ダシール・ハメット「デイン家の呪い」

 読み終えた本について。


 ハメットの5作ある長編の内、2作目。


 個人的にはこれで全て読み終えた。


 5作の作品は、そのどれもタイプが違うのだが、この作品は、どの作品よりも個性的だ。


 中身が三部作になっていることと、多少怪奇探偵小説風味があるのが面白い。多分、ドグラ・マグラ好きな人には「たまらない」作品だと思う。


 ただ、第一部は普通のハードボイルドだが・・・。


 しかし、主人公が長編第一作と同じ、コンチネタル・オプが主人公なので、結構、行く先々でのドンパチが多い。


 つまり、色々欲張った作品という事だ。


 長編第一作である程度ハードボイルドの型を作り上げ、その後、更に拡張を目指した作品という事だろか・・・・・・。

広島ブログ

"ダシール・ハメット「デイン家の呪い」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: