麻見和史「凪の残響 警視庁捜査一課十一係」

 読み終えた本について。  小説。  「警視庁捜査一課十一係」シリーズの第十一弾。  今回はいつもと趣向が違う。  と言うのが、いつもは犯人に好きなようにやられっぱなしなのだが、今回はしっかりと未然に防ぐ事が出来ていて、いつもいつも好きなように犯人にされてばっかりだといけないだろうと引っ掛かっていったところなので、これはこれでチームの成長をみた。 …

続きを読む

今日聴いたCD

スラットキン指揮セントルイス響演奏 / タイプライター&トランペット吹きの休日 ルロイ・アンダーソン・ベスト・ヒット / RCA / BVCC-37280 広島ブログ

続きを読む