長野まゆみ「銀河の通信所」

 読み終えた本について。


 久々の長野まゆみだ。


 彼女は、デビュー当時からすごく好きで、何が好き勝手、この人の根底に流れる宮沢賢治的世界を各層ともせずに開けっ広げに感じるくらいにしていたのに興味をもって彼女の活動初期の頃にデビュー作を手に取ったのが最初だった。


 その後、これもデビュー作から宮沢賢治と共に彼女の作品の核となっている「耽美的世界」が大きくなり過ぎたので、それに反比例するように興味が薄れてしまい、作品から遠ざかっていた。しかし、最新作で宮沢賢治そのものに挑戦しているとの新聞の書評を観て再び興味が大きくなり、その最新作の元になった本作品も手に取ることとなたのがこの本を買った経緯だ。


 さて、この本は面白い。


 ファンタジーでありSFであり最新の宮沢論ですらある。


 作りも非常にユニークだし、全部で10個の話となっているが、その個々の話の面白さにはムラがあるもののどのはなしも、しっかりと宮沢賢治の魅力を我々に伝えてくれる内容となっている。


 因みに、体裁は小説だ。


 また長野まゆみ熱に魘されそうだ。

"長野まゆみ「銀河の通信所」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: