歯医者で今後の方針について話した

 今日は先月折れた歯の処置の方針については医者で話を聞いた。


 折れた歯の隣にある歯が変な風に生えてきているので、ブリッジを渡すことが出来ない。変な風に生えてきているというのが兎に角やっかいで、入れ歯も作ることが出来ない。


 そんな状態。


 唯一の方法としては、反対側の歯を削って被せを作る。その被せに今回の歯の被せをくっつける。つまり、反対側の歯に歯2本分の負担を掛けることになるが、それしか処置の方法がない。


 後は、変な風に生えてきた歯を矯正で正しい位置に据えて、折れた歯をインプラントにするかだ。


 次に歯医者に行った時に答えるっていったのだけど、個人的には前者だと思ってる。


 後者は、確かに綺麗になるし長く持つだろうけど、健康な歯を何本か抜くことになる。それは個人的には避けたいことだ。


 このままにしておくと周りの歯もどんどん共倒れの可能性があるのでなんとかしないといけないが、その為に健康な歯を抜くのはナンセンスだと思う。


 そうしたら、前者かなぁ?


 という事が現状だ。


 また変わるかもしれないが・・・・・・、気持ちは。

広島ブログ

"歯医者で今後の方針について話した"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: