麻見和史「茨の墓標 警視庁文書捜査官」

 読み終えた本について。  警視庁文書捜査官シリーズ第八弾。  今回は、殺人事件の捜査に戻る。  文書の解読にいつものように呼ばれる主人公ご一行だけど、今回は中々解けず、逆に捜査一課などの捜査の方が先先進んだので、最後の最後周りに促されるように、解いて、それが最後のピースとなって、事件の全体像が明るみに出た。そんな話だ。  ただ、今回は、解読する文書の全貌…

続きを読む