似鳥鶏「青藍病治療マニュアル」

 読み終えた本について。


 SF設定を持つ連作短編のサスペンス。


 全4話。


 最後の4話目では著者の大好きな叙述トリックが仕掛けてある。


 この話は「異能症」という通称「青藍病」と呼ばれる病気に罹患した人を主人公とする話。4話共に共通して登場するのはその病気を研究する医師の静さん。症状は様々だけど、心の病気との関連性がある。共通するのは、発作は対象が「青く発光する」事。


 これ、よく考えている。主人公が青春してる話が多いので多分に青っぽい小説だけど、人間が潜在的に持つ恐怖について上手く論じている内容となっている。


 似鳥鶏は、こういうの得意だよね。


 サスペンスだけど、他の要素もふんだんに盛り込むという。


 単なるSFサスペンスではない。


 そんな作品。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント