帚木蓬生「ソルハ」

 読み終えた本について。


 帚木蓬生の一風変わった小説。


 と言うか、子供向けだそうだ。


 アフガニスタンを舞台に90年代後半から2000年代初頭のタリバン時代をたくましく生きた女の子とその家族親戚友達の話。


 こう書くと冒険小説か?とも思うが、そうでは無く、どちらかというと青春小説。


 内戦でタリバンがカブールを占領して数年後撤退するまでを描く。


 その間の世相の移り変わりが、カブール市民の目線で描かれている。


 そういう小説。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント