辻真先「たかが殺人じゃないか 昭和24年の推理小説」

 読み終えた本について。  著者の昭和シリーズ第二弾。  第一弾の昭和12年に続く。  12年後だ。  敗戦という大きな転機を超えて、転換した価値観というモノが大きなテーマとして横たわった小説。  探偵役は第一弾と同じだが、今回は主人公が別にいるので、乞われて推理をするだけしか登場の場がない。という事で、これは古き良き安楽椅子探偵物の典型パターン…

続きを読む

今日聴いたCD

シェルバコフ / ベートーヴェン:交響曲全集(リスト編曲) / NAXOS / COCO-70906CD 2: バックハウス / ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ全集 / DECCA / 467 258-2CD 7 広島ブログ

続きを読む