川瀬七緒「潮騒のアニマ」

 読み終えた本について。


 法医昆虫学捜査官シリーズの第五弾。


 今度は、伊豆諸島の離島で見つかったミイラについてのこと。


 取り敢えず、自殺か殺人かも置いておかれるし、そもそも通常ミイラ化するよりも随分短期間の時間しか無かっ他のでその問題もある。


 それらをひっくるめて、法医昆虫学で解き明かす。


 そんな話。


 いつものように、主人公の赤堀先生は危ない目に遭う。


 フィールドワークの必要な学問であるので、現場に行く必要が多々ある。なので、主人公のどこまで情報を開示するかというのがこの作品のテーマとして大きく横たわっている。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント