麻見和史「警視庁文書捜査官」

 読み終えた本について。


 麻見和史の「警視庁文書捜査官」シリーズ第一弾。


 ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」の原作。


 ドラマは設定が随分違っていたが、読み終えたら、腑に落ちた。このままではドラマにしたときに、し難いとか、華が足りないとかあったろうから、それが分かった。


 まぁ、それは良いとして、この作品ノリが結構ライト。今まで読んできた著者の作品の中では一番ライトだ。どうもこれは意図的らしい。だからこそ、突飛な設定もしっくりくる。文章の構造等から捜査するという・・・・・・。どうしても、文章と言ったら筆跡鑑定が主だろうから、面白いところに目を付けたと思う。


 この第一弾は、この作者ならではの家族についての深い思いがある。

広島ブログ

"麻見和史「警視庁文書捜査官」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: