横関大「チェインギャングは忘れない」

 読み終えた本について。


 著者の別作品の登場人物が出てくる作品という事で読んだ。


 好きな人を守るために・・・


 という内容のクライムサスペンス。


 読者に対する挑戦的な内容のミステリーと捉えることもできる。


 まぁ、なんというか、格好の良すぎるラストになったことにより、かなり荒唐無稽さが増し、エンタメ小説としてのレベルは高くなっていると感じる。

広島ブログ

"横関大「チェインギャングは忘れない」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: