似鳥鶏「彼女の色に届くまで」

 読み終えた本について。  小説。  画家のミステリー。  画家の卵が新たな才能を見付けて、その新たな才能が日常の謎を解いていくというモノ。  最後は、彼らしい最後いとなっている。連作短編の顔をして実は長編だった。  という・・・・・・。  そして、基本的には絵にまつわるミステリー。  新感覚の一作。 広島ブログ

続きを読む