東川篤哉「ライオンの歌が聞こえる~平塚おんな探偵の事件簿2~」「ライオンは仔猫に夢中 ~平塚おんな探偵の事件簿3~」

 読み終えた本について。


 東川篤哉のユーモアミステリのシリーズ物。


 第一弾は昔読んでいて、このブログにも11月に書いている。その後、第二弾と第三弾も読んだので、その事について一言だけ。


 平塚を舞台にした女性の探偵物。狂言回しの幼馴染みが女探偵で組んで事件を解決っていうバディ物。これは第一段にも書いた。


 今回は猫が一匹増える。


 凸凹コンビなのはこの手の作品の常套手段だが、東川篤哉の作品としてはドタバタ度が多い。その分、本格派推理劇的なモノが後退しているのは残念かな?


 ただ時々,本格派らしいトリック主導の作品があるのは嬉しい。

広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント