日記の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS ディープ・パープル「ラスト・コンサート・イン・ジャパン≪紫の燃焼≫」

<<   作成日時 : 2018/10/25 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日も聴いたCDについて。


 今日はディープ・パープルの1975年12月の来日公演の模様を捉えたライヴアルバム。


 兎に角、このアルバムの特徴はトミー・ボーリンに尽きる。彼が参加した編成の唯一の公式ライヴアルバム。でも、肝心のトミー・ボーリンがコンディション不良で、余り評判がよろしくないと。


 しかしながら、この編成の特徴をよく掴んだ選曲で個人的には素晴らしいライヴアルバムだと思っている。


 ハードロックだけでなく、幅が広がった、しかも当時流行のファンキーサウンドに。元々ジョン・ロードを有するこのバンドなので、この方向は得意。


 つまりはここに来てもっとも得意な音作りが出来他、その記録という事なのだ。


 だからこそ、この直後の解散が残念だったりする。

広島ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ディープ・パープル「ラスト・コンサート・イン・ジャパン≪紫の燃焼≫」 日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる