誉田哲也「ソウルケイジ」

 読み終えた本について。


 姫川玲子シリーズの第二弾にして長編。


 猟奇的な事件を扱う警察小説のシリーズだが、有名な第一弾の「ストロベリーナイト」程では無い。


 ここは主人公達が淡々と事件を解決していく話では無い。


 第一弾も「そう」だけど、「主人公は誰と闘ってんの?」って思わせるような内容がある。これは警察小説あるあるではあるが、このさよう説のその例に漏れない。そこの面白さも愉しめという作者からのメッセージなのだろう。


 特に今回は、その闘っている相手との絡みによって話が進んでいく,なかなかな内容になっている。


 正直言って、今まで読んだシリーズ中では一番の傑作だと思う。

広島ブログ

"誉田哲也「ソウルケイジ」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: