七尾与史「偶然屋」、門井慶喜「ホテル・コンシェルジュ」、横溝正史「八つ墓村」

 今日は読み終えた本について。  ここで、先週と今週と2日書いてない日があったので、それをプラスして3日分の合計3冊分書く。  1冊目は七尾与史の「偶然屋」。  探偵ではないのだけど、結果として真似事をしてる格好の話。結局の所、全然違う職種なんだけど、そんな連中が活躍するサスペンス。  2冊目は門井慶喜の「ホテル・コンシェルジュ」  ホテルの受付スタッフがやっか…

続きを読む