東川篤哉「谷根千ミステリ散歩 中途半端な逆さま問題」

 読み終えた本について。


 東川篤哉お得意のご当地ミステリ。


 この人は昔から「こういった」作品を書いている。


 今回は谷根千が舞台。



 主人公や主人公の兄貴の名前がありきたりなコメディを装っているが、トリックはさすが東川篤哉本格的。


 その辺のギャップも素晴らしい。


 とにかくライトでコメディ調なのはいつものことだが、いつもより物語のパターンが多様。


 日常の謎から殺人事件までをご町内の凸凹コンビが解くっていうのは賛否両論あるかも。


 個人的には「賛」だけど・・・・・・。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント