七尾与史「殺しも芸の肥やし 殺戮ガール」

 読み終えた本について。


 今日は七尾与史の、ある意味お得意のクライムノベル。


 殺し屋と刑事の追っかけあっこ。


 ひたすら、それだけ。


 痛快でも、不安でもない。


 平板で淡々と。


 色々なトリックで殺されていく。


 それで、きちんと起承転結を付けて小説にしている。


 ある意味、クライムノベルの鑑。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント