木本泉「安芸国の中世をゆく 郷土の歴史を解き明かす」

 読み終えた本について。


 日本の中世史の本。


 安芸国の中世を描く。


 郷土史家における本。


 内容は鎌倉幕府の成立から関ヶ原合戦後の毛利家処分まで。


 昨今トレンドの歴史区分とは少々ずれるがそこは著者が、安芸の中世史に欠かせない毛利家の事があるので、この区分となったそうだ。


 内容としては、安芸国だけの話でなく日本中世の政治氏を史を一通り追い、そこに宗教や文化を補足させるスタイルだ。そして、安芸国自体については日本全体の歴史に対しどう関わったかという視点で書かれている。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント