知念実希人「硝子の塔の殺人」

 読み終えた本について。


 この作品、一言で表すなら・・・・・・。


 新本格派マニアの新本格派マニアによる新本格派マニアのための作品


 という事。


 跡は、古今東西の推理小説蘊蓄が散りばめてあるので、そこを拾っていくだけでも楽しいし、物語の重要な鍵にもなっているので、もっと広い視野でこの本を読むと、


 推理小説マニアの推理小説マニアによる推理小説マニアのための作品と言い換える事が出来る。


 力作だと思う。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント