逢坂剛「水中眼鏡の女」

 読み終えた本について。


 作者が解くとする、心理学系精神医学系ミステリー。


 三編を収める短編集。


 因みに、著者の直木賞受賞後第一作に当たる。


 基本的には、作者のもう一つの得意分野である叙述トリックが満載で、医学的、心理学的なトリックと相まって、全てが明るみなった時には結構嬉しい。


 白眉は表題作。


 ついでは、真ん中の作品。


 最後は、今一だった。


 兎に角、トリックが色々仕掛けてあるとはいえ、特に表題作はだけど、物語全体が大きな仕掛けになっているノイで、素直に読んだ方が最後に腑に落ちる思いを味わえて良いと思う。


 という事で、変化球ミステリーだけど、それが強く味わえるので、非常に楽しい。

広島ブログ

"逢坂剛「水中眼鏡の女」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: