麻見和史「銀翼の死角 警視庁文書捜査官」

 読み終えた本について。


 警視庁文書捜査官シリーズ第七弾。



 警察小説で長寿のシリーズとなったら、必ずと行っても良いほど出てくるハイジャックモノ・・・・・・。


 そんな事はない。


 最近はハイジャックなって起きないし、そもそもハイジャック自体が警察小説として扱うには大きすぎるので、滅多にない。


 正直な話、よくこのネタぶっ込んできたなというのが正直な感想。


 しかも今回は、文書関係なく、トンチ合戦だったし。


 まぁ、偶にはこういうのもあって良いのかもね。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント