竹島将「ポセイドン・ウォー」

 読み終えた本について。  今回は、竹島将の冒険小説作家としての最終作。  日本人の冒険小説作家の描く典型パターンがここでも徹底されている。  それは,東西冷戦下に翻弄される日本人達の姿だ。  ここでは当にその事がテーマ。  情報のやる撮りに重きを置いた情報小説というか、スパイ小説というか、政治小説の側面が強いのがこういった事だ。  こ…

続きを読む

今日聴いたCD

デュトワ指揮フランス国立管演奏 / ルーセル:交響曲全集 / Apex / 2564 64349-2CD 1 ジョン・バルビローリ / ワーナー録音全集 / WARNER CLASSICS / 0190295386085CD 91 グラハム・ボンド / live at the BBC And Other Stories / REPERTOIRE / REPUK 1279Disc One …

続きを読む