横関大「ルパンの絆」

 読み終えた本について。


 今日から映画版が公開となった「ルパンの娘」の原作シリーズの発売したばかりの最新作にして最終作。


 映画とは違うらしい。


 映画は明後日観るので、それはそれで良い。


 しかし、相変わらず、巻き込まれたり、攫われたり、裏切ったり、裏切られたり、忙しい登場人物達。


 まぁ、特殊設定のサスペンスのため、どうしても「この」傾向がある。


 最後は、少年漫画的に、艱難辛苦の後に大団円が待っている。


 後は読んでのお楽しみ。


 最後は、ちゃんと追われたが、次の話が出ても不思議ではない様な終わり方でもある。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント