佐々木譲「エトロフ発緊急電」

 読み終えた本について。


 佐々木譲の第二次大戦三部作の第二作。


 山本周五郎賞受賞作。


 この三部作の中では最高傑作の呼び声高い作品だけど、冒険小説ファンの私にとっては第一作の「ベルリン飛行指令」の方が傑作だと思っている。今回はスパイ小説。


 しかも、非常に手に汗握る展開で最後まで息が継げない。


 追いつ追われつなの小説だけど、追う方のキャラクター造形がしっかり出来ているので、兎に角読み応えがあった。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント