日記の部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS アリス・クーパー「キラー」

<<   作成日時 : 2017/10/12 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 今日は先日買って聴いた中古CDについて。


 そう言えば久し振りだ。中古CDを買うのは・・・・・・。


 さて、今回は買った2枚の内、アリス・クーパーの方。


 バンドとしてのアリス・クーパーの4thアルバムにして出世街道真っしぐら1971年発表のワーナー時代第二段。


 このワーナー時代の一番大きいのはボブ・エズリンとの出会い。これによってグラムのブームに乗ってアリス・クーパーの特異なキャラクターを世に定着させることができた。さらに、単純でキャッチーなブギーを全面に出して、楽しさを倍増させた。


 その過渡期にして旧と新の良いとこ取りのアルバムに仕上がっている。


 新の良いとこは、1曲目「俺の回転花火」だし、「デッド・ベイビーズ」。どちらも歌詞は意味深だ。


 旧の良いとこは、3曲目の「ヘイロー・オブ・フライ」であり、タイトルチューンだ。特に「ヘイロー・オブ・フライ」は、バンドの演奏は単純なハードブギーだけど、それを延々と続ける曲となっている。これらは非常にプログレ的だ。


 なので、どっちラにしてもプログレ的で、初期のプログレバンドであった頃の雰囲気を色濃く残している。


 次作の「スクールズ・アウト」の様な途轍もなくキャッチーな楽曲はないが、深く考えさせられる曲も多く、アリス・クーパーがドアーズとよく比べられる理由がなんとなく分かるアルバムだと思う。

広島ブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
アリス・クーパー「キラー」 日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる