水トさくら 写真集「恍惚」

 今日も読み終えた本について。


 写真集。


 今回は水卜さくらの。


 撮影が小沢忠恭。


 被写体も良いし、ファンとしてはついつい手に入れてしまった。


 ただ、被写体の演技がいまいちなのか、そういう演出なのか、ポーズや表情がぎこちなかった。でも、生っぽさがなかった。


 その違和感が特徴だと思う。


 でも、決して失敗しているわけではないと思う。


 あと、被写体の肌の白さが堪能出来る逸品。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント