表邦男「広島の中世城館を歩く」

 読み終えた本について。


 広島県内の城館のガイド本。


 しかも、山城オンリー。


 その城編墓アクセスと施設案内だけで無く、城自体の成り立ちや命運を紹介しているので、ちょっとした城視点の戦国史本となっている。


 そういった性格の本であるから、紹介されるのは中国山地内のモノが殆ど。


 そして、毛利や尼子の歴史が点ではあるが学べる。


 そこが一番価値があるかな?

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント