アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
日記の部屋
ブログ紹介
音楽と写真の事が中心ですが、
日常の細々としたことも・・・・・・。
音楽は聴くのが専門なので、買ったCDのことや、聴いたCDのことなど。
写真は見るのが専門ですが、撮ってもいます。
休みごとにカメラを持って出掛けます。
zoom RSS

シネマ尾道にて「下衆の愛」を観た

2016/10/01 23:56

画像

 岡野真也目当てで観にいった。


 結論からいうと大満足。


 数年前の相棒にゲスト出演する彼女を観て虜になって以来、「ハードナッツ」とか「アゲイン」とかいったドラマでのバイプレーヤーとして再会することがあったが、映画館で彼女に巡り会うことはなかった。それがやっと巡り会うことが出来た。


 元々振り幅の大きい演技が特徴の役者さんなので、その特徴をひたすら堪能出来る映画だった。


 さて、この映画は「主人公の映画監督が色々あってやる気を取り戻す」 というストーリーなんだけど、題名にもある通り、とにかく登場人物がとにかく「下衆」、主要登場人物は一人を除いてみんなそう。本当はもう一人違う人物がいたのだけど、色々あって仲間入りを果たす。


 ただ、これ映画業界の「下衆」名部分をデフォルメした映画なので多分に楽屋落ち的な内容だけど、ブラックコメディなので徹底して笑わせてくれた作りなので救われた。


 後、ラストは賛否両論有るけど、高校や大学の映研を舞台にした青春映画とは違うので、このラストも個人的にはありだと思う。ただ、このラストはそのちょっと前の出来事を無にするラストなので「そこ」は引っかかったが・・・・・・。


 それにしても、冒頭で書いた岡野真也を始め、個人的に好みの役者が主要メンバーとして出ている。主人公の映画監督を渋川清彦はもとより、悪役でない忍成修吾とか、監督役で出ていた3人(木下ほうか、古舘寛治、津田寛治)がそれぞれ凄まじいまでの個性を放ち脇役パワーを漲らせていた、この映画の重要なキーパーソン役に細田善彦が出ていて、これまた強烈な我を感じることが出来た。


 こういう「キャスティングの妙」も有る映画だった。

画像


広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/10/01 21:22

  1. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    アンストッパブル・モメンタム

  2. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    BONUS CD

  3. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 19



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ザ・キース・エマーソン・トリオ「ザ・キース・エマーソン・トリオ」

2016/09/30 18:49
 去年の春に出てやっと買うことになった。


 キース・エマーソンのデビュー前の音源をCD化したものだ。


 その名の通り、3人によるジャズの演奏。コルトレーンが好きなメンバーがいたらしく、その辺りが目立つ。かなりオーソドックスな演奏だけど、キースのオリジナル曲になると突然ロックンロールになるのが面白い。でも、こういう懐の深さは当時のイギリスのミュージシャンの共通の事なんだろうな。


 たまたまジャズの好きなメンバーが集まったので「こういう」音になっただけで、キース・エマーソンのその後を考えると、彼の一面を窺えて、ファンにとっては嬉しい一枚だと思う。


 演奏自体は、みんな「それなり」だけど、心の底からジャズを楽しんでいる感が伝わってくる。


 これはなかなか良いCDだった。


 彼が最後に「これ」を公表してくれたのは大きいと思う。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/30 18:27

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 18

  2. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    ブラック・スワンズ・アンド・ワームホール・ウィザーズ



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日届いた新品CD

2016/09/29 20:03
 今日は、今月届くように注文した分と来月届くように注文した分が届いたんだね。


 まずは、今月分。

画像


  1. シャルル・ミュンシュ/RCAアルバム・コレクション全集 / RCA / 88875169792

  2. レッド・ツェッペリン / コンプリートBBCライヴ(スーパー・デラックス・エディション) / ATRANTIC / WPZR-30740/8

  3. カンサス / 暗黙の序曲 / Inside Out Music / SICP 30999


 なんといっても、ゼップのリマスターシリーズ最後の砦がリリースされた。これで終わりかな?後は、久々のカンサスの新譜とミュンシュのRCA全録音集。特にミュンシュのはずっとリリースを待っていたもの。宝物を手に入れる事が出来た。


 続いて、来月の既入荷分。

画像


  1. レオン・ラッセル/ レオン・ライヴ!! / Capitol / UICY-15528/9

  2. ジョルジュ・プレートル/交響曲、管弦楽曲録音集 / ELATO / 9029595352

  3. アルミン・ジョルダン/フランス管弦楽曲録音集 / ELATO / 9029595353

  4. ジョー・サウス / イントロスペクト +2 / Capitol / UICY-15559

  5. ジョー・サウス / 孤独の影 +1 / Capitol / UICY-15560

  6. ジョー・サウス / これぞスワンプ・ロック / Capitol / UICY-15561

  7. ジャッキー・ロマックス / 愛ある世界 / Capitol / UICY-15562

  8. ジャッキー・ロマックス / ディド・ユー・エヴァー・ハヴ・ザット・フィーリング / Capitol / UICY-15563


 まぁ、色々あるけどジョー・サウスかな。やっと買ったよ。もう、これに尽きる。彼を今まで聴いてこなかったのには理由がないからね。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/29 18:01

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 17



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年9月24日の写真(月下美人)

2016/09/28 20:04
画像


2年連続で咲いた
今年の写真は一工夫

OLYMPUS E-620 + SIGMA 105mm F2.8 EX DG MACRO
撮影モード: 絞り優先
シャッター速度: 1/20秒
絞り値: F2.8
露出補正: 1.0EV
ISO感度: 100
ホワイトバランス: 4500K
階調: ハイキー
仕上がり: Flat
アートフィルター: トイフォト

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/28 18:03

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 16



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ザ・ビートルズの7月にVIVIDからリリースされた3枚のCD

2016/09/27 19:03
 7月にVIVIDが輸入盤国内仕様の形でビートルズのCDを3枚リリースした。


「ザ・ロスト・デッカ・テープス」
「ザ・ロスト・スタジオ・セッションズ」
「グレイテスト・ヒッツ・ライヴ・オン・エア 1963-'64」


 という3枚だけど、これは日本において著作権の権利が切れる50年に1965年以前が掛かったことにより、その辺りの音源だったらAPPLEに気兼ねなくリリースできるという事情があって、同じような事情でリリースできたCDがイギリスにあったので輸入してリリースしてみましたってもののようだ。


 デッカのオーディション音源とかなんかは、本家が「アンソロジー1」で既に20年前にかなりの高音質で聞ける状況にあるので、これはこれで「それなり」の音質でリマスターされているが、コンプリート音源のリリースというところに価値を見出だすしかない。


 しかし、何にしても、本来の権利者の、如何に著作権切れとはいえ、利益とならないのに一番の問題がある。買ってしまってから「こう」言うのも何だけど、コンピレーションの妙は評価できるけど、それが権利者の「売りたいポイント」と合致するかどうかわからないというジレンマは抱えていかなければならないだろうね。


 ただ、買う側としては良いコンピレーションのもがリリースされれば欲しくなるし、買ってしまう。これが今回の一方的な結論だ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/27 18:12

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 15



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


グラハム・ナッシュ「THIS PATH TONIGHT」

2016/09/26 23:40
 7月に買ったCDでまだこのブログにエントリーしていなかった最後のアルバムについて。


 グラハム・ナッシュの5thソロアルバムだ。


 これは全10曲のアルバムだけど、このアルバム用には20曲作っての10曲収録だそうなので、正に「厳選された」曲という事になるかな。


 因みに、残り10曲の内から3曲をボーナストラックとして付けているエディションもあるようだけど、今回は付録に昨年のコンサートをフル収録したDVDが付いているのを選んだ。


 内容は、非常に優しいアルバム。全体的に極めて英国的にマイナーキーの曲が延々と続く。カントリーやフォークと行ったアメリカの色は若干後退しているようだ。この辺りは前作「ソング・フォー・サヴァイバー」と同じ傾向といえる。ただ、前作よりさらにシンプルにより愁いを帯びたものとなっている。この辺は、今回のアルバム制作の相棒に抜擢したシェイン・フォンテインの影響が濃いのだろう。彼もイギリス人だし。


 という事で、一言で表すなら濃いアルバム。グラハム・ナッシュを骨の髄までしゃぶり尽くす人向けのアルバムだ。なので、いつものキャッチーなグラハム・ナッシュを期待すると肩すかしを食らう。


 さて、ボーナスDVDは昨年の6月に行われたコンサートのフルセットだった。これが単なるオマケとは思えない素晴らしいものだった・・・・・・。ライヴ自体はナッシュとシェイン・フォンテインの2人だけのシンプルなセットで行われたもの。シェイン・フォンテインは最初出てきた時、彼の顔を知らなかったものだから、「あれ?ピーター・バラカンってギターも弾くんだ・・・・・・」って。この間違いは仕方が無い。二人は兄弟だから・・・・・・。

 まぁ、それは良いとして、オープニングからいきなり「バス・ストップ」って反則だろうって・・・・・・。まぁ、アメリカでのライヴなので、アメリカでのこの曲の知名度を考えたら分からない選択肢だとは思うけど、そもそもこのライヴに足を運ぶ客層はグラハム・ナッシュが何者であるかは本人以上に知ってると思うのだけどねぇ・・・・・・。


 最後に自らの覚え書きとしてDVDのセットリストを載せておく。


  1. バス・ストップ(ホリーズシングル曲目)

  2. キング・ミダス・イン・リヴァース(ホリーズシングル曲目)

  3. ユースト・ビー・ア・キング(ソングス・フォー・ビギナーズ収録曲)

  4. マラケッシュ行急行(クロスビー、スティルス&ナッシュ収録曲)

  5. イミグレーション・マングラハム・ナッシュ=デイヴィッド・クロスビー(収録曲)

  6. GOLDEN DAYS(THIS PATH TONIGHT収録曲)

  7. MYSELF AT LAST(THIS PATH TONIGHT収録曲)

  8. 時は流れても(デイライト・アゲイン収録曲)

  9. ウインド・オン・ザ・ウォーター(ウインド・オン・ザ・ウォーター収録曲)

  10. 僕達の家(デジャ・ヴ収録曲)

  11. 狂気の軍隊(ソングス・フォー・ビギナーズ収録曲)

  12. シンプル・マン(ソングス・フォー・ビギナーズ収録曲)

  13. マルガリータ(ウィスリング・ダウン・ザ・ワイアー収録曲)

  14. テイクン・アット・オール(ウィスリング・ダウン・ザ・ワイアー収録曲)

  15. WATCH OUT FOR THE WIN(THIS PATH TONIGHTボーナストラック)

  16. ジャスト・ア・ソング(ビフォー・アイ・ゴー)(CSN収録曲)

  17. 大聖堂(CSN収録曲)

  18. シカゴ(ソングス・フォー・ビギナーズ収録曲)

  19. ブラックバード

  20. ティーチ・ユア・チルドレン(デジャ・ヴ収録曲)



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/26 19:50

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 14



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


福山コロナシネマワールドにて「真田十勇士」を観た

2016/09/25 18:46

画像

 という事で、昨日観に行った映画について。


 堤幸彦版「真田十勇士」観に行ってきた。


 というかマキノノゾミ版「真田十勇士」といった方が良いか?


 舞台、映画、小説という3つの媒体でもって行われるプロジェクトで、脚本マキノノゾミ、演出堤幸彦というコンビは変わらない。根っこはどちらかは分からないが、演出の色が濃く反映されやすい映画では堤幸彦の色が濃いと考えている。


 とにかく、大風呂敷広げて物語が作られて、ギミックもあり、微妙な笑いもある堤ワールドがこの映画でも展開されている。


 で、この映画は戦国時代末期の戦いの物語なので、大がかりな合戦のシーンがあり、そこは物量投入でギミックは最小限に抑えて生の迫力を見せてくれる。ここは素晴らしい。昔の映画人海戦術を駆使して迫力有る合戦のシーンを作っていたが「それ」と同じ事をしていた。


 そして、登場人物が多いのだが、いちいちぴったりはまったキャスティングだと思った。舞台版とは一部異なるキャスティングだけど、スケジュールの都合で合わせられなかったのだろうけど、しっかりキャスティングにあった演出がなされていたと思う。


 最後に、この作品のテーマがなんといっても素晴らしいし。いちいち頷いてしまうようなことだった。どんなテーマかは映画を観て知って欲しいけど、人間生きていく上で「この事」は絶対にいつか問題になってくる。


 という事だ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/25 17:30
 昨日はブログのエントリをしたいものがあったモノのせずにいたので、今日はこれから書こう。


  1. グラハム・ナッシュ / THIS PATH TONIGHT / BLUE CASTEL RECORDS / BCR 2516-7

  2. ジェフ・ベック / ラウド・ヘイラー / Deuce Music / WPCR-17361

  3. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    スーパー・コロッサル

  4. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    プロフェッサー

  5. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 13



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/24 18:36

  1. グラハム・ナッシュ / THIS PATH TONIGHT / BLUE CASTEL RECORDS / BCR 2516-7

  2. ジェフ・ベック / ラウド・ヘイラー / Deuce Music / WPCR-17361

  3. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 12



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広島カープのCSチケット争奪戦に負けた

2016/09/23 18:23
 悲しいねぇ。


 万全の体制で臨んだのに、繋がりもしない。


 サーバを管理した経験を持つ身としては、


 嗚呼、サーバがひたすらビジー状態だったんだろうなと・・・・・・。


 という事で、今回はテレビの前のSS席で(しかも実況・解説付き)応援する。


 怨み言はいっぱい有るけど、「言わぬが華」でしょう。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/23 18:16

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 11

  2. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    イズ・ゼア・ラヴ・イン・スペース?



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビにて「HK 変態仮面」を観た

2016/09/23 00:25
 5月に新作映画の上映に合わせて前作をテレビ放映したのだけど、そいつをレコーダーで録っておいて今日やっと観ることが出来た。


 前は映画館に観に行かなかったので、今回が初だ。


 まぁ、福田雄一の作品なので外れはないだろうと思っていたが、予想以上に良い作品だった。


 というのが、元々この映画の主役である変態仮面の役は小栗旬が担当することになってい他のだけど、諸般の事情で鈴木亮平になったという噂を耳にしていて、「変態仮面が小栗旬なら絶対最高だろう」けど鈴木亮平なら「どう」かな?なんて失礼なことを考えていた。


 でもそれは杞憂に終わった。


 鈴木亮平は素晴らしかった。彼が主演することによって原作の持つアメコミ風味がこの映画でもしっかりと出ていてヒーロー物好きの福田雄一の演出力が光る結果となったようだ。


 後、なんてたって、清水富美加が華を添えていた。というか、彼女のどちらかというと過剰なまでのエネルギッシュな演技が映画のテイストと合っていた。演技の感じはコスモ石油のCMのようなといったら分かりやすいか・・・・・・。


 そして、高畑充希がちょい役で出ているのを発見した。福田雄一は余程お気に入りなんだろうかなぁ・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/22 18:21

  1. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    フライング・イン・ア・ブルー・ドリーム

  2. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    ジ・エクストリーミスト−極−

  3. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    タイム・マシーン

  4. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    ジョー・サトリアーニ

  5. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    クリスタル・プラネット

  6. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    エンジンズ・オブ・クリエーション

  7. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422
    ストレンジ・ビューティフル・ミュージック

  8. キング・クリムゾン / ラディカル・アクション〜ライヴ・イン・ジャパン+モア / WOWOW ENTERTAINMENT / IEZP-108
    2

  9. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 10



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日届いた新品本

2016/09/21 21:41

画像


  1. あいカギ 1 犬上すくね ・・・ 小学館(サンデーGXコミックス)

  2. あいカギ 2 犬上すくね ・・・ 小学館(サンデーGXコミックス)

  3. あいカギ 3 犬上すくね ・・・ 小学館(サンデーGXコミックス)

  4. 千と万 ① ・・・ 双葉社(ACTION COMICS)

  5. バターナッツ! 1 犬上すくね ・・・ 小学館(サンデーGXコミックス)

  6. バターナッツ! 2 犬上すくね ・・・ 小学館(サンデーGXコミックス)

  7. 惰性67パーセント ① 紙魚丸 ・・・ 集英社(ヤングジャンプ コミックス・ウルトラ)

  8. 惰性67パーセント ② 紙魚丸 ・・・ 集英社(ヤングジャンプ コミックス・ウルトラ)

  9. 四月馬鹿 川辺蛙子 ・・・ 双葉社(ACTION COMICS)

  10. 冒険の森へ 傑作小説大全3 背徳の仔ら ・・・ 集英社

  11. バリ3探偵 圏内ちゃん 凸撃忌女即身仏事件 七尾与史 ・・・ 新潮社(新潮文庫nex)

  12. 蛇沢課長のM嬢 1 犬上すくね ・・・ 小学館(サンデーGXコミックス)

  13. 桐谷さん ちょっそれ食うんすか!? ① ぽんとごたんだ ・・・ 双葉社(ACTION COMICS)

  14. 千と万 ③ ・・・ 双葉社(ACTION COMICS)


 先日注文してすぐに届いた9月に買う本。今回は漫画と小説だけになったなぁ・・・・・・。しかも、今ごろ犬上すくねにはまって集めだす始末。他にも、色々手広く買っている。というのが、ここのところ買っているものが次から次へと最終巻が発刊されている状況なので新しいものを読みたくなった、それだけだ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/21 18:30

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 9



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


テレビにて「瀬戸内少年野球団」を観た

2016/09/20 19:00
 前の土曜日にテレビで放送していたのを観た。


 なんか、噂によると結構原作に忠実に作ったらしい。


 つまり、夏目雅子の遺作として歴史に名前の残った映画版のような刺激優先の作品ではなかった模様・・・・・・。むしろ、登場人物達の心の機微や葛藤を楽しむドラマとなっていた。


 そういうことをしっかり 飲み込んだら、なぜ野球か非常に腑に落ちる。


 主演の武井咲をはじめとするキャストもそれぞれの個性が活かせていると思った。本田望結は好き嫌いあるかもしれないが・・・・・・。


 人を描いたドラマで、良い人も悪い人もいて、環境や社会ばかりのせいにせず、自分の行いの責任の所在に葛藤し、今までの価値観が変わってぽっかり空いた穴に当てはめるピースとして野球を持ってくるという説得力。なんか、良かったね。


 ただ、登場人物みんな小綺麗すぎたのはご愛敬だけど・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/20 18:24

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 8



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


昨日(2016年9月18日)届いた新品CD

2016/09/19 19:40

画像


  1. ジョー・サトリアーニ / The Complete Studio Recordings / Epic / 88725418422

  2. ザ・キース・エマーソン・トリオ / Emersongs Ltd. / DUPG207

  3. エディ・ジョブソン&ズィンク / ザ・グリーン・アルバム +1 / Capitol / UICY-25549

  4. ザ・ビートルズ / ザ・ロスト・デッカ・テープス / CODA / VSCD3301

  5. イ・プー / オペラ・プリマ / WARNER MUSIC / WPCR-17317

  6. >イ・プー /ミラノの映像 / WARNER MUSIC / WPCR-17318

  7. イ・プー / ロマン組曲 / WARNER MUSIC / WPCR-17320

  8. マウロ・パガーニ / 真夏の夜の夢 / WARNER MUSIC / WPCR-17321

  9. アラン・ホールズワース / ロード・ゲームス / WARNER MUSIC / WPCR-17327

  10. フィリップ・カテリーン / バベル / elektra / WPCR-17328

  11. イル・パエーゼ・デイ・バロッキ / 子供達の国 / WARNER MUSIC / WPCR-17340

  12. ラッコマンダータ・リチェヴータ・リトルノ / 水晶の世界 / WARNER MUSIC / WPCR-17342

  13. トリアーデ / 1998:サバツィオの物語 / WARNER MUSIC / WPCR-17343

  14. アルーザ・ファラックス / 私の奇妙な教育法について / WARNER MUSIC / WPCR-17345

  15. キング・クリムゾン / ラディカル・アクション〜ライヴ・イン・ジャパン+モア / WOWOW ENTERTAINMENT / IEZP-108


 8月に注文していたものがやっと届いた。1つだけまだ入荷していないものがあるのでそれは別便という事で。


 しかし、今回の目玉はクリムゾンのニューライヴアルバムだけど、それより何より、ワーナーのプログレアルバムシリーズのリリースが再開となった。で、今回は7月の第3弾分と8月の第4弾分で欲しい物を買った。そうしたら、結果イタリアンロックが大半となった。これ、さらに続いて欲しいなぁ・・・・・・。イ・プーなんて、これだけといわずに、70年代後半以降今に至るまでのものを出して欲しいなぁ・・・・・・。まぁ、そうすると「それ」だけで何十枚になるのだけどね・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/19 18:54

  1. ザ・キース・エマーソン・トリオ / Emersongs Ltd. / DUPG207

  2. フィリップ・カテリーン / バベル / elektra / WPCR-17328

  3. エディ・ジョブソン&ズィンク / ザ・グリーン・アルバム +1 / Capitol / UICY-25549

  4. イ・プー / オペラ・プリマ / WARNER MUSIC / WPCR-17317

  5. キング・クリムゾン / ラディカル・アクション〜ライヴ・イン・ジャパン+モア / WOWOW ENTERTAINMENT / IEZP-108

  6. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 7



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


シネマ尾道にて「蔦監督−高校野球を変えた男の真実−」を観た(今日買った新品Blu-ray Disc)

2016/09/18 20:29

画像

 今日は、映画「蔦監督−高校野球を変えた男の真実−」の無料上映会の日だったので行ってきた。高校野球の映像を素材として扱うので商業ベースに載せられないのは分かる。分かるが、やはり、お金を払って観たかったというのが本音。ドキュメンタリーの対象に真摯に向き合い作られた映画なので、スタッフが今後の映画を制作していったりするためとか、泥臭い話になるけど、スタッフは仕事でこの映画を作ったので、当然その対価は支払わられなければならない。この状況なんとかならないものかねぇ・・・・・・。


 さて、この映画観に行った最大の理由は監督の蔦哲一朗の前作「祖谷物語−おくのひと−」が凄く面白くて、監督の祖父のドキュメンタリーを新作として上映するという事だったので、シネマ尾道での上映決定を一日千秋の思いで待っていた。で、決まったので観にいったという事だ。孫が、高校野球史上にその名を残す祖父蔦文也の映画を作るということで、否応なしに期待させられていた。


 個人的には蔦文也といえば畠山や水野が活躍した時代から記憶にある。というか、この頃に小学生だったので、夏休みといえば甲子園の中継を観ていることが多かった。なので、有名校の情報は自然と頭にインプットされていたので、当然池田高校もその中の一つ。なので、甲子園常連の名物監督の一人という印象を今でも持っている。


 で、この映画は人間蔦文也をあぶり出す映画になっているようで、その実、蔦文也の人生をなぞると、その物語の主役は妻の蔦キミ子である事が分かった。インタビューを受けている晩年の蔦キミ子、このインタビューがある意味この映画の主軸ともいえる。そして、これはまた、彼女の晩年を切り取ったドキュメンタリーでも有る。この辺は監督が上映終了後の挨拶でも「祖母の映画である」旨語っていた。


 2時間にわたるドキュメンタリーだったが、野球好きの私にとっては、今まで自分が持っていた蔦文也のパブリックイメージは壊れることはなかった。むしろ曖昧だった部分をはっきりとさせてくれたことは大きい。


 願わくば、この映画がもっともっと沢山の上映機会に恵まれるように切に願う。


 さて、そんな中、上映後に前作「祖谷物語−おくのひと−」のソフトを物販ということで販売していた。たまたま買う機会をうかがっていたものなので、この際だからとBlu-ray Disc版を買った。

画像


  1. 祖谷物語−おくのひと− / style jam / PCXE-50540


 そうしたら、監督にサインをしてもらえて、まともに話をすることが出来なかったのだけど、嬉しかったなということで・・・・・・。で、日付を入れるのに年を間違他という事があったのだけど、そういうのもなんか嬉しかった。これはインスタでも書いた事だけど、大事なことなので「ここ」でも書いておく。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/18 18:35
 こちらが今日聴いたCD。今日もぢつはほぼ聴いていない。という事で、こちらも後から追加予定。


  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 6



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


昨日(2016年9月17日)聴いたCD

2016/09/18 18:32
 昨日は、そういえば、色々あって何もしていないので、ここで昨日聴いたCDだけ書いておくが、これもちょっと後から追加する予定。


  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 5



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年十三度目の野球観戦、カープ対ドラゴンズ戦

2016/09/16 22:00
 優勝後に初めて観に行った試合だった。というか、今日急遽観に行くことが決まってバタバタと観に行ったが、日本一を目指しているチームのモチベーションの高さというか、チームない競争の激しさをまざまざと見せ付けられた。


 結果は一挙6点のビッグイニングと2点だめ押しで8対0と完封リレーでの勝利。球数が少なかったので先発の野村には完封目指して投げて欲しい想いだったのだけど、「そう」はしなかった。ここは広島ベンチ大人の采配で、それよりも大量得点差の付いた9回表にCSに向けての試しという事で、塹江を投入した。今回はショートのナイス守備もあって0点に抑えた。これでCSに向けて上手く彼も調整してくれれば選手層が厚くなって、より敵に重圧感を与えられるチームになるのだろうけどね。


 とにかく、降ってわいたような楽しい夜を過ごす事が出来た。特にカープがしっかりとCSや「その先」の日本シリーズに向けて選手のみ極めを行いつつ戦っている姿を観ることが出来たので嬉しかった。そして、選手もしっかりアピール合戦状態だし、こういう所に強さの秘訣を見た気がする。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/16 21:39

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 4



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広島カープの優勝セレモニー

2016/09/15 22:47
 10日にリーグ優勝したのが東京ドームで、それがロードの始まりで、ほぼ一週間振りに地元に帰ってきた。


 今日は午前中に新幹線で帰ってきたのだが、広島駅に凱旋ということでそれだけで一騒ぎとなっていた。


 で、前々から、今日の試合終了後にセレモニーが行われるということで、ちょうどテレビ中継もある事だし、ついさっき終了するまで観ていた。


 しかし、こういった試合終了後のイベントは、試合に勝って行うと格別だね。


 例えば、前田の引退試合の試合後のセレモニーを例に出すまでもなく、イベント自体は粛々と行われるものの、どうも球場全体の雰囲気がイベントに集中し始めるまで時間が掛かってしまう。


 そういう意味では今日は勝てて良かった。


 投手5人の完封リレーで、先制、中押し、駄目押しときっちり点を入れることも出来て5対0で快勝。こういうある意味プレッシャーの掛かる試合で読売相手にしっかりセオリー通りに勝てたことが大きい。投手だって、漸く先発復帰の岡田が5回まで、その後カピバラ三兄弟が三男→長男→次男のリレーの駄目押しでリードが広がったのでラストはオスカルという、今後日本一になるまで活躍し続けて欲しい人材がしっかりと無失点を貫き通してくれた。翻って打撃陣は特に終盤8回の駄目押しが大きかった。それまでずっと1対0で来て7回のチャンスにやっと入った1点、2点で不安だからもう1点欲しいところでチャンスが生まれて3点取る。最後のオスカルの投球が何より。日曜日にふがいない投球をしてしまった事に対する「やってやる」という感情が伝わってきたし、安部と田中の見事な連係プレーで内野ゴロにバッターを仕留めるという今期を象徴する高レベルの守備も観ることが出来た。そんな訳で、今季のカープらしい勝ち方だった。


 しかしまぁ、25年振りに観る、ペナントを持って球場一周は感激だね。


 後、最後のみんなで環になって、その真ん中で小窪選手会長が万歳三回を先導したのが良かったね。私もテレビの前で万歳しましたよ。あれアドリブらしいけど、今季のマツダスタジアムだからこそ出来た一体感のある万歳だったね。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/15 18:18

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 3

  2. チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァー / リターンズ〜リユニオン・ライブ / EAGLE ROCK ENTERTAINMENT LTD. /VACM-1368/69
    CD TWO



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


月刊平凡 GOLDEN BEST!! Vol.1 河合奈保子写真集 再会の夏

2016/09/14 23:32
 7月の終わりだったか、この本の出るのを知って、急に欲求が頭を擡げてきて8月に到着する分に混ぜて買った。


 河合奈保子好きだったっけ・・・・・・。


 って自問自答しても何も浮かばない。


 ただ、自分が物心ついたばかりの頃に既に活躍していた人だなという印象。


 嫌いでは無かったな。


 多分これが全て。


 さて、この写真集は、多分このような人間に向けての写真集では無いと思う。昔からのファンか、最近魅力に気付いた人向けだろう。中をめくってみてそう感じた。


 「話題の!」


 ってだけで飛びつく類いのもので無いと・・・・・・。


 でも、結論は飛びついて良かった・・・・・・、という事。


 昔から一定数いた「歌で勝負するアイドル」の内の一人というか「アイドルの皮を被ったSSW」というか、多分最近の彼女に対する評価ってこういう感じだろうが、その彼女がもう一つ売りにしているグラビアの魅力が端的にコンパクトに詰め込まれていた。


 今も昔も変わらないが、華奢というか儚げというか、そういったキーワードがアイドルの代名詞だけど、彼女は良い意味でグラビア映えするムッチリというかグラマーというか、どちらかというとそのグラビアで食っているグラビアモデルと充分に渡り合える存在だった。


 それが詰まってるの。


 とにかくひたすらに。


 平凡のグラビアからのベストショットで彼女の80年代がなんか、上手く再現されている。これが全て手では無いけど、彼女の一部は確実に表せていると思う。


 そんな素晴らしい写真集だ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/14 21:43

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 2

  2. チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァー / 第7銀河の賛歌 / PolyGram / 825 336-2

  3. チック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァー / リターンズ〜リユニオン・ライブ / EAGLE ROCK ENTERTAINMENT LTD. /VACM-1368/69
    CD ONE



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ディオ「A DECADE OF DIO: 1983-1993」

2016/09/13 19:49
 再び7月に届くように注文したCDの話に戻る。


 とはいえ、今回は届くのが遅れ、8月半ばの入手となったディオの6枚組廉価ボックス。


 これで、ディオのワーナー時代がスタジオ作についてはコンプリートとなる。


 個人的には、そもそもヘヴィメタが苦手なので、もっとも遠いところに本来なら位置付けられるバンドなんだけど、ディオは違う。でも、今まで聴いたことがなかったのだけど・・・・・・。


 やはり、初期レインボー好きとしては「これ」ははずせない。


 NWOBHM色の強い・・・・・・、というよりそのど真ん中にあった1st〜3rdも、表面的には確かにNWOBHMなんだけど、その根底にはレインボーやブラック・サバスがちゃんと聞き取れるので面白い。というか、1stは楽曲、歌い方共にレインボーファンであることを試されているかのようだった(特にタイトルトラックとか)。


 4th移行は、急激にアメリカナイズされていくけど、スラッシュ辺りが出てきた頃なのである意味、きちんと時代の流れに沿う事が出来た1st〜3rdまでと同じく、しっかり流れを読んでの事だと思う。発売当初クランジ・オルタナに寄りすぎと批判されたのだって、実は「寄り」はそれ程ではなく、むしろ当時のメタリカやパンテラやヘルメットなんかのサウンドに近い音を出していてこれまた好みの直系だったりする。


 ということで、時代性については、まぁ、人によって色々あるだろうけど、個人的にはほぼokだったな。


 ただ、アルバムが進むにつれて段々とキャッチーさを失っていったのが何とも言えなかった。ロニーの良さの一つにとんでもない程のポップってのがあるのに・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/13 18:48

  1. マゼール指揮クリーヴランド管演奏 / デッカ録音全集 / DECCA / 478 7779
    CD 1

  2. リターン・トゥ・フォーエヴァー / Complete Columbia Albums Collection / SONY / 7883192
    CD 1

  3. ニュー・トロルス / ライヴ / MAGMA / ARC-7025



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ザ・ビートルズ「ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル」

2016/09/12 18:39
 今月の22日からだっけ?全国順次上映開始の映画「エイト・デイズ・ア・ウィーク」に併せて発売となったライヴアルバムだけど、映画の公開記念にリリースするのがなんともニクいし、そもそも待望の作品だっただけに個人的にもすごく嬉しい。発売日に手に入れる事が出来るように注文し、目論み通り届き聴いたので、本の少しだけ残しておきたい。


 ビートルズが1977年に公式にリリースした唯一のライヴアルバムでCDになっていなかった「ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ」のCDがコレ。ジャケットは映画のポスターに準じたデザインとなっているが収録曲が「ザ・ビートルズ・スーパー・ライヴ」の収録曲にボーナストラック付きとなっているので39年の時を経てのCD化ということになる。


 初めて聴く。


 噂に聞いてはいたがここまで凄いとは・・・・・・。


 何が凄いって・・・・・・、


 それは観客の歓声。


 とにかく黄色い声が延々鳴り響いて演奏と同等か、時には大きいくらい。その様な中で、モニタースピーカもないような貧弱な設備で演奏しているものだから、時に「おや?」って思う事はあるけど、全体的に凄まじい歓声で自分達の音も聞こえない環境できっちりとした演奏が出来たものだと感心させられた。


 それよりも、この歓声の中からビートルズの音を拾い上げて商品としてリリースできるレベルにまで持ってきたジョージ・マーティンとジェフ・エメリックには、敬意を表したい。というか、これぞプロの仕事だよね。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/12 18:12

  1. スヴェトラーノフ指揮ソ連国立響演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲第1、5、6、7、9番、『森の歌』、祝典序曲 / Venezia / CDVE00029
    CD. 4

  2. ニュー・トロルス / コンチェルト・グロッソ / Nuova Fonit Cetra / ARC-7063(WQCP-165)

  3. ニュー・トロルス / 遙かな旅立ち / Nuova Fonit Cetra / ARC-7135(WQCP-365)

  4. ニュー・トロルス / セカンド・アルバム / Nuova Fonit Cetra / ARC-7136(WQCP-366)



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


シネマ尾道にて「マクベス」を観た

2016/09/11 22:20

画像

 久々に新作の洋画を見た気がする。


 しかも、「マクベス」。


 一応、原作は読んでるし、昔の映画も観ている(ポランスキー版)。


 でも、なんだろう・・・・・・、カープ特番を予約するために夜遅くまで起きていて寝不足の人間にとって冒頭のちょっと重鈍ともいえる展開には少しだけ眠気が来てしまった。


 ただ、白兵戦のシーンがまるでホラー映画の音響のようだったので、そこで引き戻された。


 この映画を観て気付いたことは「子供がキーワードだな」って事。


 これって、人間の内面の葛藤が外面へ具現化されて悲劇が展開知るという話なんだろうけど、中世の物語を叙事詩的に扱っていて、改めてシェイクスピア作品の演出次第でどうにでも表現できる余裕のある世界観を見せ付けられた。


 後、台詞が戯曲のそのままなので、これは重厚な演出とマッチしていて良かったね。物語の世界観に入り始めたら、この台詞出ないと集中力が持続しないだろうからね。


 ただ、かなりファンタジックでロマンティックな作りになっていたので、もうちっと猟奇的というか怪奇的というか、そういうモノであって欲しかったね。迫力のある殺陣とかが犠牲になっても構わないから・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/11 18:05

  1. スヴェトラーノフ指揮ソ連国立響演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲第1、5、6、7、9番、『森の歌』、祝典序曲 / Venezia / CDVE00029
    CD. 3



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


広島東洋カープ25年振り7度目のリーグ優勝

2016/09/10 23:05
 という事で、致しました。


 しかしながら、ペナントレースはまだ続いているし、今後CSがあり日本シリーズがあるので、4回目の日本一の瞬間まで気を抜かずに戦い抜いて欲しいし、我々ファンも鼓舞し続けていきたい。


 しかし今日はテレビ中継を観ていたが、優勝が決まってからのチームの皆さんの涙が印象に残った。特に、決まった長後のベンチでの石井琢朗コーチの泣く姿と、グラウンドで新井に抱きついて泣きじゃくる黒田に感極まったのか泣きつつ抱擁し返す新井と、グラウンド上での挨拶の後、ベンチに帰って目に涙を溜めつつスポーツドリンクを飲む菊池と・・・・・・、挙げればキリが無い。


 ただ、この後、テレビ各局が放送予定の優勝特番を録画したいのが、どうやって録画するのかな?そのことばかりが気になる。後、どこの局をチョイスすれば良いのか・・・・・・。広島県は民放4局有るけど、我が家のレコーダーは3チューナーなのでね。


 まぁ、なんにしても今夜は素直におめでとうといいたい。個人的には初優勝の時以外は記憶にあるのだけど、ここまで苦しんで苦しんでの優勝はやはり格別だから・・・・・・。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/10 22:13

  1. ザ・ビートルズ / ザ・ロスト・スタジオ・セッションズ / Coda / VSCD3302

  2. ザ・ビートルズ / グレイテスト・ヒッツ・ライヴ・オン・エア 1963-'64 / Coda / VSCD3303

  3. スヴェトラーノフ指揮ソ連国立響演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲第1、5、6、7、9番、『森の歌』、祝典序曲 / Venezia / CDVE00029
    CD. 2



広島ブログ
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


今日届いた新品CD

2016/09/09 22:14
画像


  1. ザ・ビートルズ / ザ・ロスト・スタジオ・セッションズ / Coda / VSCD3302

  2. ザ・ビートルズ / グレイテスト・ヒッツ・ライヴ・オン・エア 1963-'64 / Coda / VSCD3303

  3. ザ・ビートルズ / ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル / Apple / UICY-15566


 今日はビートルズのCDの発売日。注文しようと思いたまたまあった別の口と一緒に合わせた。


 しかし、「ハリウッド・ボウル」がやっと出るねぇ。オリジナルとジャケットが違っているのでどの様になってくるのかが心配だけど、今時分のリイシューなので、それほど悪くはないだろうね。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/09 18:08

  1. ザ・ビートルズ / ライヴ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル / Apple / UICY-15566

  2. スヴェトラーノフ指揮ソ連国立響演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲第1、5、6、7、9番、『森の歌』、祝典序曲 / Venezia / CDVE00029
    CD. 1



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年十二度目の野球観戦、カープ対ドラゴンズ戦

2016/09/08 22:32

画像

 マジック2で迎えた日の試合。勝つには勝ったが、球場は負けた雰囲気だった。因みに、マジックは1に減ったので、色々あったけど頑張ったカープは讃えたい。


 しかし、今日は始めから観客達はソワソワ。


 カープの勝利は信じているので、集中力が他に削がれている。


 当然マジック2なので気になるのはマジック対象チームの動向。


 甲子園でタイガースを相手にする読売軍の事ばかり気にしていた。何で分かるかというと、ネット上の試合経過の速報になかなか繋がらないからだ。


 で、途中タイガースがリードすると大歓声。だけど、逆転されると球場のテンションがダダ滑り。敗けが決まるともうお通夜状態。さぞ、かーぷも、ドラゴンズもやりにくかっただろう。


 でも、基本的にみんなしっかり応援していたので、カープはそれに応えてくれた。これで地元でのリーグ優勝の可能性は多分ないと思うが、他の球場でもカープは自分達らしさを発揮して優勝してくれると思う。


 でも、今日はみんな一長一短ある内容だったので、ヒーローインタビューに答える人が決まるまで凄い時間が掛かったよ。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/08 22:18

  1. デッカ・フェイズ4ステレオ・ボックス / DECCA / 478 6769
    BONUS CD



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


イエス「THE STUDIO ALBUMS 1969-1987」

2016/09/07 20:00
 今日は7月に届いて聴き終えたCDについて書き残す。


 イエスのATRANTIC時代のスタジオアルバムをワンセットにした箱もの。全て現行のリマスター作品で編まれている。個人的には旧規格盤でスタジオ作品は揃えていて、そのセットは愛着があるので買い換えていなかった。でも、廉価盤2枚ほどの値段でこの箱が買えるのでいつか欲しいと思って今回手にいれたのだった。


 リマスターはさすがライノの手によるモノだ。スッキリした聴きやすい音になっている。まぁ、現代的と言えばそれまでだが、CDというソースの性質を考えるとこれは好ましい傾向。私の持ってるのはアナログの質感が良くも悪くもマスターの問題で残ってるのでね。


 これは「イエスのアルバムを取り敢えず集めたいけど12枚(CDの枚数だと13枚)も集めるのはへヴィーだなぁ」って人に最適だ。一気に集めることが出きるし、決して玉石混淆ではなく全て玉な事は間違いないのでね・・・・・・。


 このセットを家で聴く専用にして、もう一つの方をリッピングしてスマホに入れて聴こうかなと思っている。ただ、シリーズはスタジオ盤だけでなく、ライヴ盤やベスト盤も含んでいてまだ全て揃えていないので全て揃えてかな。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今日聴いたCD

2016/09/07 18:59

  1. デッカ・フェイズ4ステレオ・ボックス / DECCA / 478 6769
    CD 40



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


2016年十一度目の野球観戦、カープ対ドラゴンズ戦

2016/09/06 21:45

画像

 取り敢えず勝った。


 マジックも3に自力でした。


 先発のジョンソンも、他のみんなも頑張ってもぎ取った処理だった。


 しかし、今日は観客が最悪だった。


 問題は9回の表。最後のドラゴンズの攻撃だったのだけど観客の中からウェーブをするやつが出てきた。個人でその仲間内でしている分にはまだしも、それを球場全体に波及させようと躍起になり始めた。そして、試合の流れと関係のないウェーブと歓声。そもそもドラゴンズの攻撃に声援を送るファンに失礼だし、それ以上に、試合そっちのけで遊ぶなんて、両軍の選手に失礼極まりない。そりゃぁ、球場には遊びに来ているのは分かるよ。それは否定しないけど、手前勝手に遊ぶ場所ではなく、グランドで行われている試合を楽しむ場なんだから、そこは考えて欲しい。


 ウェーブが起こっている間、恥ずかしくて顔を上げられなかったよ。


 当然、この行為が危険な行為で禁止されている事は知っているし、私も「駄目だ」って声をあげられなかったので偉そうな事は言えないのだけどね。


 でも、次からは止めようよ。


 って事は、このブログに記しておきたい。

広島ブログ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


今日聴いたCD

2016/09/06 21:28

  1. デッカ・フェイズ4ステレオ・ボックス / DECCA / 478 6769
    CD 39



広島ブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

日記の部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる