横溝正史「悪魔が来りて笛を吹く」

 読み終えた本について。  横溝正史の長編推理小説。  東京が舞台のしかも斜陽族の物語り。  でも半分は神戸が舞台だったり、著者得意の因縁深い話があるので深い。  館物の典型。  血縁的な因縁も恋はなしなので、社会派推理劇としても、館物の本格派推理劇としても秀逸。 広島ブログ

続きを読む