山崎怜奈「歴史のじかん」

 読み終えた本について。


 著者が出演したネットの配信番組全50回の内、14回分を抜粋して書籍化したモノ。


 それぞれの回に書き下ろしコラムが付いていたり、巻頭巻末に著者のグラビアが掲載(当然書籍の内容に合わせたフォトセッション)されていたりで、フォトエッセイの様相を呈しているが、番組と同じ、アイドルが専門家にその回のテーマについて「どうなん?」と聴くモノ。


 応仁の乱から始めて時系列に太宰治まで並んでいるが、番組の放送リストも確認したがほぼ近世に偏っている。


 こういうバランスの悪さはあるが、全体的に歴史ファンが専門家に学ぶ姿勢が堪能出来るのが良い。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント