アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
日記の部屋
ブログ紹介
音楽と写真の事が中心ですが、
日常の細々としたことも・・・・・・。
音楽は聴くのが専門なので、買ったCDのことや、聴いたCDのことなど。
写真は見るのが専門ですが、撮ってもいます。
休みごとにカメラを持って出掛けます。
zoom RSS

七尾与史「ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件」

2017/01/17 19:48
 正月にブックオフで買ってこの前読み終えた。


 七尾与史の人気ミステリー物シリーズ第三弾。


 今回は主人公の性癖がどうやって形成されたかって話と目の前で捜査中の事件がクロスリンクするって話。


 作者の推理小説作家としての腕試し的な話になっている。語り口は非常に駆るライトミステリながら、そのギミックは新本格派的という作者の作品を殆ど読んでないノだけれども、少ない読んだ本の中での共通項にこれも当てはまる。


 相変わらず題名と合っていない主人公の性癖だけど、今回はその性癖を上手く利用した作品に仕上がっている。


 ただ、最初から犯人を隠しているのだけど、「ばれたって平気さ」的開き直りで話が進むのはご愛敬だけどね。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/17 18:04

  1. エルネスト・アンセルメ / デッカ・レコーディングス〜ベートーヴェン:交響曲全集、ブラームス:交響曲全集、モーツァルト、ハイドン、他 / DECCA / 0289 482 1235 4
    CD 8



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


腰痛なのだ

2017/01/16 22:13
 今日は朝から突然の腰痛に。


 歩くのがやっとなので、こんな日には仕事を休まざるを得ない。


 という事で、休んで病院へ。


 椎間板ヘルニアを疑われております。


 まだ確定診断には至ってないのだけど、痛み止めと湿布が効かないようならMRIで検査とか・・・・・・。


 MIRでの検査よう受けられないのだけどねぇ・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/16 21:09

  1. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 11

  2. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 12

  3. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 13

  4. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 14

  5. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 15

  6. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 16

  7. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 17

  8. エルネスト・アンセルメ / デッカ・レコーディングス〜ベートーヴェン:交響曲全集、ブラームス:交響曲全集、モーツァルト、ハイドン、他 / DECCA / 0289 482 1235 4
    CD 7



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


雪なのだ

2017/01/15 22:15
 昨日今日と雪に閉ざされてほぼ家から出ていない。


 というか、今日の邦画酷く、全く家から出ていない状況。


 ここに来てまた雪が積もりだした。


 なんか、山陽道も雪の影響で通行止めだそうだ。


 明日は仕事に行けるだろうか?それが一番心配だ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/15 18:45

  1. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 3

  2. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 4

  3. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 5

  4. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 6

  5. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 7

  6. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 8

  7. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 9

  8. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 10

  9. エルネスト・アンセルメ / デッカ・レコーディングス〜ベートーヴェン:交響曲全集、ブラームス:交響曲全集、モーツァルト、ハイドン、他 / DECCA / 0289 482 1235 4
    CD 6



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビにて「ハッピーフライト」を観た

2017/01/14 23:42
 たった今終わった。


 テレビで映画観ていた。


 矢口史靖の作品で、彼の作品は基本的に観ているのだけれども、この作品だけは観たことが無かった。


 飛行機のフライトを通じて、パイロットやCAだけで無く、グランドスタッフや管制官、整備士など、その飛行機尾を飛ばすために関わったスタッフの出来るだけに光を当てた作品。


 綾瀬はるか主演のコメディとなっているが、まぁ、実際には田辺誠一主演の飛行機映画とも観ることも出来る。これが利点と欠点の両方になってしまっている映画だったな。


 つまり、コメディなのに、コメディ要素が薄いという。まぁ、これはコメディ映画はこの映画の前半で終了して後はやってくる危機に対処する映画だったからだろう。


 映画なので、リアリティがなく突っ込みどころが多いのだけれども、この映画はあくまでも「飛行機を飛ばすのに色々な人が動いているのだよ」という映画なので、それ以外は目をつむれば非常に楽しめると思う。


 よくもまぁ、これだけ地味なストーリーをしっかりとした映画として作り上げたモノだとスタッフに脱帽だ。


 それと、綾瀬はるかのネイティブ広島弁が堪能出来る。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/14 17:26

  1. 柴田聡子 / 柴田聡子ライブ / 柴田聡子 / SSS-001
    1曲目の途中〜5曲目の途中

  2. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 20

  3. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 1

  4. ホグウッド / ヴィヴァルディ・ボックス / Universal Italy / 480 8019
    CD 2

  5. エルネスト・アンセルメ / デッカ・レコーディングス〜ベートーヴェン:交響曲全集、ブラームス:交響曲全集、モーツァルト、ハイドン、他 / DECCA / 0289 482 1235 4
    CD 5



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


七尾与史「バリ3探偵 圏内ちゃん 凸撃忌女即身仏事件」

2017/01/13 21:16
 今日は最近読み終えた本について。


 9月に買って2回に分けて読んだ。


 しかも、読んだのはつい最近と、前は2ヶ月以上前。凄いあいていたけど、話の内容が奇抜だったために、すぐに内容を思い出せた。


 これはシリーズ第3作で1作目と2作目は昨年の春に読んでいたノだけど、次の季節に新作が出たために買っておいて、暇を見付けて読み進めたという事だ。


 今回は、読み終えての思いだけど、題名から内容が透けている作品だったという事と、1作2作目に比べるとページ数が少ないのはエピローグが今後刊行されるであろう次作に繋がっていそうだからだろう。


 しかし、相も変わらずよく人の死ぬ推理小説だ。この作者の別の人気シリーズ「ドS刑事」では人が沢山死ぬことにちゃんとした意味を与えているのだけど、こちらはそうでは無いので、最後に解決するけど、ギリギリまで後手後手なカンが拭えない内容となっている。


 それでも、安楽椅子探偵モノとしての出来はなかなかだ。


 作者の年齢的な問題から多分に影響大と思われる新本格派のような文体なので細部まで描写がされ、ともすればしつこく、長大な物語になりそうな所を、時間が動く場面はスピーディーに描いているので、もたつかずサラッと読めてしまう。


 これが良いところだ。


 そして、この作品ではそれがよく活かされていると思う。


 まぁ、後味の悪い作品ではあるけど。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/13 20:50

  1. 柴田聡子 / 柴田聡子 / PCD-24421
    9曲目の途中以降

  2. 柴田聡子 / 柴田聡子ライブ / 柴田聡子 / SSS-001
    1曲目の途中まで

  3. エルネスト・アンセルメ / デッカ・レコーディングス〜ベートーヴェン:交響曲全集、ブラームス:交響曲全集、モーツァルト、ハイドン、他 / DECCA / 0289 482 1235 4
    CD 4



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビにて「もらとりあむタマ子」を観た

2017/01/12 20:22
 今日もテレビで放送されていたのを録っておいたものをこの前観たという話。


 で、観たのは「もらとりあむタマ子」だ。


 この映画は、公開時に映画館で観たのだが、今回テレビで放送されていて、それを録っておいて観たら、やはり面白かった。好きな映画だ。


 モラトリアム期の女の子を描いた映画なのだけど、この映画の良い所は、父親に父親らしく接して欲しい娘の心が描かれている部分だ。これがリアルか、それともそうで無いかは問題ではない。「こういうこと」を描くことがこの映画の価値なんだな。


 はっきり言って、ダラダラした娘の一年がフィルムに移っているだけの映画なんだけど、これを描ききることによって「なんか面白い」と思わせたこの映画は成功なんだと思う。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/12 19:40

  1. 柴田聡子 / 柴田聡子 / PCD-24421
    3曲目の途中〜9曲目の途中

  2. エルネスト・アンセルメ / デッカ・レコーディングス〜ベートーヴェン:交響曲全集、ブラームス:交響曲全集、モーツァルト、ハイドン、他 / DECCA / 0289 482 1235 4
    CD 3



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビにて「スティーブ・ジョブズ」を観た

2017/01/11 19:13
 正月にテレビで放送されていた映画で録っておいた3本を観た。その2本目だ。


 今回も観逃していた映画だ。


 2013年の映画。


 スティーブ・ジョブズの伝記映画で、特徴は登場人物の顔がみんなそっくりなことだった。こういうのに拘って作るというのも一つの手だろう。


 この映画は純粋な彼が生まれてから死ぬまでの伝記ではない。


 社会人としての彼が生まれてから、有る時までの映画で、前半はアップルコンピュータの設立までの色々な話で、後半は、そのアップルと彼の関わり合いに的を絞って前世紀末までを描いている。


 前半は伝記映画として成り立っているけど後半はそうでは無いので、ここで脱落する人が多いかも・・・・・・。


 なので、彼がアップルと関わってなかった時代はオミットされている。しかも、最後は、アップル社内の権力闘争で幕を閉じているので「えぇ、これで終わり!」と思った人も多いだろう(これをして「復讐物語」と見えるかもしれない)。


 ビジネスの話に的を絞っているので、どうせなら、彼のアップルへの復帰前後の色々な駆け引きをクローズアップして欲しかった。個人的に、あの辺りは「電脳なをさん」を通じて間接的によく知っているので・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/11 18:18

  1. 柴田聡子 / いじわる全集 / 柴田聡子 / SBTD-0002
    14曲目の途中以降

  2. 柴田聡子 / 柴田聡子 / PCD-24421
    3曲目の途中まで

  3. エルネスト・アンセルメ / デッカ・レコーディングス〜ベートーヴェン:交響曲全集、ブラームス:交響曲全集、モーツァルト、ハイドン、他 / DECCA / 0289 482 1235 4
    CD 2



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビにて「夫婦フーフー日記」を観た

2017/01/10 20:32
 昨年の公開時に観そびれて・・・・・・、というよりとある映画館の今後の上映予定リストに載っていたので「ここで観よう」と思い上映決定を待っていたら話がなられちゃったのか、結局上映されなかった。なので、観たくても観ることが出来なかった作品だった。


 で、この前、正月の深夜にテレビで放送されていたので、そいつを録っておいて後で観たという訳だ。


 この話はファンタジーだねぇ。


 結婚して子供が生まれてすぐに妻の死んだ夫の話なんだけど、これは実際の夫婦のブログを元に出版された本を原作にしたフィクション映画だ。


 佐々木蔵之介と永作博美が夫婦役で二十歳から四十手前までを演じているので最初は違和感があった(佐々木蔵之介のほうが・・・・・・)。


 でも、この映画の良い所は、通常なら重くなりがちなテーマを軽く描いていたこと。そして、未来のある映画に仕上げたこと。事実、夫と息子という残った二人がいるので、そういう内容になったのだと思う。


 やっぱり、これは映画館で観たかったなぁ・・・・・・、って思った。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/10 19:28

  1. 柴田聡子 / いじわる全集 / 柴田聡子 / SBTD-0002
    13曲目〜14曲目の途中

  2. エルネスト・アンセルメ / デッカ・レコーディングス〜ベートーヴェン:交響曲全集、ブラームス:交響曲全集、モーツァルト、ハイドン、他 / DECCA / 0289 482 1235 4
    CD 1



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジョリーパスタ「クワトロチーズと牛肉のトマトミート」(今日の昼食)

2017/01/09 20:25

画像
ジョリーパスタ
クワトロチーズと牛肉のトマトミート

久し振りに
スパゲッティ食いたいという事になったので
ジョリーパスタ行った

他にも店はあるけど
手軽な感じではないのでね


食べたのはこの品

ミートソースが食べたかったのだけど
普通のより
少し変わったのって思って選んだ

そうしたら、まぁ
美味しいのは美味しかったけど

とにかく重い
調べたらかなりのハイカロリーという事もあるけど
口当たりから
重い
特にチーズが
ミートソースに
たっぷりのとろけるチーズは
こんなんなんだね

という事で久々に腹一杯になった

夕方まで保ったよ

ところで
ジョリーパスタって
本社が
東京になってたんだね


広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/09 18:31

  1. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 11

  2. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 12

  3. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 13の8曲目の途中まで

  4. アラン・ホールズワース / ロード・ゲームス / WARNER MUSIC / WPCR-17327
    6曲目

  5. フィリップ・カテリーン / バベル / elektra / WPCR-17328
    4曲目の途中まで

  6. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 13の8曲目の途中以降

  7. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 14

  8. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 15

  9. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 16

  10. フィリップ・カテリーン / バベル / elektra / WPCR-17328
    4曲目の途中〜6曲目

  11. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 17

  12. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 18

  13. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 19

  14. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 65



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


疲れていたけど結局・・・・・・

2017/01/08 20:58
 さてさて、昨日は仕事に行っていて、結構夜までがっつり働いたために、夜はさっさと寝てしまって何も書けずに・・・・・・。


 という事で、今日は一日家の中にいて英気を養った。


 で、正月にテレビで放送されていた映画を録っておいたのを一気に観た。


 本当に家から出なかったので出来たことだ。


 まぁ、偶にこういうことがあっても良いよね。


 因みに、観た映画は、「夫婦フーフー日記」「スティーヴ・ジョブス」「もらとりあむタマ子」の3本だ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/08 18:35

  1. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 8

  2. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 9

  3. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 10

  4. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 64



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/07 22:30

  1. 柴田聡子 / いじわる全集 / 柴田聡子 / SBTD-0002
    6曲目の途中〜12曲目

  2. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 63



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ロジャー・ニコルズ「ロジャー・ニコルズ・トレジャリー[デモ&CMトラックス]」

2017/01/06 23:39
 今日も買って聴いたCDについて。


 今日は、ロジャー・ニコルズだ。


 今回買った新作は2枚組の未発表曲集で一部CMの曲なんかも入っているが、これらは「発表はされているがソフト化はされていない」というやつだ。


 なので、作品の「出来」で語ることは出来ない。もし語ってしまうと全てxということになるからだ。


 それよりも、「こんなのがあったのか!」って視点で聴くのが良いだろうね。


 蔵出しアルバムなので、これ以上はないが、新作を期待して待とう。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/06 21:00

  1. 柴田聡子 / いじわる全集 / 柴田聡子 / SBTD-0002
    6曲目の途中まで

  2. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 7

  3. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 62



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ポコ「カントリーロックの貴公子、ポコ誕生!」「ポコ」「ライブ・ポコ」

2017/01/05 20:27
 今日も年末に届いて聴いたCDについて。


 今日はポコの3枚。ちょうどデビューからジム・メッシーナが脱退するまでのリッチー・フューレーとの双頭時代の3枚についてだ。


 これは、日本ではなかなかCDになってなくて今回が初めてだそうだ。そんなに日本ではマイナーな存在なのかポコは?そんなことはないと思うが、今回の事が「その事」を如実に物語っている気がする。


 でも、今回のエピック時代って音楽史の中では結構重要な時代だ。後のラスティー・ヤングとポール・コットンの双頭時代というか、残った4人のfab4時代の方が売れたしファンには人気が高いというのはあるけど、後に続くイーグルスなんか」の所謂ウエストコーストロックのイメージ作りに貢献しているからだ(先達に「フライング・ブリトー・ブラザーズ」が居ることは承知の上で書いている)。


 というか、ぐだぐだかいたけど、この時代のポコを手に入れた理由は一番好きな曲である「考えなおして」が作られた時代だからだ。因みに、1stの表題曲も好きだが・・・・・・。


 あの曲のジム・メッシーナの弾く典型的なテレキャスターの音が好きなんだ、昔から。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/05 19:22

  1. 柴田聡子 / 海へ行こうか / なりすレコード / NRSD-1208
    DISC 2の1曲目

  2. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 6

  3. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 61



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ラスカルズ「ピースフル・ワールド」「アイランド・オブ・リアル」

2017/01/04 22:34
 今日は日常さえ威喝に戻ったという事で、ブログも通常営業。


 溜まっている聴いたCDについて書く。


 新しく始まったソニーの廉価盤シリーズからラスカルズの2作。


 ラス前とラストアルバムでこの2枚はアトランティックでなくエピックに移籍してのリリースとなっている。


 アトランティック時代は5枚目までしか聴いたことがなく2枚間に聴いていないアルバムがあるのだけど、それでも今回の2枚のアルバム、確かにアルバムオリエンティッドなところは感じられるけどそれほど違いはなかった。ただ、ノリの良さが後退しているくらいだった。


 でも、そのアルバムオリエンティッドな部分って、「これのせい」でキャッチーなサウンドが後退してしまった。


 多分、この辺りが「ラスカルズ末期はフェリックス・キャヴァリエがブライアン・ウィルソンと化した」って言われる所以なんだろう。


 そんなことを感じた今回だった。


 因みに、トータルアルバムで非常にプログレッシヴな作品の「ピースフル・ワールド」はもの凄い聴き応えがある。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/04 18:44

  1. 柴田聡子 / 海へ行こうか / なりすレコード / NRSD-1208
    DISC 1の1曲目の途中以降

  2. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 5

  3. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 60



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


福山駅前シネマモードにて「オケ老人」を観た(+今日買った中古本)

2017/01/03 21:19

画像

 12月31日から上映開始と言うことで、やっと時間が出来た今日観に行った。


 これ、題材だけから王道ドタバタコメディと予想して観たい思っていた。


 そうしたら、ほぼ正解。


 この映画は、ほぼタイトルから予想できるのだけど、老人ばかりのオーケストラの話。主演は杏で、この人は色々あってこのオーケストラに入った人で、彼女とオーケストラの老人の面々が共に歩む姿を描く、ある意味邦画の王道作品。


 作品の問題から、沢山のベテラン俳優が参加して、しかも楽器演奏までやっちゃうモノだから、意外と練習場面とかリアルに作られている。これはビックリしたけど、途中から強力に納得できた。


 杏の熱い主人公像は彼女の通常営業であるのだけれども、今回はオケのメンバーの一人の孫娘役で出ている黒島結菜が凄い。彼女はむらっ気のある役者だという印象だったのだけど、今回はそれが良い方に出たという事なのだろうか。彼女の役の子が実質の狂言回しなので重要な役なんだけど、それをしっかりこなしていた。


 これは、クラシック自体を知ってても知らなくても楽しめる映画で、音楽映画と言うより、ジャンル的にはスポ根映画だろう。なので、誰でもある種の「あるある」を感じることが出来る。


 ストーリーも奇を衒ったモノではないので、肩の力を抜いてクスクス笑いながら観ることが出来た映画だ。


 多分、老若男女それぞれに、何らかの訴えるモノのある映画だと思うな。


 そしてそして、帰りに今日もブックオフ寄って帰った。そして本を買った。

画像


  1. 戦力外捜査官 姫デカ・海月千波 似鳥鶏 ・・・ 河出書房新社

  2. 逃亡 帚木蓬生 ・・・ 新潮社

  3. ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件 七尾与史 ・・・ 幻冬舎


 1冊間違って重複で買ったモノ。1冊は値段を間違って買ったモノ。要は今回は1冊だけ用があったという事。まぁ、こんな事もあるよね。買ったモノの値段の9割5分は間違っていたという・・・・・・。これをどう見るかは・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/03 18:03

  1. イ・プー / ロマン組曲 / WARNER MUSIC / WPCR-17320
    1曲目の途中以降

  2. アラン・ホールズワース / ロード・ゲームス / WARNER MUSIC / WPCR-17327
    6曲目の途中まで

  3. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 3

  4. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 4

  5. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 59



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


昨日及び今日買った中古本

2017/01/02 23:54
 毎年正月はブックオフが本の20%オフセールをしているので、普段手が出な写真集を買うことにしている。で、今回も昨日と今日行ってきた。

 先ずは昨日

画像


  1. 彩 酒井若菜写真集 撮影◆平地勲 ・・・ ワニブックス

  2. μ wakana ・・・ 小学館

  3. ジョーカー・ゲーム 柳広司 ・・・ 角川書店

  4. 夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦 ・・・ 角川書店

  5. プリンセス・トヨトミ 万城目学 ・・・ 文藝春秋

  6. 輝天炎上 海堂尊 ・・・ 角川書店

  7. カレイドスコープの箱庭 海堂尊 ・・・ 宝島社


 ブックオフは福山を中心に回った、最初の神辺店には開店と同時に飛び込み、次いで順次野上店、松永店と廻った。で、西条中央店に行ったら休みだったという・・・・・。


 そして今日

画像


  1. ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件 七尾与史 ・・・ 幻冬舎

  2. 三たびの海峡 帚木蓬生 ・・・ 新潮社

  3. 交換殺人には向かない夜 東川篤哉 ・・・ 光文社(カッパ・ノベルス)

  4. 松井玲奈 写真集 ヘメレット ・・・ ワニブックス

  5. [うそつき。]浜丘麻矢写真集 撮影●根本好伸


 今日は、家族が「服を売りたい」という事だったので、八木店に行ってきた。


 両日とも収穫はあった。


 だから「良し」としよう。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/02 17:55

  1. ザ・キース・エマーソン・トリオ / Emersongs Ltd. / DUPG207
    3曲目以降

  2. エディ・ジョブソン&ズィンク / ザ・グリーン・アルバム +1 / Capitol / UICY-25549

  3. イ・プー / オペラ・プリマ / WARNER MUSIC / WPCR-17317

  4. イ・プー /ミラノの映像 / WARNER MUSIC / WPCR-17318

  5. イ・プー / ロマン組曲 / WARNER MUSIC / WPCR-17320
    1曲目の途中まで

  6. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 1

  7. ホグウッド / ザ・バッハ・レコーディングズ / Universal Italy / 482 1736
    CD 2

  8. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 58



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本日の写真(恒例、初日の入り)

2017/01/01 23:44
画像


去年は忘れていたけど、今年はしっかり覚えていた

OLYMPUS E-620 + ZUIKO DIGITAL ED 50mm f2.0 Macro
撮影モード: 夕日
シャッター速度: 1/500秒
絞り値: F9.0
露出補正: -0.7EV
ISO感度: 200
ホワイトバランス: 6000K
彩度: +2

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2017/01/01 21:49

  1. 柴田聡子 / いじわる全集 / 柴田聡子 / SBTD-0002
    9曲目の途中以降

  2. 柴田聡子 / 柴田聡子 / PCD-24421

  3. 柴田聡子 / 柴田聡子ライブ / 柴田聡子 / SSS-001

  4. book bear / COMPLETE BEST / 熊本シティエフエム

  5. 柴田聡子 / しばたさとこ島 / 浅草橋天才算数塾 / TENSAI-2

  6. 柴田聡子 / 海へ行こうか / なりすレコード / NRSD-1208
    DISC 1の1曲目の途中

  7. レッド・ツェッペリン デフィニティヴ・ボックス・セット WPCR-13142/53
    CD 11の3曲目の途中以降

  8. レッド・ツェッペリン デフィニティヴ・ボックス・セット WPCR-13142/53
    CD 12

  9. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 56



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


シネマ尾道にて「超高速参勤交代リターンズ」を観た

2016/12/31 20:15
 さてさて、今日は朝一で散髪に行っていたりしたのだが、その影響で家に帰ってくつろいで新聞を読んでいると映画の上映情報欄でこの映画の情報を見て「あぁ〜!あと1時間半しかない」なんて思って慌てて観にいった。


 それが、「超高速参勤交代リターンズ」だ。前の映画「超高速参勤交代」が面白かったので、続編制作の決定が知らされた時から「観に行くぞ!」って思っていたのだ。


 で、やっと巡ってきた。


 前のもシネマ尾道で上映されていたので今回のもきっと上映されるだろうとワクワクしながら待っていた。


 そして今日から上映されることとなっていたので、観に行こうと思っていた訳だ。

画像

 で、この映画は時代劇なんだけどコメディで、前作は藩から殿様一行が参勤交代で故あって超高速で江戸に向かう珍道中を描いた作品だったのだけど、今度はというか、前作から多分小ネタを含め「あの映画」からの引用が多い。


 というか、これは徹底したコメディなので「そういった所」まで徹底して楽しむべしというところが有る。


 とある場面ではまるで香港のコメディ映画の様な場面まで登場するし。


 ただ、コメディ部分について多く咲いて書いたけど、実はこの映画結構シリアス。特に前半はコメディ的要素は小ネタで仕掛けることが多く。ストーリー展開は非常にシリアスなモノ。後半はコメディ映画らしくハチャメチャやっちゃってラストはまるでハリウッド映画のような展開になっちゃうのだけど、そういったごった煮的な映画の持つパワーで物語を押し切ったのは正解だと思う。


 ただ、ラストの展開から、次の映画も作ろうと思えば作ることが出来るように考えているみたいなので楽しみに待っていようと思う。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/12/31 17:57

  1. 柴田聡子 / いじわる全集 / 柴田聡子 / SBTD-0002
    1曲目の途中〜9曲目の途中

  2. レッド・ツェッペリン デフィニティヴ・ボックス・セット WPCR-13142/53
    CD 10の1曲目の途中以降

  3. レッド・ツェッペリン デフィニティヴ・ボックス・セット WPCR-13142/53
    CD 11の3曲目の途中まで

  4. カンサス / Complete Classic Albums Collection / Legasy / KANCAC
    88697873272-1

  5. スウィトナー指揮ベルリン・シュターツカペレ演奏 / ベートーヴェン:交響曲全集 / DENON / COCQ-93984→9
    DISC 6

  6. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 55



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


福山コロナシネマワールドにて「疾風ロンド」を観た

2016/12/30 22:07
 一日たった一回の上映が朝7時45分からという休みの日にはピッタリのモーニング回だったので勇んで出陣してきた。


 11月の終わりから上映していて1ヶ月、遂に1日1回になってしまってから見た格好だ。

画像

 という事で、今回もパンフレットは手に入らずに看板を写している。


 東野圭吾の原作を映画化という事で、緊張感の有るサスペンスかと思いきや、主演の阿部寛のコメディアンとしての資質を活かしたコメディタッチに仕上がっている。


 ただ、全体的に2時間ドラマ的なノリで進んでいるのに、肝心のその手が活かせる場面で、しかも麻生祐未を中心とした場面でいまいち薄味で終わるという残念な感じは有ったが、志尊淳が熱演していたのが印象に残って良かった。


 まぁ、それは良いとして、そもそも阿部寛はテレビドラマの「HERO」や「トリック」の例を出すまでもなく、どちらかというとコミカルな役の邦画ピンと来る役者なので、彼を主演に据えたことでコミカルな部分に軸足を置いたサスペンスという事で映画自体の構造が決まったのだろう。


 それにしても、個人的に良かったのは、大倉忠義と大島優子の2人。この2人はかなりコンビで動いているので、この2人の出来がそのまま映画の出来に直結するのだけど、文句なしだった。というか、特に大倉忠義は今前以上に良い味を出していた。


 さてさて、役者についてばかり書いていてもなんなので、映画自体についても書いておくけど、とにかくこの映画雪山でのスキーやスノボーのシーンが凄い。疾走感溢れているので、かなりスピード感にある映画に仕上がっている。


 そして、脚本がハセベバクシンオーでした。これでこの映画を面白いと感じたのを納得した。


広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/12/30 17:40

  1. book bear / COMPLETE BEST / 熊本シティエフエム
    14曲目の途中以降

  2. 柴田聡子 / しばたさとこ島 / 浅草橋天才算数塾 / TENSAI-2

  3. 柴田聡子 / 海へ行こうか / なりすレコード / NRSD-1208
    DISC 1

  4. 柴田聡子 / 海へ行こうか / なりすレコード / NRSD-1208
    DISC 2

  5. 柴田聡子 / いじわる全集 / 柴田聡子 / SBTD-0002
    2曲目の途中まで

  6. 上白石萌音 / chouchou / PONY CANYON / PCCA-04426

  7. ロジャー・ニコルズ・トレジャリー[デモ&CMトラックス] / Victor Entertainment / VICP-65430〜1
    DISC-1

  8. ポコ / epic / SICP 5153

  9. レッド・ツェッペリン デフィニティヴ・ボックス・セット WPCR-13142/53
    CD 9の6曲目の途中以降

  10. レッド・ツェッペリン デフィニティヴ・ボックス・セット WPCR-13142/53
    CD 10の1曲目の途中まで

  11. ポコ / ライブ・ポコ / epic / SICP 5154

  12. ラスカルズ / アイランド・オブ・リアル / SONY / SICP 5141

  13. ポコ / カントリーロックの貴公子、ポコ誕生! / epic / SICP 5152

  14. ロジャー・ニコルズ・トレジャリー[デモ&CMトラックス] / Victor Entertainment / VICP-65430〜1
    DISC-2

  15. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 54



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


福山コロナシネマワールドにて「シン・ゴジラ」を観た

2016/12/29 22:48
 日曜日に観損ねた映画を昨日リベンジして観に行ってきた。


 しかも、仕事終わってからレイトショーを観に行くという・・・・・・。そういえば、レイトショーは人生初だ。


 公開が7月からなので、既に公開を終えている映画館も多く有る中、福山のコロナではまだやっていた。というか、今まで巡り合わせが悪くて観に行けてなかったので、こうやって観ることが出来ることは非常に「それだけで」嬉しい。

 そんななのでパンフレットは売り切れ。

画像

 だから、写真は看板ということで。


 さてさて、この映画だけど、評判になるの分かるような気がする。


 基本的には1954年の第一作を踏襲して、ただ、そのままトレースしてくるのでなく(それはハリウッドが最近やった)、ゴジラの定義を踏襲して、今の時代に合った「危機」「対処」「パニック」等々を見せられた。


 つまりは、多分だけど、これはゴジラの再定義映画なんだと思う。


 そして、極めてエヴァ的。


 これは分かる人にしか分からないから良いのだけど、庵野秀明が自らの持てるモノを全て投入したら、自分の持ちネタで似通っているエヴァの臭い(匂い)が漂ってくるのは致し方ない。映画の後半はまさにそうだった。というか、ゴジラのコンセプト自体が。


 後、今回は役者の配役が結構良かったと思う。個人的には環境省の生物の専門家として出演していた市川実日子が良い味出していた。


 この映画は、来年になっても引き続き上映されるらしいので、また機会があったら観に行きたいなぁ・・・・・・。


 そう思わせる映画だった。


 でも、この映画の最大に魅力は、余計な装飾がない純粋なポリティカルムービー&アクションムービーだった。このシンプルな作りが2時間一本勝負を飽きさせずに保たせているんだろう。今回は夜中の上映であったにもかかわらず全く眠たくならなかったよ。ずっと興奮してスクリーンを見つめていて、あっという間の2時間だった。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/12/29 18:13

  1. 柴田聡子 / 柴田聡子 / PCD-24421
    13曲目の途中〜曲終わり

  2. book bear / COMPLETE BEST / 熊本シティエフエム
    14曲目の途中

  3. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 52

  4. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 53



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スティーヴ・ヒレッジ「ライヴ・アット・ロックパラスト」

2016/12/28 21:12
 今日は昨日に引き続きDVD付きのCDについてだ。


 今回はスティーヴ・ヒレッジの1977年のドイツでのテレビ出演のもの。


 CDは当時てれ日放送されたものがコンパイルされているが、付録のDVDにはその際にカットされた曲も含めてコンプリート収録となっている。


 ちょうど、コリン・ベースや、クライブ・バンカーらがいた頃の最強の布陣によるバンドの演奏なので悪いはずがない。


 サイケポップを前面に出しながらも、ゴングで鍛えた摩訶不思議な世界、彼の根っこの部分にあるブルース。これらが渾然一体となってとにかく聴かせてくれる内容となっている。


 リズム隊が秀逸なので安心して聴けるというのもある。この後、クラブミュージックへ寄っていき今に至るので、謂わば、バンドマンとしての彼の最も輝いていた時を上手く収録できた希有な作品だと思う。


 この時期には、オフィシャルで「ヘラルド」ってライヴアルバムも有るけど、それと供に、大事に出来る作品だと思うな。映像自体は有名なので、それが正式リリースされたこと自体に意義がある。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/12/28 19:31

  1. 柴田聡子 / 柴田聡子 / PCD-24421
    7曲目の途中〜13曲目の途中

  2. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 51



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


キング・クリムゾン「ラディカル・アクション〜ライヴ・イン・ジャパン+モア」と徒然

2016/12/27 20:30
 通勤距離が長いと不便なことといったら傘だ。家付近では要らなくても職場付近ではいる、またはその逆。こんな事はよくある。


 だがしかし、今日は結構良いことが・・・・・。


 家を出るときには傘が要るくらい降っていて、職場付近では要らない程度しか降っていなかった。でも、仕事が終わって帰る頃には要るくらいふっていた。そして更に、実際に帰るときには要らない程度だったというのはあるのだけれども、決して無駄ではなかった。


 こういうのがあるので諺の「朝雨に傘要らず」の想定を私は越えてしまっているようだ。


 さて、そんな私が先の三連休でCDに付録で付いていたDVDやBlu-ray Diskを観たので、ようやく保留にしていたそういったものの話を書きたいと思う。


 今回は9月に届いたキング・クリムゾンのライヴアルバムについてだ。


 これは昨年12月の日本の高松公演を土台に肉付けをして2015年のツアーの全貌を再現したライヴアルバムだ。


 その前の週の土曜日の大阪公演を私は観に行っているので基本的に変わりのない演奏だった。どちらかというと会場でテンションMAXでレッドゾーン振り切って聴いていたのが幾分冷静に聴けた事とBlu-ray Diskの映像を観て、遠くからだと見えなかった細部をじっくり観ることができた。


 やはり、これが大きい。


 そして、なんと言っても、これを聴いて分かったのは3人のドラマーを擁する7人組というとんでもない編成なんだけど、これは、ライヴ観終わった直後の感慨と同じだけど、これだけの複雑な編成にしないとジェイミー・ミューア在籍時の曲を2015年に提示できないという事だ。


 因みに、編成はドラマー3人(うち1人はキーボード兼務)、ギタリスト2人(うち1人はボーカル兼務)、ベーシスと1人、木管奏者1人という。


 で、ドラマー3人の中でキーボードも兼任するビル・リーフリンが要だということが分かった。今年9月から始まっているツアーには彼が不参加なので、どんな感じか戦々恐々だったりする。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/12/27 19:31

  1. 柴田聡子 / 柴田聡子 / PCD-24421
    1曲目の途中〜7曲目の途中

  2. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 50



広島ブログ
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ジョルジュ・プレートル「交響曲、管弦楽曲録音集」

2016/12/26 20:11
 今日は昨日聴き終えたクラシックのボックスセットについて書こう思う。


 プレートルのEMI時代の管弦楽集だ。


 プレートルという人は実は初めて買ったのだけど、イメージとしてはオペラの人という事だった。というのが、親父がこの人のオペラ作品をたくさん買ったからだ。なので、数年前に2度程ニューイヤーコンサートを振ったのは正直言って意外だった。つまり、管弦楽のイメージがない人だった。


 しかし大体の傾向は分かっているので、「買いかも?」と考えて買ってみた。


 で、実際聴いてみたら凄かった。


 とにかく、土台がしっかりしてる。奇を衒らうところはないけど、兎に角低音が豊かに鳴り響く演奏だ。昔気質で今風ではないかもしれないが、聴き応えがあるので、昔とか今とか関係ないだろう。


 この人が得意なのはフランス物とドイツ物。


 今回はフランス物を中心にロシア物と東欧物を幾つかといったセット。


 どれをとっても土台がしっかりしてるので、上に乗る目立つ部分は結構ドライブさせていたりするのだけど、下半身がしっかりしているアスリートと形容するのが一番分かりやすいか?


 ということで、白眉はラヴェルの「ラ・ヴァルス」。大きめの交響曲とかの方が彼の個性は多分堪能できたのだろうが、これは、前の段落で書いたことが一番端的に現れている演奏だと思ったので挙げた。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/12/26 19:21

  1. 柴田聡子 / いじわる全集 / 柴田聡子 / SBTD-0002
    9曲目の途中以降

  2. 柴田聡子 / 柴田聡子 / PCD-24421
    1曲目の途中まで

  3. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 49



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画を観損ねた話

2016/12/25 20:15
 観たい映画があって、それが昨日朝8時からの回があったので、「明日行こう」って考えていた訳だ。というのが気付いたのが上映開始15分前で、どう考えても間に合わなかったからだ。


 で、今日朝早くに出掛けてみた訳だ。


 そしたら、今日は朝一番の回が無い。あるのはレイトショーのみという。


 さすがに日曜日の夜にレイトショー観るのは無理なのでなくなく諦めた。


 前にも同じようなことが1回有ったのだけど、こんな事ってよくある事なんだろうか?土曜日と日曜日の上映時間が違うこと。土日と平日の上映時間が違うってのは偶にあるし、「特別なイベントが土曜か日曜のどちらかに入って」とかならまだ分かるのだけど、特に何も無く違うってのが・・・・・・。


 まぁ、これで多分みたい映画はもう終わりも近そうなので近々レイトショーでも観に行く事とする。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/12/25 17:41

  1. 柴田聡子 / しばたさとこ島 / 浅草橋天才算数塾 / TENSAI-2
    9曲目の途中〜曲終わり、10曲目

  2. 柴田聡子 / 海へ行こうか / なりすレコード / NRSD-1208
    DISC 1

  3. 柴田聡子 / 海へ行こうか / なりすレコード / NRSD-1208
    DISC 2

  4. 柴田聡子 / いじわる全集 / 柴田聡子 / SBTD-0002
    9曲目の途中まで

  5. ジョルジュ・プレートル/交響曲、管弦楽曲録音集 / ELATO / 9029595352
    CD16

  6. 柴田聡子 / いじわる全集 / 柴田聡子 / SBTD-0002
    9曲目の途中〜13曲目の途中

  7. ジョルジュ・プレートル/交響曲、管弦楽曲録音集 / ELATO / 9029595352
    CD17

  8. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 48



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日届いたCD&Blu-ray Disc

2016/12/24 18:55

画像

 まずCD。

  1. バンベルク交響楽団 創立70周年記念ボックス / Detscche Grammophon / 479 5805

  2. 上白石萌音 / chouchou / PONY CANYON / PCCA-04426

  3. ラスカルズ / アイランド・オブ・リアル / SONY / SICP 5141

  4. ポコ / カントリーロックの貴公子、ポコ誕生! / epic / SICP 5152

  5. ポコ / epic / SICP 5153

  6. ポコ / ライブ・ポコ / epic / SICP 5154

  7. ロジャー・ニコルズ・トレジャリー[デモ&CMトラックス] / Victor Entertainment / VICP-65430〜1


 続いてBlu-ray Disc。

  1. ザ・ビートルズ / EIGHT DAYS A WEEK コレクターズ・エディション【3枚組】 / KADOKAWA / DAXA-5114


 さてさて、HMVオンラインからやってきた今年最後の荷物。注文していたCDとBlu-ray Discだ。今回はビートルズの映画のBlu-ray Discの発売に合わせて届いたという事だ。


 ビートルズもだけど、ぢつは、今回の目玉は10月に出ていたのに買って無かった上白石萌音のミニアルバム。数年前に彼女の映画デビュー作で歌声を聞いて以来虜になっていたのだが、やっと聴ける。これは本当に愉しみ。


 そして、やっとCD化されたポコの初期作品も愉しみ。


 なんか「愉しみ」が多い事だ。
広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/12/24 17:29

  1. ジョルジュ・プレートル/交響曲、管弦楽曲録音集 / ELATO / 9029595352
    CD14

  2. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 8872541842
    ブラック・スワンズ・アンド・ワームホール・ウィザーズの1曲目の途中以降

  3. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 8872541842
    アンストッパブル・モメンタム

  4. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 8872541842
    BONUS CD

  5. ザ・キース・エマーソン・トリオ / Emersongs Ltd. / DUPG207
    3曲目の途中まで

  6. ジョルジュ・プレートル/交響曲、管弦楽曲録音集 / ELATO / 9029595352
    CD15

  7. ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団エディション / DECCA / 4786756
    CD 47



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


洋服のはるやまにてスーツを2着買った話

2016/12/23 20:47
 先日も書いたが、2着修復不能ということでダメとしたスーツ。


 今日その替わりを買いに行った。


 別にこだわりがある訳ではないが、ここ15年くらいずっと「洋服のはるやま」でスーツを買っているので、今回も自然に足が向いたという事だ。


 ぢつは、調べてみたら5年振りのスーツ購入のようだ。


 今日買った理由は、裾上げ等を頼んでも年内に仕上がる可能性があるからだ。


 で、驚いたのはこの5年の間にスーツのサイズに対する大体の感覚が変わっていること。スーツというと肩幅が大きめの作りなんだけど、昨今は肩幅がジャストフィットするような格好になっているようだ。なので、全体的にサイズ以上に細身に見えるし、シルエットも体の線に寄り添っている。


 そんななので、いつも買っていたサイズよりも一つ太めのサイズでちょうど良いくらいだ。これは店の人も言っていたのだけど、殆どの人が一つサイズが太くなっているらしい。


 で、そんな中で2着買った。で、こういう店でよくやっている下取りセールについては、今回買ったスーツの値札に付いている割引の方が率が良かったので、下取りはして貰ったけど、ポイントカードのポイントとしたくらいにしておいた。


 後、胸ポケットに入れているボールペンで汚してしまったYシャツの替わりをついでに買おうと思って3枚程買った。さらに、スーツをを買ったら500円でセーターが買えるということで1枚買った。このセーターについては、「セーターもいかがですか!」ってセールスに乗っかった形なので「美味しい客」を演じた形になっている。でも良いよね。ちょうど欲しかったし、利害が一致した訳だから。

画像

 という事で、来年から早速冬用のスーツは元の6着ローテーションに戻る。後は春秋用の間物のスーツに何着かダメなのがあるのでそれを時期になたったら買い換えるかなと思っている。


 ところで、はるやまってスーツにしてもYシャツにしても、盛んに宣伝しているノで知ってはいたけど、「ストレス対策」を本気で打ち出しているようだね。


 なので、体にフィットするシルエットのスーツでも非常にゆったり着ることが出来る。なので、サイズは無理せずピッタリあったモノを選ぶようにすれば服に締め付けられてストレスが溜まることがないように作ってあるようだ。


 個人的には、一日中着っぱなしで仕事をするのでこういう対策のとられたスーツやYシャツは有り難い。


 多分、ここ10年くらいだろうか、ゆったりしたスーツではなく体にピッタリしたスーツが好まれる傾向を受けて「そんな感じのモノ」ばかりになったノで、こういう対策がとられていると言うことだろうと思う。


 まぁ、色々考えることです。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる