


 テレビ東京のドラマということで、こちらでは放送してなかったのだけど、


 昨年末だか、年明けてだかに一興に放送されていた。でも観逃していたので、今回Amazonプライム・ビデオ一挙に観たという事だ。


 今日は雪に閉ざされて外出できなかったし・・・・・・。


 全部で8話だったし、それほど時間が掛からずに観ることが出来たよ。


 この話自体は、うーん、なんだろう・・・・・・。


 スーパー執事が鮮やかに事件を解決ってのは良くあるパターンなんだけど、執事と雇い主の関係がもの凄く結びつきが強くてそこが注目ポイントだったな。


 という事で、ちょうど一日じっくり観るのに適した内容だったな。 

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/11 17:58

  1. ミュンシュ指揮シカゴ響演奏 / ステレオ・ライヴ集〜ベルリオーズ:幻想交響曲、ドビュッシー:海、フランク:交響曲、他 / MEMORIES / MR2560/2562
    MR2560

  2. ミュンシュ指揮シカゴ響演奏 / ステレオ・ライヴ集〜ベルリオーズ:幻想交響曲、ドビュッシー:海、フランク:交響曲、他 / MEMORIES / MR2560/2562
    MR2561

  3. ミュンシュ指揮シカゴ響演奏 / ステレオ・ライヴ集〜ベルリオーズ:幻想交響曲、ドビュッシー:海、フランク:交響曲、他 / MEMORIES / MR2560/2562
    MR2562

  4. アンチェル指揮ウィーン響演奏 / フィリップス録音集 / DECCA / 482 7353
    CD 1

  5. アンチェル指揮ウィーン響演奏 / フィリップス録音集 / DECCA / 482 7353
    CD 2

  6. アンチェル指揮ウィーン響演奏 / フィリップス録音集 / DECCA / 482 7353
    CD 3

  7. クラウス・テンシュテット・エディション〜ステレオ・ライヴ録音集 / Profil / PH17004
    CD 1



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日買った中古CD&中古本(歴史の本と、ピーガブ&ジェネシス&リーグ・オブ・ジェントルメン)

2019/02/10 22:41
 CDは、

  1. ロバート・フリップ、ザ・リーグ・オブ・ジェントルメン / ゴッド・セイブ・ザ・キング

  2. ジェネシス / トリック・オブ・ザ・テイル / CHARISMA / VJD-28026

  3. ピーター・ガブリエル / パッション−最後の誘惑− / REALWORLD / RWCD1


 本は、

  1. 兄弟芸人式日本史 菅広文 ・・・ 幻冬舎

  2. 昭和史 1926-1945 半藤一利 ・・・ 平凡社



画像

 今日はちょっと色々あって四国に行ってた。


 で、高松で帰りにブックオフ寄って帰った。


 色々あって本は、漫才コンビの片割れがもう一方の京大出身の片割れをイジる内容の本がね。というか、著者の司会する番組で、そういえば、昔紹介されていたような気がしたから購入。


 後、CDは、まぁ、良いでしょう。兎に角、入荷して入れるCDに傾向から「リーグ・オブ・ジェントルメンもしかしたらあるんじゃね?」って思ってたら、案の定見付けた。これ、昔からジャケットがかわいくて好きだったんだよね。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/10 21:57

  1. ロバート・フリップ、ザ・リーグ・オブ・ジェントルメン / ゴッド・セイブ・ザ・キング

  2. ジェネシス / トリック・オブ・ザ・テイル / CHARISMA / VJD-28026

  3. ピーター・ガブリエル / パッション−最後の誘惑− / REALWORLD / RWCD1

  4. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 107

  5. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 108



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Amazonプライム・ビデオにて「ドラマスペシャル『忘却のサチコ』」を観た

2019/02/09 20:38
 昨年10月から放送されていた連続ドラマ「忘却のサチコ」。


 その連続ドラマに先駆けてスペシャルという事で1話限りで放送されたモノがAmazonプライム・ビデオで観ることができるので観た。


 連続ドラマが面白かったので、スペシャルも観てみたのだけど、なんか・・・・・・、上手くいえないのだけど、なんか違った。


 なんか、こう・・・・・・、淡々としていた。で、私的に盛り上がりに欠けた。


 何が悪いのかは分からない。


 何でだろうねぇ・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/09 18:34

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 100

  2. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 101

  3. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 102

  4. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 103

  5. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 104

  6. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 105

  7. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 106

  8. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 12



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生田絵梨花写真集「インターミッション」

2019/02/08 23:57
 今日も本について。


 生田絵梨花の2冊目の写真集。


 前回も買っている。


 で、前回は生まれ故郷のドイツで撮影されたモノで、企画モノの写真集の極北といった趣だった。


 今回のは、NYで取られた素の彼女に迫ったモノ。


 なんていうか、大人になった生田絵梨花をもの凄くアピールしているように感じた。どちらかというと彼女のキャラでない「セクシー」とか、そういったモノを凄く強調している。


 これこれでファンには嬉しいサービスかもしれないが、個人的には「背伸び感」しか感じなかった。


 むしろ全てが計算でしっかり作り込まれた新修だと思い込んでみると、かなりストーリー性のある面白い写真集に感じた。多分、この楽しみ方も出来るように作られているのだろう・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/08 19:53

  1. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 11

  2. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 99

  3. ルネッサンス / BBCセッションズ / Wounded Bird / MAR 99528/9
    DISC 2



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


福原遥写真集「これから。」

2019/02/07 23:48
 今日も読み終えた本について。


 今日は先月末の届いた写真集の内の一つ。


 福原遥の確か3冊目の写真集。


 前作が良くて、ついつい昨年夏に既に出ていて遅れたけど買ってしまった。


 で、前作がコンセプチュアルな作品で好きだったので、今回期待して買った。


 これは良い方向に裏切られた。


 セルフプロデュースなので、統一感があるのも良い。


 そういう事。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/07 19:45

  1. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 10

  2. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 98

  3. ルネッサンス / BBCセッションズ / Wounded Bird / MAR 99528/9
    DISC 1



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


飯塚訓「墜落現場 遺された人たち―御巣鷹山、日航機123便の真実」

2019/02/06 23:53
 今日も読み終えた本について。


 1985年の日航機墜落事故で対応に当たった警察官が退職後に書き下ろしたルポタージュの第二弾。


 第一段は、自分の働きを中心に警察の役割と、一緒に働いた医療従事者等の体験談だった。


 今回は、その時の他の関係者である、遺族、生存者、自衛隊、医師、看護婦(原文のママ)、葬儀社員、そして、章立てされては居ないが、消防と、猟関係者、地元住人、マスコミも。それらの著者による取材、新聞記事、手記等の抜粋を一纏めにした「まとめ本」だ。


 これは、貴重。


 なぜかというと、それぞれの職場の機関誌等への寄稿も有ったりして、一般では手に入りにくいモノもあり、そういったモノを使って、事故の全体像を浮かび上がらせているからだ。


 特に印象に残ったのは、地元住民に対しての取材。


 後は事故現場にいち早く駆けつけた人たちの手記。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/06 19:51

  1. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 9

  2. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 97



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


佐藤亜紀「天使」「雲雀」

2019/02/05 23:08
 読み終えた本について。



 佐藤亜紀は日本ファンタジーノベル大賞受賞作の「バルタザールの遍歴」が何か前世に因縁でもあったのかと勘ぐるくらい好きで、兎に角、その他の小説に興味はあったが手を出せずにいた。


 しかし、「バルタザールの遍歴」との邂逅以来四半世紀を超えていよいよ他も読んでみたくなった。で、今回ブックオフで安く売っていた「天使」と「雲雀」の二部作を手に入れて読んでみた訳だ。


 これ、メインは長編の「天使」。これが起承転結がしっかりした小説・・・・・・、つまり、ラスが終わっても続きがありそうな小説だったので、補完する形の連作短編として「j雲雀」が存在する。


 異能の才を持つ少年が主人公で、内容的にはその「異能の才」の種類が違うだけでなんかトーンが「バルタザールの遍歴」と似通っているのが読みやすかった。ただ、「バルタザールの遍歴」ほど退廃していないのだけれどもね。


 そう、少年ジャンプ的な世界でもあるのだよ。淡々とした文章で綴る少年ジャンプ的世界というのが一番しっくりくるかな?

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/05 22:26

  1. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 7

  2. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 8

  3. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 96



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ポール・ストラザーン「90分でわかるオッペンハイマー」

2019/02/04 22:43
 読み終えた本について。


 科学者の伝記。


 とはいえ、ただの伝記ではない。彼の業績のについて深掘りしている。


 ということは、オッペンハイマーであるので、深掘りされているのは、原子爆弾の開発について。19世紀末辺りの話から始めて、原子爆弾が開発させるまでの概説本にもなっている。


 当然、中心になるのはオッペンハイマーがボスを勤めた「マンハッタン計画」だ。


 そして、この本の特徴は「なぜ彼がボスに選ばれたか?そして、その適正とは?」という、この二点について、ボスの座に至るまでの過程を、彼のたくさんある業績を「その」趣旨でピックアップしたり、科学者として成長していく姿を「その」観点で紹介してくスタイルだ。


 1つ注目したのは、彼の原爆に対する考え方(通常では使えない兵器)によって、第二次世界大戦後、成功してはいないのだけれども、大国の核開発競争にたいして、核兵器の管理を訴えたことがラスト手前のエピソードで語られている。この辺りはボーアやアインシュタインと同じような気持ちだったのかもしれないが、彼は彼なりに「産みの親」としての責任を全うしようとしたのだと思う(科学者的にではあるが・・・・・・)。


広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/04 19:58

  1. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 5

  2. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 6

  3. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 94

  4. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 95



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日届いた中古CD(ザ・タイガース)

2019/02/03 21:21

画像


  1. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44


 タイガースは日本のロックバンドの中では一番好きなんだな。でも、今までは正直な話ベスト盤1枚しか持ってなかった。「それで良い」と思っていた訳ではない。田舎ではオリジナルアルバムのCDが手に入りにくいんだよね。しかも、再発された時には別に優先する物が有って買えず。


 という事で、今回手に入れたボックスセットが19年前にでた時にも買えずだった。


 そう、つまり、19年越しで手に入ったという事だ。これで再結成時を除いてはなんとか手に入った事とになる。兎に角有り難い話だ。


 因みに、衝動買いではない。計画的に買っている。どこかに中古の在庫があるモノなので・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/02/03 18:26

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 88

  2. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 89

  3. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 90

  4. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 91

  5. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 92

  6. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 1

  7. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 2

  8. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 3

  9. ザ・タイガース / パーフェクトCDボックス〜ミレニアム・エディション / polydor / POCH-9033/44
    DISC 4

  10. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 93



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日買った中古本(歴史)

2019/02/02 22:38

画像


  1. やさしい日本の歴史 1 日本人の祖先〜大和時代 和歌森太郎監修 秋山慎三著 ・・・ 毎日新聞社

  2. やさしい日本の歴史 2 奈良時代〜平安時代 和歌森太郎監修 秋山慎三著 ・・・ 毎日新聞社

  3. やさしい日本の歴史 3 鎌倉時代〜江戸時代(上) 和歌森太郎監修 秋山慎三著 ・・・ 毎日新聞社

  4. やさしい日本の歴史 4 江戸時代(下)〜現代 和歌森太郎監修 秋山慎三著 ・・・ 毎日新聞社


 今日は昼飯を食いに出ていたので、いつものように帰りにブックオフに寄って帰った。


 で、買ったのは歴史の本。


 なんか、子供向けのようだけど、凄く面白そうだった。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


昨日及び今日聴いたCD

2019/02/02 18:37
 昨日は

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 84

  2. ルネッサンス / 燃ゆる灰 Capitol / TOCP-65593

  3. フィル・スペクター / Essential Phil Spector / LEGACY / 88697864222
    DISC 1






今日は

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 85

  2. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 86

  3. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 87

  4. ルネッサンス / 運命のカード / BTM Records / ARC-7016

  5. ルネッサンス / シェエラザード夜話 / BTM Records / ARC-7017



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


堀江 宏樹,滝乃 みわこ「乙女の日本史」

2019/02/01 23:58
 昨日掛けなかったのだけど、昨日読み終えた本について。


 日本史を女性視点で読み解く本。


 兎に角、愛。


 しかも、性愛。


 まぁ、歴史と性愛は切っても切れぬ関係なので良いのだけど、政治とか経済とか文化とかはどちらかというと添え物程度。


 そういった内容。


 これは視点が違って、面白い。


 なので、途中紹介されている少女漫画やBLがさもありなんという事で・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/01/31 22:24

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 83



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


島田荘司「星籠の海」

2019/01/30 23:51
 今日も読み終えた本について。


 今日は島田荘司の小説。


 映画の原作。観に行った映画だけど、原作は読んでいなかった。


 映画の公開から2年半。やっと原作を読んだ。


 そうしたら案の定というか、結構異なっていた。


 時代考証は甘々だし、その「せい」で設定が無茶苦茶だけど、その分、人間ドラマとして重厚になっている。推理小説としてはオーソドックスではあるが、複数の推理小説を書けるだけにネタを重層にして深みを出している。


 ただ、最後の最後で映画で言うところのラストシーンに当たる部分が駆け足で終わってしまったのが残念だった。そこまで非常に丁寧に描いていたのに・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/01/30 19:46

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 81

  2. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 82



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


森詠「燃える波濤」第一部〜第三部

2019/01/29 23:56
 今日も読み終えた本について。


 「燃える波濤」・・・・・・。


 現在第六部まで刊行。未完の大作。その最初の話。


 この後、第四部と、第五部〜第六部の3つに分かれている内の最初。


 これは今の言葉で言うなら「架空戦記物」だが、本質的にはハードボイルドタッチの冒険小説。特にこの第一部〜第三部はそのブームの先便を付ける形となった作品だ。


 1982年の作品だが、丁度この頃から、件のハードボイルドタッチの冒険小説に人気が出てき始める。


 そういった作品なので余り詳しくは書けないが、この物語は「負け」の物語だ。群像劇なのだが、主人公達が冒険の果てに、とある事に間に合わず負けて撤退するまでの物語。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/01/29 19:52

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 79

  2. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 80



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ストコフスキー、ベートーヴェン・ライヴ!

2019/01/28 23:44
 今日は聴いたCDについて。


 MEMORIESからのストコフスキーのライヴマテリアルを集めた4枚組。ネタはベートーヴェン。1960年代の比較的音の良いライヴ音源菜乃で、聴きやすかった。


 で、録音はモノよりステレオだ。


 特に録音は8番と9番が良かった。


 特に8番は細部までよく分かる録音だった。


 そして9番は、凄く迫力が伝わってくる、しっかりと低域を捉える事が出来たモノだった。


 という事で、脂の乗った1960年代のストコフスキーの非常に迫力のある演奏ばかり集めた好企画だと感じたね。


広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/01/28 20:58

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 78



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日買った新品本(考古学と承久の乱)

2019/01/27 19:59

画像


  1. 発見・検証 日本の古代Ⅰ 纒向発見と邪馬台国の全貌 卑弥呼と三角縁神獣鏡 古代史シンポジウム「発見・検証 日本の古代」編集委員会、白石太一郎、鈴木靖民、寺澤薫、森公章、上野誠 ・・・ KADOKAWA

  2. 発見・検証 日本の古代Ⅱ 騎馬文化と古代のイノベーション 古代史シンポジウム「発見・検証 日本の古代」編集委員会、白石太一郎、鈴木靖民、寺澤薫、森公章、上野誠 ・・・ KADOKAWA

  3. 発見・検証 日本の古代Ⅲ 前方後円墳の出現と日本国家の起源 古代史シンポジウム「発見・検証 日本の古代」編集委員会、白石太一郎、鈴木靖民、寺澤薫、森公章、上野誠 ・・・ KADOKAWA

  4. 承久の乱 日本史のターニングポイント 本郷和人 ・・・ 文藝春秋(文春新書)


 今日は本屋に出掛けた。それは、買った本の内、リストの上3つの物を買いにだ。


 前から欲しかったモノだけど、先日見付けていたので、思いきって買ったという事だ。白石太一郎とか寺澤薫が著者の本は読みたいので・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/01/27 17:39

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 76

  2. ストコフスキー、ベートーヴェン・ライヴ! / MEMORIES / MR2583/2586
    MR2583

  3. ストコフスキー、ベートーヴェン・ライヴ! / MEMORIES / MR2583/2586
    MR2584

  4. ストコフスキー、ベートーヴェン・ライヴ! / MEMORIES / MR2583/2586
    MR2585

  5. ストコフスキー、ベートーヴェン・ライヴ! / MEMORIES / MR2583/2586
    MR2586

  6. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 77

  7. ディープ・パープル / スレイブス・アンド・マスターズ / RCA / BVCP-25



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


八戸酒類「五戸のどんべり 冬にごり酒」

2019/01/26 23:43

画像
八戸酒類
五戸のどんべり

初めて買う
リンクは通常品だが
買ったのは写真の通り
冬季限定の雪だるま
かわいらしいので
思わず手に取った

青森の酒は
初めて飲む
基本的に酸味が強く
なんか食事と一緒が合うように感じた
にごり酒なので
そうは言っても
後味が甘いのが「にくい」


広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/01/26 20:32

  1. デイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキン / スター・クロックス / Broken Records / DUCG229

  2. ロイネ・ストルトズ・ザ・フラワー・キング / マニフェスト・オブ・アン・アルケミスト / Foxtrot / SICP 6008

  3. ジャニス・ジョプリン / チープ・スリル(50周年記念エディション) / SONY / SICP 5935〜6
    DISC 1

  4. ジャニス・ジョプリン / チープ・スリル(50周年記念エディション) / SONY / SICP 5935〜6
    DISC 2

  5. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 75



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日届いた新品本(写真集と小説と伝記)

2019/01/25 23:47

画像


  1. 禁断 二・二六事件 鬼頭春樹 ・・・ 河出書房新社

  2. これから。 福原遥 撮影 長野博文 ・・・ ワニブックス

  3. ベートーヴェン捏造 -名プロデューサーは嘘をつく- かげはら史帆 ・・・ 柏書房

  4. NEVER LOST AGAIN グーグルマップ誕生 ビル・キルディ著 大熊希美訳 ・・・ TAC

  5. 日本野球をつくった男−石本秀一伝 西本恵 ・・・ 講談社

  6. 生田絵梨花写真集 インターミッション 撮影=仲村和孝 ・・・ 講談社


 今日届いた。


 HMVオンラインで注文していた物だ。


 しかし、写真集を除くこれらは新聞の書評欄で紹介されていたも9のを買った。「禁断〜」だけは前から欲しくてやっと手に入れた物だけれども・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/01/25 23:09

  1. クエッリ / Ricordi / BVCM-35448(88697-36397-2)

  2. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 74



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日届いた新品CD(ストコフスキーと、プログレ&ジャズロック)

2019/01/24 23:56

画像


  1. クエッリ / Ricordi / BVCM-35448(88697-36397-2)

  2. ロイネ・ストルト / ザ・フラワー・キング / Foxtrot / BELLE 152363

  3. ストコフスキー、ベートーヴェン・ライヴ! / MEMORIES / MR2583/2586

  4. ベン / マーキー/ベル・アンティーク / BELLE 182916

  5. デイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキン / スター・クロックス / Broken Records / DUCG229

  6. ジャニス・ジョプリン / チープ・スリル(50周年記念エディション) / SONY / SICP 5935〜6

  7. ロイネ・ストルトズ・ザ・フラワー・キング / マニフェスト・オブ・アン・アルケミスト / Foxtrot / SICP 6008


 届いた届いた。ストコフスキー先生のはまぁ良いとして、今回は一番古いので10年前のCD。


 でもプログレからブルースまで色々。一番は、奇跡的にまだ手に入ったPFMの前身バンドのCDかな。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/01/24 22:32

  1. ロイネ・ストルト / ザ・フラワー・キング / Foxtrot / BELLE 152363

  2. ベン / マーキー/ベル・アンティーク / BELLE 182916

  3. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 73



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ユーライア・ヒープ「桃源郷」

2019/01/23 23:12
 聴いたCDについて。


 今日は昨年秋に買ったユーライア・ヒープの最新作。


 前作も良かったが今作も良かった。1995年の「シー・オブ・ライト」以来、非常に挑戦的なアルバむをっ届けてくれる彼ら、写真等で姿を観ると、「え!」と思ってしまうような活きの良いハードロックを聴かせてくれる。


 「シー・オブ・ライト」以降、アルバムのファーストトラックに一番活きの良い曲を持ってきてくれるのだが、このアルバムも例外ではない。聴き手のハートをグッと掴むキャッチーな楽曲を持ってきてくれている。


 兎に角「シー・オブ・ライト」以降の彼らの特徴はこの一言に尽きる。「ファーストトラックにやられる」。


 という事で、老いずにずっと若々しいサウンドを聴かせてくれる彼らに乾杯だ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/01/23 19:45

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 70

  2. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 71

  3. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 72



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


斎藤美奈子「日本の同時代小説」

2019/01/22 23:59
 読み終えた本について。


 岩波新書で昨秋に出た現代文学史の本。


 具体的には1960年代から10年刻みで2010年代までの文学を総ざらえする。


 現代文学の礎は明治初期まで遡れるので、一番最初は、駆け足で二葉亭四迷の言文一致の実践をスタートに1960年代まで進む。


 なので、ある意味「言文一致」文学の歴史本ともいえる。そして、これはまたバイヤーズガイドの役割も果たしている。


 ただ、この歴史書は「その」性格上どうしても純文学史となってしまう。これが、妙に座り心地の悪さというか、バランスの悪さを感じた。


 要はエンタメ系が追い切れてなかったからだ。


 当然古典文学の時代から上記の二つは車の両輪となって文学を形作っていたのだけど、著者は「その事」は分かっている様子だったけどね。


 なので、当然相互作用という物が有って、純文学へ波及したモノの源流部分の説明が足りなかったりしている。特に1970年代から1980年代に掛けて。


 まぁ、それはどうでも良いのだが・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2019/01/22 19:49

  1. ショルティ指揮シカゴ響演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 4831375
    CD 68



広島ブログ








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジャコ・パストリアス「ジャコ・パストリアスの肖像 +2」 

2019/01/21 23:50
 今日も聴いたCDについて。


 今日はジャコ・パストリアスの1stソロアルバム。


 結構ファンキーなアルバム。


 しかも、のっけからベース弾きまくりでノリノリ。


 そんなアルバム。


 結構好き。

広島ブログ








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる