フィル・ミラー「アウト・オブ・ザ・ブルー」、イン・カフーツ「ライヴ・イン・ジャパン」

 聴いたCDについて。  フィル・ミラーの、というより、イン・カフーツんおアルバム2枚。  1993年の日本でのライヴと2001年のスタジオ録音盤。  間が随分開いているアルバム2枚だけど、メンバーが一緒という稀有な存在。  そもそもフィル・ミラーのソロプロジェクトなので彼以外はメンバーは流動的と思いきや、意外とかっちりしていたという。  大体、…

続きを読む

エルヴィス・コステロ「ディス・イヤーズ・モデル」、エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ「アームド・フォーセス」

 今日は聴いたCDについて。  今年の初めに中古で買ったエルヴィス・コステロの2ndと3rdだ。  70年代の初期のなので、パンクを上手く利用したポップなロックが展開される。  どちらかというとパンク成分は2ndの「ディス・イヤーズ・モデル」の方が強いかな。  多分その後のポール・マッカートニーとかと演った「スパイク」辺りでも聴ける、割とストレートなロック…

続きを読む

今日買った中古CD(アート・ガーファンクル)

アート・ガーファンクル / ウォーターマーク / SONY / SRCS 6235 アート・ガーファンクル / レフティー / SONY / SRCS 6238  今日、出掛けたのでいつものようにブックオフに寄った。  で見付けたのが、今回の2枚。  アート・ガーファンクルのアルバムは見付けたら買っている。  で、今回は3rdと6th。 …

続きを読む

デイヴ・スチュワート&バーバラ・ガスキン「スター・クロックス」

 今日も聴いたCDについて。  今日は、昨秋発売されて今年の頭に買ったスチュワート&ガスキンの最新作について。  内容はいつもの通りなんだが、今回は、デイヴ・スチュワートにとってエッグ以来の腐れ縁であるモント・キャンベルが参加しているし、長い付き合いのギャヴィン・ハリスンも今回も全面参加という事で、ある意味安定した作り。  でも、9年振りだけど・・・・・・。 …

続きを読む

クエッリ「クエッリ」

 今日も聴いたCDについて。  今年の初めに買ったCDでまだ書いていないのが2枚残っているが、その内の1枚を書く。   クエッリの唯一作。  これはPFMの母体となったポップなビートのバンドだ。  1969年作だから、PFMへの萌芽が見える・・・・・・、訳ではない。メロディの良さ、曲の良さは前身バンドと言われれば納得いくのだが、1960年代の中頃よろしくシ…

続きを読む

ロベール・カサドシュ「コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション」

 聴いたCDについて。  今日はクラシック。  丁度二回り目を聴いているカサドシュのコロンビアレーベルへの録音全集だ。  全65枚。  ラヴェルなど比較的近代のモノが有名だけど、割とベートーヴェンやモーツァルトなどのピアノ協奏曲も面白い。  個人的には短調の曲が良く合っているように感じる。  よく転がるピアノなのにだ。  この…

続きを読む

ロイネ・ストルト「ザ・フラワー・キング」、ロイネ・ストルトズ・ザ・フラワー・キング「マニフェスト・オブ・アン・アルケミスト」

 今年の初めに買った2枚のアルバムに付いて書く。  この前書かなかった日があったので、今日は2枚の聴いたCDについて。  丁度、フラキンの神策が出たので、一緒に1stも買ったという事だ。  でも、この認識はかなりの間違いがある。  まず、出た新作はフラキン風のロイネ・ストルトのソロプロジェクトで、フラキンの1stは別にあって、これは実質的に1stなんだけど…

続きを読む

ストローブス「ファースト」「ドラゴンフライ」「グレイヴ・ニュー・ワールド≪新しい世界という墓標≫」「幻影」「ノーマッドネス」

 昨年の秋に購入したストローブスのA&M時代で持ってなかったモノについて一言だけ。  確か、「グレイヴ・ニュー・ワールド」以外は日本では初めてCDになったモノなので、そもそも買うチャンスが初めてだった。何度も繰り返しリリースされているモノは既に持っていた。  という事で、これでA&M時代のストローブスは揃った訳だけど、これでなんとなく彼らの個性が分かった気がした。 …

続きを読む

フェアポート・コンヴェンション「ライヴ1974」「50:50@50」「ホワット・ウィ・ディド・オン・アワー・サタデイ」

 今日は聴いたCDについて。  昨秋に買ったフェアポート・コンヴェンションの3作。  アーカイヴ作品と2017年のデビュー50周年記念のスタジオ作と2018年の2017年夏の50周年記念ライヴ作の3作。  とっくに発売していたのを知ったので慌てて買った。  アーカイヴ作は、1974年という事で、サンディー・デニー再合流期・・・・・・、というより、トレバー・…

続きを読む

今日買った中古CD&中古本(テレヴィジョン、歴史の一般書と「闘うプログラマー」)

テレヴィジョン / マーキー・ムーン / ELEKTRA / 1098-2 新版 飛鳥 その古代史と風土 門脇禎二 ・・・ 日本放送出版協会(NHKIブックス) 古代史を語る 朝日新聞社編 ・・・ 朝日新聞社(朝日選書) 闘うプログラマー[上] G・パスカル・ザカリー 著、山岡洋一 訳 ・・・ 日経BP出版センター 闘うプログラマー[下] G・パスカル・ザカリー …

続きを読む

今日届いた新品CD(アンドレ・プレヴィン、リチャード・トンプソン、キャタピラ)

 昨日はすっかり書くのが出来なかったし、今朝もできなかったので、今の時間になる。 リチャード・トンプソン / 13リヴァース / P-VINE / PCD-25270 ザ・クラシック・アンドレ・プレヴィン / SONY / 19075831672 キャタピラ / BELLE ANTIQUE / BELLE 193071 キャタピラ / チェンジズ / BELLE ANTI…

続きを読む

今日聴いたCD

ロベール・カサドシュ / コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション / SONY / 19075853652CD 34 ロベール・カサドシュ / コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション / SONY / 19075853652CD 35 広島ブログ

続きを読む

今日買った中古CD&中古本(ブル・ブラッフォード&シド・バレット&スティーリー・ダン&タヒチ80、帚木蓬生&東川篤哉)

1軒目のブックオフで買った中古CD ビル・ブラッフォード・ベスト / マスター・ストローク '78-'85 / EG / 321VD-1068 シド・バレット / ザ・ピール・セッション / Strange Fruit / DE18307-2 2軒目のブックオフで買った中古CD スティーリー・ダン / 彩(エイジャ) / MCA / UICY-78312 …

続きを読む

ジョン・マクラフリン、ジミー・ヘリング「ライブ・イン・サンフランシスコ」&ベン「ベン」

 今週は一日飛んだので、こういう時ここのところしている事は聴いたCDについて書く事だが、今回は題名の2枚について。  まずは昨年遅れにリリースされて買ったジョン・マクラフリンの最新ライヴ盤。今回はジミー・ヘリングとの共演盤だ。ジョン・マクラフリンのバンドとジミー・ヘリングのバンドによってマハヴィシュヌ・オーケストラの楽曲を演奏する。単純にバンドの人数が倍になってるからか、妙にもっさりし…

続きを読む

今日買った中古CD&中古本(ケイトブッシュ&ニック・ドレイク&スコーピオンズ、一橋文哉&大倉崇裕)

CD ケイト・ブッシュ / 天使と小悪魔 / EMI / CP21-6082 ニック・ドレイク / ファイヴ・リーヴス・レフト<リマスター・エディション> / ISLAND / UICY-3037 スコーピオンズ / ラヴ・ドライヴ / MERCURY / 314 534 784-2 本 闇に消えた怪人 グリコ・森永事件の真相 一橋文哉 ・・・ 新潮社 問題物…

続きを読む

ジャニス・ジョプリン「チープ・スリル」&ジャニス・ジョプリン「チープ・スリル(50周年記念エディション)」

 今日は先週書かなかった時と今日分の2日分のネタ。  聴いたCDについて。  今年の初めに中古で買ったのと、今年の初めに新品でリリースされたばかりのを買ったの。  要はオリジナル盤と、50周年記念盤。  50周年記念盤はオリジナル盤+未発表音源を収録したボーナスディスクと思っていたのだけど、そういうのとは違う。未発表音源を上手い具合に使った新たなs2枚組の…

続きを読む

今日買った中古CD(ジェイムス・テイラー・カルテット)

ジェイムス・テイラー・カルテット / リヴィング・アンダーグラウンド(ア・フュー・ユースフル・ティップス) / ACID JAZZ / PCCY-00925  今日は休みを取っていて、午前中から広島に行く用事があったので、帰りにブックオフに寄った。用事は一緒に行ったモノのだったが、適当に売り場を眺めていたら、このCDを見付けたので買った。  大好きなジェイムス・テ…

続きを読む

キング・クリムゾン「メルトダウン~ライヴ・イン・メキシコ」&トラヴィス&フリップ「ビトゥイーン・ザ・サイレンス」

 聴いたCDについて。  今回は今日分と先週書けなかった日の分で2点。  クリムゾンのライヴ盤と、トラヴィス&フリップの3枚組ライヴ盤。  両者とも昨秋に出たモノで、クリムゾンは完全にその年の末の来日公演の予習の為の盤と化していた。収録曲もアレンジもほぼ同じという。  トラヴィス&フリップは以前バラバラでリリースされていたモノの纏め盤。確か全部日本で出てい…

続きを読む

今日買った中古CD&中古本(ピーガブ&ブラー、誉田哲也)

 今日はテレビのCMを観ていて昨日からサンカレーが食べたくなって仕事が休みだったので広島行って食った。  で、帰りにブックオフに寄って帰ったので、いつものようにCDと本を買った。 CDは、 ピーター・ガブリエル / ピーター・ガブリエルⅢ / CHARISMA / VJCP-2331 ピーター・ガブリエル / シェイキング・ザ・トゥリー/グレイテスト…

続きを読む

バレンボイム指揮パリ管演奏「ダニエル・バレンボイム~ベルリオーズDG録音全集」&バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン演奏「ブラームス:交響曲全集」&ザンデルリング指揮ドレスデン・フィル演奏「ショスタコーヴィチ:交響曲全集」

 今日は昨日書かなかった分と先週書かなかった分併せて3日分の記事を一度に。  書かなかった分については、聴いたCDについてだ。  2回に分けて書くので、今日の分と次回の分は、次回に2回分として書く予定。  さてさて、今回は直近に聴いたクラシックの箱物3点だ。  まずはバレンボイムの1970年代から1980年代に掛けてDGと契約していた時期のベルリオーズの作…

続きを読む

今日買った中古CD&中古本(ニール・ヤング、爆笑問題&七尾与史&似鳥鶏)

 今日も昼飯食いに出たので、その帰りにブックオフに寄ってCDと本を買った。 まずはCD ニール・ヤング / アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ / REPRISE / WPCR-2529 ニール・ヤング / ハーヴェスト / REPRISE / WPCR-2530 続いて本 爆笑問題の戦争論 爆笑問題 ・・・ 幻冬舎 ティファニーで昼食を ランチ刑事の事件簿 七…

続きを読む

今日買った中古CD&中古本(ジャン=リュック・ポンティ&ボブ・マ-リー、大江健三郎&東川篤哉&岡崎琢磨&七尾与史&More)

 今日は昼飯を食いに出たのだけど、帰りにブックオフに寄って本とCDを買った。500円のCDが半額で本全品20%オフのセールをしていたのでついついたくさん買ってしまった。 まずはCD ジャン=リュック・ポンティ / 悠久なる宴~ベスト・オブ・ライヴ / ATLANTIC / AMCY-2091 ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ / ライヴ / TUFF GONG / 422-…

続きを読む

今日届いた新品CD(バレンボイム&息子ザンデルリング&カサドッシュ、アルティ・エ・メスティエリ)

 さてさて、ブログシステムの障害(というより、新システムのバグ?)によりこの記事を投稿しようと思った際に起きていたので今の時間の投稿です。  以下は、昨日届いたCDについて。 バレンボイム指揮シュターツカペレ・ベルリン演奏 / ブラームス:交響曲全集 / Deutsche Grammophon / 483 5251 1 ロベール・カサドシュ / コンプリート・コ…

続きを読む

フランク・ザッパ「スタジオ・タン」&サバイバー「アイ・オブ・ザ・タイガー」&ナイト・レンジャー「ドーン・パトロール」

 今週も2日書かなかった日がある。  その日と今日も含めて都合3日文の書きたかったことを書いておく。  というか、聴いたCDについて書くことが溜まっているので片っ端からどんどん書いていってるのだけど、その3日分を当てるという事だ。  今回は脈絡も無い3枚。  まずはザッパの「レザー」四分割ばら売りの内の一枚である「スタジオ・タン」。「レザー」の四分割分につ…

続きを読む

今日買った中古CD&中古本(爆笑問題、スティーリー・ダン&バート・ヤンシュ&ポール・ロジャース)

スティーリー・ダン / キャント・バイ・ア・スリル / MCA / 20P2-2099 バート・ヤンシュ / 若者の不思議な世界 / Sanctuary / CMRCD204 ポール・ロジャース / ポール・ロジャース・ライヴ / 江戸屋レコード / EDCP-25017 爆笑問題の日本史原論グレート 爆笑問題 ・・・ 幻冬舎  今日は昼飯食いに出たのだけど、…

続きを読む

スティックス「スティクス・ライヴ」&ガンズ・アンド・ローゼズ「ユーズ・ユア・イリュージョンⅠ&Ⅱ」

 昨日はこの記事を書きながら寝てしまったので、この時間の公開となる。  さてさて、記事自体は3日振りだけど、この間に書きたかった聴いたCDについての話を書く。  今日は、取り敢えず2日分。  スティックスのライヴ盤とガンズンの例の2枚抱き合わせアルバム。  まずスティックスだけど、「ミスター・ロボット」のヒットで、頂点を極めていた頃のノリのノっていたライヴ…

続きを読む

キンクス「パイコンプリートシングルコレクション」&ゲイリー・ムーア「スティル・ゴッド・ザ・ブルース」

 今日書く聴いたCDで、漸く追いつく。要は先週の続きだ。  確か今年の頭に買ったモノの内の2枚。  まずは、キンクスのパイ・レコード時代のシングルコレクション。デビューから1970年までだ。  謂わば、アイドルバンド期でヒット曲の大半はここで聞こえるが、割と、独創性があるし、どぎついブルースも多めで、紅茶の国のイギリスのバンドというキンクスのイメージは有るといえば有…

続きを読む

今日届いた新品CD(エルヴィス・プレスリー、PFM、ビル・ブラッフォード、ダニエル・バレンボイム)

エルヴィス・プレスリー / 『'68カムバック・スペシャル』50周年記念デラックス盤 / RCA / 19075884022 PFM / ライヴ・イン・ノッティンガム1976(2CDリマスタード・エディション) / Manticore / MAR 193064-5 バレンボイム指揮パリ管演奏 / ダニエル・バレンボイム~ベルリオーズDG録音全集 / Deutsche Gram…

続きを読む

スレイヤー「レイン・イン・ブラッド」&メガデス「キャピトル・パニッシュメント」

 今日も昨日の続き。  あと1回か2回。  兎に角聴いたCDについて。  今日は2作。両方ともメタル。スラッシュメタル。  まずはスレイヤーの代表作である「レイン・イン・ブラッド」だ。名曲「エンジェル・オブ・デス」を要するアルバム。スラッシュメタルのバンドではあるが、メガデスやメタリカのようなポップ且つメロディアス且つキャッチーな要素が殆どないが、怒濤の勢…

続きを読む

PFM「ユリシーズ」「:セレンディピティ」&レイジ「バトル・オブ・ロサンゼルス」「レネゲイズ」

 今日と次の機会で4日書かなかった分を書いていく。  それは聴いたCDについてだ。  今回は2日分。PFMの復帰後第1作と第2作。そして、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの3rdと4thについて。  まずはPFMだけど、13年振りの復帰作と次の作品。復帰作の「ユリシーズ」は見事なまでの前作「ミス・ベイカー」の続き。ポップなPFMでの復活。これは90年代のプログレバ…

続きを読む