逢坂剛「カプグラの悪夢」「十字路に立つ女」

 読み終えた本について。


 今日は逢坂剛2点。


 昨日書こうと思ってたらけど書けなかったので今日纏めて。


 まず、「カプグラの悪夢」は岡坂神策シリーズの第二短編。


 シリーズを始めて丁度10年経った頃に編まれた短編集。相変わらずハードボイルドな作品ではあるが、丁度シリーズの作風の移行期なので、初期のヒリヒリとしたハードボイルドから、そのテイストは残しつつもどちらかというと多彩な業務内容を持つ岡坂神策の知識を開陳する蘊蓄本の両方が楽しめる。


 でも、基本は第一短編から変わっていない。兎に角短編集は多彩。ミステリー、サスペンス,ハードボイルド。


 続いての「十字路に立つ女」も岡坂神策シリーズ。


 こちらは第一長編。


 シリーズのヒロインである花形理絵がヒロインである作品。彼のサスペンスやハードボイルドモノに共通する重層構造の作品でもある。でも、これはハードボイルドタッチのミステリーと見せていて冒険小説だっていうのが奮っている。


 ラストは,次の長編へのプロローグとなっている。が、次の長編は番外編という・・・・・・。


 ここでの岡坂神策は探偵だ。調査会社の調査員ではあるが・・・・・・。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント