筑波昭「津山三十人殺し 日本犯罪史上空前の惨劇 」

 読み終えた本について。  津山事件のルポとしては古典作品。  この事件のイメージは良くも悪くも、この作品に寄るところが大きい。  という事で、この度読んでみた。  枝葉末節というか、要らぬ部分が多いが、そこを除けば真に迫るドキュメントだ。  しかし、最後の襲撃の場面は少々ドラマを作りすぎた感あり。 広島ブログ

続きを読む

結婚しました

 という事で引っ越しもしたため、当分ブログ書ける状態になく、やっと今回18日振りに書きます。  でも、特にこれ以上報告することもないので、以上です。  今後は、書けないことも多くなるかも知れませんけど、できるだけ変わらずの内容で行きたいと思ってます。 広島ブログ

続きを読む

ピーター・ガブリエル「プレイズ・ライヴ」「ピーター・ガブリエルⅡ」

 聴き終えたCDについて。  ここ数年で買ったピーガブのアルバムを紹介。  「プレイズ・ライヴ」  ソウル色を前面に出して大ヒットを飛ばした「So」直前のライヴ盤。それまでの1stから4thまでのベスト盤的な内容となっている。つまり、ワールドミュージックへの目配せができた、ポップなロックのライヴ盤だ。なんといっても、トニー・レヴィンとジェリー・マロッタのリズム隊が素晴らしい…

続きを読む

フランク・ザッパ「アブソルート・フリー」「シング・フィッシュ」「スリープ・ダート」「バーント・ウィーニー・サンドウィッチ」

 聴き終えたCDについて。  「アブソルート・フリー」  マザーズの2ndアルバム。良くも悪くも古き良き60年代サウンドだった1stの八つ月という感じではあるが、前衛的なところが前面に出てきて後のザッパなところが多々見受けられる。それでも、1stに引き続き60年代音楽ファンにとっては超楽しいサウンド。  「シング・フィッシュ」  1985年に日本では発売になったミュージカル作…

続きを読む

ジェネシス「インビジブル・タッチ」「フォックストロット」「ザ・ラム・ライズ・ダウン・オン・ザ・ブロードウェイ」

 聴き終えたCDについて。  「インビジブル・タッチ」  大ヒットアルバム。表題作も大ヒット。ポップ。実力を感じる作品。  「フォックストロット」  70年代初頭の、最もプログレっぽい大仰な作品。  「ザ・ラム・ライズ・ダウン・オン・ザ・ブロードウェイ」  「幻惑のブロードウェイ」だ。ロックオペラ。フーやキンクスの諸作に匹敵する。 広島ブログ

続きを読む

今日聴いたCD

ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット / ライヴ / DECCA / UCCM-9343 キャラヴァン / イッツ・ナン・オブ・ユア・ビジネス / Inter Art Committees / IACD 10677 広島ブログ

続きを読む

東川篤哉「探偵少女アリサの事件簿 さらば南武線」

 読み終えた本について。  探偵夫婦の娘と、彼女の子守をする何でも屋の男によるバディ物の、ユーモアミステリシリーズ第三弾にして最後。  著者らしい、新本格派の作品集になっている。因みに、全て密室物。4編の連作短編となっている。  最後は、大団円で終わらずすっきりさっぱりしているのが、この作品らしい。ローティーンの娘と三十路男のバディ物なので、どうしてもベタベタしない…

続きを読む

ニルヴァーナ「MTV アンプラグド・イン・ニューヨーク」、ルネッサンス「ライヴ・アット・ザ BBC」、サンタナ「キャラバンサライ」

 聴き終えたCDについて。  今日は3日振りなので3日分三点。  先ずは、ニルヴァーナ「MTV アンプラグド・イン・ニューヨーク」。アンプラグドとニルヴァーナの相性はまぁまぁ。それだけ。ライヴとしての質は高い。  次いで、ルネッサンス「ライヴ・アット・ザ BBC」。色々入っている。大昔出た2枚組とは少し違うけど、こちらはコチラで良い。音はコチラの方が良いな。 …

続きを読む

デボラ・ブラム「毒薬の手帖 -クロロホルムからタリウムまで 捜査官はいかにして毒殺を見破ることができたのか-」

 読み終えた本について。  20世紀初頭のニューヨークを舞台に、設立されたばかりの監察医制度において、初代の監察医と、その相棒ともいうべき化学者が監察医制度を根付かせようと努力する話し。  というか、客観的証拠を提示し辛かった毒薬を使った犯罪を、いかにして、客観的証拠を見付けられるかという話。  それらを実際にあった事件のルポという形で、時代を描いている。 …

続きを読む

今日買った中古本(ニック・ハーバード&ミチオ・カク&米澤穂信&東山魁夷&今谷明&赤川次郎&横溝正史&モーリス・ルブラン&帚木蓬生)

 毎年、正月はブックオフのセールなので行ってきた。  本が20%オフなので・・・・・・。  先ずは、1店目。 タイムマシンの作り方 高速突破は難しくない! ニック・ハーバード=著 小隅黎・高林慧子=訳 ・・・ 講談社(ブルーバックス) アインシュタインを超える 超弦理論が語る宇宙の姿 M・カク J・トレイナー=著 久志本克己=訳 広瀬立成=監修 ・・・ 講…

続きを読む

今日聴いたCD

ステッペンウルフ / MAGIC CARPET RIDE - THE DUNHILL/ABC YEARS 1967-1971 / Esoteric / ECLEC82777CD TWO: ステッペンウルフ / MAGIC CARPET RIDE - THE DUNHILL/ABC YEARS 1967-1971 / Esoteric / ECLEC82777CD THREE: ステッペン…

続きを読む

大晦日に第九を聴く

 何年も続けていること。  今年は、来年のニューイヤーコンサートの指揮がダニエル・バレンボイムであるので、その記念に彼がシュターツカペレ・ベルリンを指揮した第九を聴いた。  前世紀の終わりに録音された、彼最初のベートーヴェンの交響曲全集の第九。  結構淡々としている。  もっと、ドラマティックに緩急自在にするのかと思いきやそうはならない。  師匠…

続きを読む

今日聴いたCD

コロシアム / ライヴ・アット・ザ・BBC / diskUnion / DUPG267DISC 4 コロシアム / ライヴ・アット・ザ・BBC / diskUnion / DUPG267DISC 5 コロシアム / ライヴ・アット・ザ・BBC / diskUnion / DUPG267DISC 6 バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン演奏 / ベートーヴェン:交響曲全集 / Wa…

続きを読む

キャット・スティーヴンス「マシュー・アンド・サン」

 聴き終えたCDについて。  キャット・スティーヴンスの1967年の1stアルバム。  1970年以降のアコースティック主体の静謐なポップではなく、割とキャッチお出に賑やかで楽しげなポップ。  これはこれで1960年代らしく好き。  個人的には、このサウンドの方が好きかも。  メロディーメイカーとしての能力が変わっているわけではないので・・・・・…

続きを読む

今日聴いたCD

コロシアム / ライヴ・アット・ザ・BBC / diskUnion / DUPG267DISC 2 コロシアム / ライヴ・アット・ザ・BBC / diskUnion / DUPG267DISC 3 広島ブログ

続きを読む

シカゴ「シカゴ26~ライヴ・イン・コンサート」「ジャパニーズ・シングル・コレクション-グレイテスト・ヒッツ-」

 聴き終えたCDについて。  シカゴ。  先ずは、中古で買ったシカゴの26枚目。この頃になったらオリジナルアルバムの割合が少なく、ライヴ盤とか企画モノが多くなる。そんな一つ。割と、オーソドックス。でも、充実していて、本国アメリカでの人気の高かった1970年代中頃の楽曲を大挙していて入れているし、「バレー・フォー~」を全曲収録しているのもなかなかだ。  続いては、つい…

続きを読む

ジミ・ヘンドリックス「モンタレー・ポップ・フェスティヴァル・ライヴ」「バンド・オブ・ジプシーズ:コンプリート・フィルモア・イースト」「ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト」

 聴き終えたCDについて。  今日はジミヘン。  全てライヴ盤。  一つはモンタレー。  もう二つは、「バンド・オブ・ジプシーズ」の特別版。  まず、モンタレーはイギリスで一旗揚げての凱旋公演的感じのコロナので、意気揚々とした勢いを感じる。  「バンド・オブ・ジプシーズ:コンプリート・フィルモア・イースト」は、「バンド・オブ・ジプシーズ…

続きを読む

今日聴いたCD

キング・クリムゾン / 音楽は我らが友 ライヴ・イン・ワシントン&オルバニー2021 / WOWOW / IECP-20305/306Disc 1 キング・クリムゾン / 音楽は我らが友 ライヴ・イン・ワシントン&オルバニー2021 / WOWOW / IECP-20305/306Disc 2 アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 019029…

続きを読む

今日届いた新品CD(ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット、コロシアム、ステッペンウルフ、キング・クリムゾン、ディープ・パープル)

ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット / ダスク・ファイアー / DECCA / UCCM-9340 ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット / フェイズIII / DECCA / UCCM-9341 ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット / チェンジ・イズ / DECCA / UCCM-9342 ドン・レンデル&イアン・カー・クインテット / ライヴ / …

続きを読む

グランド・ファンク・レイルロード「1971 ライヴ 」

 聴き終えたCDについて。  今回はGFRの2002年発売のアーカイブライヴ。  名盤「ライヴ」がほぼ1年前でライヴの構成も雰囲気も似通っているので、このライヴアルバムの存在意義は?と考えてしまうが、そんなことはない。一つたりとも同じ演奏はないので、非常に楽しめるのだ。  一番勢いのある頃のライヴということで、これで初来日公演が「どんな」だったか思いを馳せるのも悪く…

続きを読む

バカリズム「架空OL日記」

 読み終えた本について。  バカリズムが銀行のOLになりきって15年くらい前に書いていたブログの書籍化。全2巻。  個人的には数年前にドラマになった時に見ていたので、やっと原作を読んだという事だ。  多分、こんな感じのブログ有るよなぁって感じで、アルアル物なんだろうけど、それ以前に話しが面白かった。  小説として、完成していた。 広島ブログ

続きを読む

今日聴いたCD

ヘンリー・カウ / 伝説 / BELLE ANTIQUE / BELL 152406 アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 0190295065737CD 37 アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 0190295065737CD 38 アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warne…

続きを読む

小池新「戦前昭和の猟奇事件」

 読み終えた本について。  新書の事件ルポ。  しかも昭和の始めの頃の割と有名処を取り揃えている。  あの頃のエログロブームに乗って、それらの事件が以下の報道されたかというような内容となっている。  その他先行研究からの引用も交えて、事件の姿を追い、それに当時のマスコミがどう飛びついたかが克明に書かれていて非常に興味深い。この切り口はどんな本でもなされてい…

続きを読む

今日聴いたCD

トム・ジョーンズ / THE COMPLETE DECCA STUDIO ALBUMS COLLECTION / DECCA / 00602537041800Hide & Seek(The Lost Collection-Expanded Edition CD 2) ソフト・マシーン / ブレダ・リアクター1970 / VOICEPRINT / VP345CDCD 1 ソフト・マシーン …

続きを読む

生田絵梨花「乃木坂46卒業記念メモリアルブック カノン」

 読み終えた本について。  生田絵梨花の乃木坂46卒業記念の本。  写真集半分、インタビューと対談半分という構成。  写真集のパートはコンセプトがハッキリしていて良い。  インタビューは、適当。  対談が良い。  本当なら現役でなく、OGとの対談とか欲しかった。  例えば、中三トリオで鼎談とか・・・・・・。  無理か…

続きを読む

今日聴いたCD

トム・ジョーンズ / THE COMPLETE DECCA STUDIO ALBUMS COLLECTION / DECCA / 00602537041800Somethin' 'Bout You Baby I Like トム・ジョーンズ / THE COMPLETE DECCA STUDIO ALBUMS COLLECTION / DECCA / 00602537041800Memori…

続きを読む

ロウ・マテリアル「ロウ・マテリアル」「タイム・イズ」、デイヴィッド・クロスビー「オー・イエス・アイ・キャン」、カーデガンズ「スーパー・エクストラ・グラヴィティ」、レインボー「アイ・サレンダー」、バッド・カンパニー「THE SWANSONG YEARS 1974-1982 」、エリック・ジョンソン「セヴン・ワールズ」

 先週と今週書けてなかった分を全部追っかけた。  聴いたCDだ。  ロー・マテリアルはいかにも1970年前後のイギリスのバンド。1stも2ndもレベルは変わらない。  デイヴィッド・クロスビーは、2ndソロ。これは、80年代の作品で、1970年代の1stより分かりやすいが、曲の面白さは1stの方が良い。  カーデガンズの「スーパー・エクストラ・グラヴィティ…

続きを読む

今日聴いたCD

トム・ジョーンズ / THE COMPLETE DECCA STUDIO ALBUMS COLLECTION / DECCA / 00602537041800I Who Have Nothing トム・ジョーンズ / THE COMPLETE DECCA STUDIO ALBUMS COLLECTION / DECCA / 00602537041800Tom Jones Sings She…

続きを読む

今日買った中古CD(オーティス・レディング&ソフト・マシーン)&本(佐野眞一&一橋文哉&坂本太郎)、今日届いた新品本(岡田暁生&堀辰雄&山﨑圭一&美川圭&萩原淳&東川篤哉&池田邦彦&七尾与史&生田絵梨花)

中古 CD オーティス・レディング / ファイヴ・オリジナル・アルバムズ / RHINO / WPCR-26006~10 ソフト・マシーン / ブレダ・リアクター1970 / VOICEPRINT / VP345CD 本 別海から来た女 木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判 佐野眞一 ・・・ 講談社 宮崎勤事件 塗り潰されたシナリオ 一橋文哉 ・・・ 新潮社 …

続きを読む

今日聴いたCD

トム・ジョーンズ / THE COMPLETE DECCA STUDIO ALBUMS COLLECTION / DECCA / 00602537041800Along Came Tom Jones トム・ジョーンズ / THE COMPLETE DECCA STUDIO ALBUMS COLLECTION / DECCA / 00602537041800A-tom-ic トム・ジョーン…

続きを読む

今日届いた新品CD(トム・ジョーンズ)

トム・ジョーンズ / THE COMPLETE DECCA STUDIO ALBUMS COLLECTION / DECCA / 00602537041800  ちょっと前に、注文していたのがやっと届いた。  遂に、トム・ジョーズに手を出した。  昨年の今頃にリリースされているのを知っていた、このボックスセット。今年の夏の漸く注文をして今頃届いた。 …

続きを読む

志賀直哉「暗夜行路」

 読み終えた本について。  久々の文学作品。  小説の神様、志賀直哉の唯一の長編小説  書き始めから23年の年月を費やして完結した作品。  という事は、作者本人が長編小説が苦手なのだろう。  だから、時間が凄まじく掛かったのだろう。  しかしながら、さすが短編小説の名手という事が分かる。  というのが、色々なエピソードや、舞台…

続きを読む