シンディ・ローパー「シーズ・ソー・アンユージュアル」「トゥルー・カラーズ」

 聴き終えたCDについて。  シンディ・ローパーの1stと2nd。  知ってる曲のパレード。  でも、なんていうか、この人、ソウルフルだよね。ノリが良いというよりも。  まぁ、一般には「トゥルー・カラーズ」ナンだろうけど。  個人的には1stの「タイム・アフター・タイム」  どうしようも無くせつない。 広島ブログ

続きを読む

山田杏奈セカンド写真集「BLUE」

 読み終えた本について。  ファースト写真集のように「女子のを撮る」写真集ではなかった。  カメラマンの撮る被写体が山田杏奈だっただけ。  なので、彼女の特徴が薄い。  でも逆に、彼女の中性的な肢体は上手く捉えられている。 広島ブログ

続きを読む

今日聴いたCD

シカゴ / シックス・ディケイズ・ライヴ(ディス・イズ・ホワット・ウィ・ドゥ) / Rhino / WPZR-30772/6DISC 1 シカゴ / シックス・ディケイズ・ライヴ(ディス・イズ・ホワット・ウィ・ドゥ) / Rhino / WPZR-30772/6DISC 2 広島ブログ

続きを読む

今日届いた新品本(志賀直哉&筑波昭&梶井基次郎&バカリズム&ジェームズ・M・ケイン&デボラ・ブラム&小池新&山田杏奈)

暗夜行路 志賀直哉 ・・・ 新潮社(新潮文庫) 津山三十人殺し 筑波昭 ・・・ 新潮社(新潮文庫) 檸檬 梶井基次郎 ・・・ 角川春樹事務所(ハルキ文庫) 架空OL日記 1 バカリズム ・・・ 小学館(小学館文庫) 架空OL日記 2 バカリズム ・・・ 小学館(小学館文庫) 郵便配達は二度ベルを鳴らす ジェームズ・M・ケイン ・・・ 新潮社(新潮文庫) 独訳の手帖 ク…

続きを読む

島田荘司「UFO大通り」

 読み終えた本について。  島田荘司の御手洗潔シリーズ。中編二編収録。  この作品集を手に取ったのは少し前にドラマ化された「傘を折る女」が収録されているので興味を持った。  そして、この作品集で気に入ったのは、オチが同じ事。  似たもの通しの話でここまで違う個性を見せるのは、さすが、島田荘司だと感じた。 広島ブログ

続きを読む

アート・ガーファンクル「ウォーターマーク」「レフティー」

 聴き終えたCDについて。  アート・ガーファンクルの3rdソロアルバムと7thソロアルバム。  個人的にアート・ガーファンクルの初認識が「レフティー」収録の「ソー・マッチ・イン・ラヴ」。ティモシー・B・シュミットでは無いのだ。  そして、「ウォーターマーク」はポール・サイモンとジェームス・テイラーとの3人での「ワンダフル・ワールド」のイメージが強すぎる。 広…

続きを読む

キャタピラ「キャタピラ」「チェンジズ」

 聴き終えたCDについて。  キャタピラの全2枚。  1971年と1972年の2枚。  レーベルはヴァーティゴ。  混沌とした当時のB級ブリティッシュロックど真ん中の作品。特徴はフリーキーなサックスとハードな女性ボーカル。サウンドの規定はジャズロックとブルースロック。  1stの方がブルース臭い。  2ndは良くも悪くも洗練された。 …

続きを読む

安田理央「ヘアヌードの誕生 芸術と猥褻のはざまで陰毛は揺れる」

 読み終えた本について。  ヘアの表現について、石器時代の壁画をスタート地点に、その歴史を辿っていく。  題名の通り、ヘアヌードに関する事がメインなので、この著作の大半は、あの1990年代前半のへ和ヌードバブル時代、あの喧噪をこの本の中にワンパッケージしている。  そして、ヘアについては超えてしまった現在において総括するために必要な本だったのだろう。 広島ブログ

続きを読む

今日聴いたCD

カンサス / THE CLASSIC ALBUMS COLLECTION 1974-1983 / SONY / 8869787327288697873272-9 ユーライア・ヒープ / 魔界再来 / Sanctuary / BVCM-37740(82876-88327-2) ユーライア・ヒープ / 征服者 / Sanctuary / BVCM-37739(82876-88326-2) …

続きを読む

誉田哲也「オムニバス」

 読み終えた本について。  姫川玲子シリーズ第九弾。  今回は短編集。  最初の話しは、前作の長編で解決しきれなかった話しを解決するための短編。  その他、新たな姫川班の面々を紹介するような作品が並ぶ。そういった短編集。  個人的には好き。  上下二編で続きの短編もあって、中々工夫していると思う。 広島ブログ

続きを読む

今日聴いたCD

アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 0190295065737CD 35 ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル / ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」 / Altus / ALT002 広島ブログ

続きを読む

テレヴィジョン「マーキー・ムーン」、P.P. アーノルド「カフンタ」

 先週の金曜都響文を一度に書く。  聞き終えたCDについて。  「マーキー・ムーン」は、本人達の思いは兎も角、極上のポップなパンク。聞きやすいし、やりたい事やった結果が「この音」なので、良かったのだろう。  「カフンタ」は、極上のポップなソウル。ピンク・フロイドの狂気で見事なスキャットを聞かせている彼女のイミディエイト時代に2枚目。当時の名曲のカバーが素晴らしい。一…

続きを読む

今日聴いたCD

ニュー・トロルス / コンチェルト・グロッソ 1&2 / Arcàngelo / ARC-1106 ラーセン=フェイトン・バンド / フルムーン / Warner Bros. / WPCR-75409 スティーリー・ダン / 彩(エイジャ) / GEFFEN / UICY-78312 ジミ・ヘンドリックス / スマッシュ・ヒッツ / POLYDOR / 825 255-2 トッド・ラ…

続きを読む

Tahiti 80「ザ・パスト、ザ・プレゼント&ザ・ポッシブル」、リチャード・トンプソン「13リヴァーズ」

 火曜日と水曜日に書かなかった分を纏めて書く。  聴き終えたCDについて。  Tahiti80は2011年の5枚目のアルバム。人数増やしてもデビューからさほど変わらない。色々手は広げているけど出来上がったモノは一貫している印象。  さらには、リチャード・トンプソンの21枚目のスタジオアルバム。前作前々作の過去の作品をリレコーディング作品を経てのオリジナル作品。 …

続きを読む

「Xperia 5 III」に機種変した

 先週発売されたばかりの「Xperia 5 III」にスマホを機種変した。  前のスマホがダメになったわけではないが、酷く充電効率が悪かったので、そろそろ次のスマホへと考えていたからだ。  で、機種変、ショップで半日、家で設定で半日で、丸一日潰れた。  まぁ、仕方が無いが、良い機会だったので、良しとしたい。  丸みを帯びたボディと、ツルツルの手触りで滑りや…

続きを読む

今日聴いたCD

ピンク・フロイド / ピンク・フロイドの道 / EMI / TOCP-8792 PFM / 友よ / NUMERO UNO / BVCM-37424(82876-56580-2) ブラー / パークライヴ(ライヴ・イン・ハイド・パーク2012) / EMI / 5 0999 7 21505 2 8DISC ONE ブラー / パークライヴ(ライヴ・イン・ハイド・パーク2012) / E…

続きを読む

今日聴いたCD

アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 0190295065737CD 29 アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 0190295065737CD 30 アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 0190295065737CD 31 広島ブログ

続きを読む

今日聴いたCD

アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 0190295065737CD 27 ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル / ベートーヴェン:交響曲第4番/他 / Altus / ALT001 広島ブログ

続きを読む

相沢沙呼「invert 城塚翡翠倒叙集」

 読み終えた本について。  城塚翡翠シリーズの第二弾。  今回は中編三作。  長編と違って、ある種のこのシリーズのパターンが確立したと捉える事が出来る。  そして、短編や中編では、このパターンで行くのだろうか。  まぁ、主人公のあざとさを堪能するための小説なので、これで良いのだろう。  その主人公は少年漫画の主人公の如く、数々の危機を乗…

続きを読む

今日聴いたCD

キース・レルフ / オール・ザ・フォーリン・エンジェルスソロ・レコーディング・アンド・コラボレーションズ1965-1976 / ATOZ / ATOZ130 ペンタングル / Sanctuary / BVCM-47015(CMRCD131) ピンク・フロイドBOX / EMI / TOCP-71147~62DISC 2 ジョン・ウェットン / コート・イン・ザ・クロスファイアー / E…

続きを読む

今日聴いたCD

アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 0190295065737CD 25 スラットキン指揮BBCコンサート・オーケストラ演奏 / L・アンダーソン:管弦楽作品集 第2集 / NAXOS / 8.559356 広島ブログ

続きを読む

井上昌己「MELODIES Ⅰ」「バナ・オレンジ・ベリー」

 聴き終えたCDについて。  井上昌己の2作品。  世紀の分かれ目に、彼女が自主レーベルに移籍してからは、余り熱心に追っかけなくなっていたのだけど、なぜか最近妙に聴きたくなって買うのを再開した。  先ずは、「MELODIES Ⅰ」  2014年の作。  複数のミニアルバムからなる彼女お得意のパターン。その一作目。  オリジナルミニアルバ…

続きを読む

今日聴いたCD

アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 0190295065737CD 23 アンドレ・プレヴィン / ワーナー録音全集 / Warner Classic / 0190295065737CD 24 スラットキン指揮BBCコンサート・オーケストラ演奏 / L・アンダーソン:管弦楽作品集 第1集 / NAXOS / 8.559313 広島ブ…

続きを読む

今日届いた中古本(風野舞子&森達也&柴田哲孝&島田荘司)

幻影少女 遠い過去の遺物・幻想空間に棲む妖精 撮影◎安藤青太 ・・・ マイウェイ出版 下山事件 シモヤマ・ケース 森達也 ・・・ 新潮社 下山事件 暗殺者たちの夏 柴田哲孝 ・・・ 祥伝社 上高地の切り裂きジャック 島田荘司 ・・・ 原書房 UFO大通り 島田荘司 ・・・ 講談社  先日「幻影少女」の入荷の知らせがブックオフオンラインから届いたので、買った。他は一緒…

続きを読む

上白石萌音「i」「note」「あの歌<特別版> ー1と2ー」

 聴き終えたCDについて。  上白石萌音の近作。  「あの歌」二部作に併せて、買ってなかった分を一度に買った。  彼女は、デビューから応援してるんだよね。  というか、声が好き。  歌は上手いし。  正直彼女の初主演映画を観たとき、  あぁ、この人は、今後ミュージカルとかの世界で食っていくんだろうって思ってた。  実…

続きを読む

今日届いた新品CD(レイ・ラッセル、モー・フォスター、サイモイン・フィリップス&ザ・ビートルズ&PFM&ピンク・フロイド)

レイ・ラッセル、モー・フォスター、サイモイン・フィリップス / センテニアル・パーク / WaSaBi RECORDS / WSBAC-0127 ザ・ビートルズ / レット・イット・ビー スペシャル・エディション<スーパー・デラックス> / Apple / UICY-79760 PFM / 電気羊の夢を見た / InsideOutMusic / SICP 31495~6 ピ…

続きを読む

今日聴いたCD

ザ・ビートルズ / レット・イット・ビー スペシャル・エディション<スーパー・デラックス> / Apple / UICY-79760DISC 1 ザ・ビートルズ / レット・イット・ビー スペシャル・エディション<スーパー・デラックス> / Apple / UICY-79760DISC 2 ザ・ビートルズ / レット・イット・ビー スペシャル・エディション<スーパー・デラックス> / A…

続きを読む

今村昌弘「兇人邸の殺人」

 読み終えた本について。  「屍人荘の殺人」の第三弾。  今回も非常にオーソドックスな館物。  しかし、SFというか、ファンタジーというか、そういった類いのモノが推理小説とこんなに親和性が高いとは思わなかった。  今回は凄い話しだ。  遊園地内の経営者の自宅に潜入した主人公ご一行が閉じ込められて鬼ごっこをするという、典型的な館物の一つ。 …

続きを読む

今日聴いたCD

キャラヴァン / Who Do You Think We Are? / Madfish / SMBX1129 63655191295221 キャラヴァン / Who Do You Think We Are? / Madfish / SMBX1129 63655191295224 キャラヴァン / イッツ・ナン・オブ・ユア・ビジネス / Inter Art Committees / IAC…

続きを読む

今村昌弘「魔眼の匣の殺人」

 読み終えた本について。  トンデモクローズドサークル新本格派作品だった第一オ段に続く第二弾。  逆に今回は非常に普通のクローズドサークルモノ。  しかし、トリック的な展開なのに、第一弾のせいで普通に感じてしまう。  もう少々普通でないものが来ても、感じなくなってしまった。  そんな作品。  トリック的展開がフックとして入った、オーソド…

続きを読む

今日聴いたCD

PFM / 幻想物語 / NUMERO UNO / BVCM-37423(82876-56579-2) スヴェトラーノフ指揮ロシア国立響演奏 / ミャスコフスキー:交響曲全集 / Warner / 2564 69689-8CD 12 広島ブログ

続きを読む

「オーディオ大全2021」「オーディオがまるごとわかる本 2022」

 読み終えた本について。  手頃な値段の機器を組み合わせてコンポを作って紹介するという本、2冊とも。  手法は評価する。というより、使い古された手だけど、普遍的で、こういったモノの裾野がもっと広がれば良いと思う。  個人的には「オーディオ大全2021」の方が色々なキャラクターを持ったコンポが作られているので良いかな?  もう一方は、どうしても、キンキン聴き…

続きを読む

布施明「日生劇場の布施明」

 聴き終えたCDについて。  1971年のライヴアルバム。  このライヴはバックが手練れ達で固められており、直前に彼が参加したジャズロックユニットLOVE LIVE LIFEの主要メンバーがそれに当たる。  なので、洋楽のカバーが凄い事になっているし、LOVE LIVE LIFEの曲もそこに溶け込んでいる。というか、お客が付いていけなく、引いちゃってる空気感までアル…

続きを読む

ザ・フォーク・クルセダーズ「紀元二阡年」

 聴き終えたCDについて。  フォークルの唯一作。  このアルバムはザ・ズートルビー名義の2曲も含んでいる。ただ、有名な「水虫の唄」はカバー曲だが・・・・・・。  良い、良い。  フォークグループだけど、才気走った若者達によるフォークだけの枠組みに収まらない、好きなモノを、その曲に合った最適なサウンドを模索して具現化している。  最高だ。 …

続きを読む

大倉崇裕「死神刑事」

 読み終えた本について。  アイデア勝利。  警察小説だけど、通常の捜査では無い。  捕まえた犯人が無罪になった事件の真犯人を捜すために再捜査する話し。  ニッチなところを捕らえた良作だと思う。  因みに、4話の連作短編だ。 広島ブログ

続きを読む

スラットキン指揮フランス国立リヨン管演奏「ラヴェル:管弦楽作品集 第2集」「ラヴェル:管弦楽作品集 第6集 ピアノ協奏曲/ツィガーヌ」

 聴き終えたCDについて。  NAXOSのスラットキンによるラヴェル。  今回は’第二集と第六集。  第六集はピアノ協奏曲。  第二集は小曲集。  どちらも甲乙付けがたいが、小曲集の方が彼のキャラには似合っている。  と思っていたのだが、協奏曲の方も中々。  意外な発見だった。 広島ブログ

続きを読む