麻見和史「緋色のシグナル 警視庁文書捜査官エピソード・ゼロ」

 読み終えた本について。


 警視庁文書捜査官シリーズ第三弾にして、番外編。


 主人公が現在のようになった切っ掛けの事件を描く。


 だから、準備期間のエピソード0。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント