海堂尊「コロナ狂騒録」と東川篤哉「居酒屋「一服亭」の四季」

 読み終えた本について。  昨日は書く事が出来なかったので、今日は2冊分。  昨日書こうと思った本についてと、今日のモノを・・・・・・。  先ずは、海堂尊「コロナ狂騒録」。  昨年刊行の「コロナ黙示録」の続きにして、田口・白鳥シリーズの差し新刊。というか、著者のほぼ全ての作品が関わる「桜宮サーガ」の保守本流。  今回は昨年の夏から今年の夏までの約…

続きを読む