川瀬七緒「スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官」

 読み終えた本について。


 法医昆虫学捜査官シリーズの第七弾。


 題名からも分かるとおり、今回は燕と燕が連れてくる虫の話。前々関係ない虫も見つかり、それを追う法医昆虫学捜査官ご一行と、地道に捜査する警察官が、同じ結論に達したとき・・・・・・。


 そんな話。


 最後はサスペンスで纏めている。


 今回は変化球で長いシリーズをアキさせないように工夫をしている。


 第八弾が楽しみだ。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント