胃カメラを飲むの巻

 今日は、人間ドックで引っ掛かった、胃の検査日だった。


 生まれて初めての胃カメラ。


 パニックを起こしやすい時分にとっては不安でしかなかった。


 先に結果を書いておくと何ともなかった。


 そんな私がどういう風にしたかというと、鎮静剤を投与して、ぼーっとしてる間に終わった。


 なんせはじめるまでが大変だった。


 喉に麻酔を掛けると、行きをし難くなるので、そこでパニックを起こして仕舞った。


 鼻詰まりが酷いの私であるので、鼻で息がしづらく。口で深呼吸も難しいので、呼吸が速く浅くなり、不安感が増大する一方で、まぁ大変だった。


 だけど、鎮静剤さえ打ってしまえば、楽になったので、なんとかなったという事。


 しかし、こんなに苦しいとは思わなかったよ。

広島ブログ

"胃カメラを飲むの巻"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: