知念実希人「硝子の塔の殺人」

 読み終えた本について。  この作品、一言で表すなら・・・・・・。  新本格派マニアの新本格派マニアによる新本格派マニアのための作品  という事。  跡は、古今東西の推理小説蘊蓄が散りばめてあるので、そこを拾っていくだけでも楽しいし、物語の重要な鍵にもなっているので、もっと広い視野でこの本を読むと、  推理小説マニアの推理小説マニアによる推理小説…

続きを読む

相沢沙呼「medium 霊媒探偵城塚翡翠」

 読み終えた本について。  最近話題の本。  内容的には、変則的な本格派推理劇。  主人公の探偵の胡散臭さと、狂言回しの女性を表現する際の気持ち終わるさが、非常に表に出ている作品。  ラノベ風な感じが狙っているのか素なのか判断に苦しむが、そういった表面的な内容も含めて非常に巧みな傑作。 広島ブログ

続きを読む