門脇禎二「飛鳥 その古代史と風土」

 今日も読み終えた本について。


 今日は歴史の一般書。


 門脇禎二の飛鳥本。


 飛鳥が歴史の表舞台だった時代をコンパクトに一冊に纏めた本だが、どちらかというと前半は、その飛鳥に添い寝した蘇我一族の栄達を描く、後半は日本という国家の出来上がる過程の前半部分を描く。


 それが、上手く描かれている。


 そして、日本史学の大家という事もあって、非常にここで描かれている論は浪漫溢れている。


 とにかく、素晴らしい。


 説得力のある言葉というのは。

広島ブログ

"門脇禎二「飛鳥 その古代史と風土」"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: