東川篤哉「君に読ませたいミステリがあるんだ」

 読み終えた本について。


 東川篤哉の鯉ヶ窪学園探偵部シリーズの番外編。


 メインシリーズの主要キャラは1行とかでしか出ていない。


 今回は,ハッとさせられた。


 この手があったか!


 と思わず突っ込んでしまうような作品だった。


 今回は。第二文芸部の部長がターゲットにした男の子に自分の書いたミステリーを読ませるというモノ。


 読み終えた後に、実に的確な男の子の突っ込みが入るという。


 これは新しい。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント