逢坂剛「斜影はるかな国」

 読み終えた本について。


 岡坂神策シリーズの第二長編にして、番外編。


 主人公は第一長編のヒロインである花形理絵だからだ。


 当の岡坂神策はたった2行の出番しかない。


 話自体は逢坂剛の長編小説らしくスペインを舞台にした冒険小説。


 彼のスペイン物にしては、船戸与一の初期小説のようなエンタメ色の強い作品に仕上がっている。


 そういう意味でも異色かも・・・・・・。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント