大倉崇裕「蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係」「ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係」

 読み終えた本について。


 小説。


 大倉崇裕のドラマされたシリーズである、「警視庁総務部動植物管理係」シリーズの第二弾と第三弾。


 第二弾は長編で、第三弾は連作短編集となっている。


 時系列では第三弾の最後に番外編的に入っている「ヨウム編」の次が第二弾という事らしい。


 非常にコメディの要素の強い本格派推理劇。トリック自体のクセの強さを堪能出来る。


 主人公の言い間違いネタをひたすらしつこく毎回織り込んでくる。


 これはもう「ウザい」レベルだけど、でもないと物足りない、毎回の風物詩となっている。


 きっとこれは著者の術中に嵌まっているのだろう・・・・・・。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント