加来耕三「「日本史」謎の英雄伝説―雄壮な出陣・遠征から流離・密偵の旅まで」

 読み終えた本について。


 歴史の新書。


 英雄達の旅に関する伝説等を載せて通史を紡ぐことを試みている。


 神話の時代から幕末までだ。


 歴史上の人物の中で旅が大きなテーマとなっている人を中心に選んで書いているが、それだけで通史を書ける程カバーできないので、無理矢理選んでいるエピソードもある。そこは課題だけど、切り口が面白い内容だ。そういう意味では成功している。


 兎にも角にも、歴史上の事績を「旅」という視点から語った面白い本だ。

広島ブログ

"加来耕三「「日本史」謎の英雄伝説―雄壮な出陣・遠征から流離・密偵の旅まで」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: