麻見和史「蝶の力学 警視庁捜査一課十一係」

 今日も読み終えた本について。


 今日は小説。


 麻見和史の警視庁捜査一課十一係シリーズ第六弾。


 ドラマ第三弾の原作だが、ドラマは観ていない。


 これシリーズ物で、同じパターンで書き続ける事を表面的には拒否しているので、毎回手を変え品を変えしてくるのだけれども、今回も事件的にはワンパターンなモノの、人の動きは結構新鮮に観る事が出来て。十一係がチームとしてパワーーっぷが図られた内容だった。

広島ブログ

"麻見和史「蝶の力学 警視庁捜査一課十一係」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: