阿部乃みく写真集「MIKUMIX」

 読み終えた本について。  今日も写真集。  阿部乃みく。  この子は演技が上手いね。  表情のカタログのような写真集だ。  これはこれで写真集の意義で「あり」だと思う。  かわいいだけでない。  セクシーなだけでない。  そういうの。 広島ブログ

続きを読む

今日聴いたCD

ロジェストヴェンスキー指揮モスクワ放送響演奏 / プロコフィエフ:交響曲全集、ピアノ協奏曲全集、他 / VЕНЕЦИЯ / CDVE 44252CD.6 広島ブログ

続きを読む

高杉麻里写真集「全まりすと。に告ぐ」

 読み終えた本について。  写真集。  今や引退してしまった人、高杉麻里の写真集。  とにかく、面白い表情をする人。  その印象そのままの写真集。  ただ、色々の表情が出来る人なので、この写真集は、その良い所を最大限に引き延ばしている。  そんなの。 広島ブログ

続きを読む

今日聴いたCD

ロジェストヴェンスキー指揮モスクワ放送響演奏 / プロコフィエフ:交響曲全集、ピアノ協奏曲全集、他 / VЕНЕЦИЯ / CDVE 44252CD.5 広島ブログ

続きを読む

キース・ティペット

 今月の15日に亡くなっていた。  っていうのを、ついさっき知った。  もうずっと調子が悪かったのは知っているし、最近容体が良くなかったのも知ってはいたが・・・・・・。  二週間も気付かなかったとは・・・・・・。  しかしこれで、キング・クリムゾンの「キャット・フード」の50周年記念シングルを買う決心が付いた。  私の大好きなジャズピアニストだ。…

続きを読む

今日聴いたCD

ヴァン・ヘイレン / ライヴ:ライト・ヒア、ライト・ナウ / Warner Bros. / WPCR-5188~9DISC ONE ヴァン・ヘイレン / ライヴ:ライト・ヒア、ライト・ナウ / Warner Bros. / WPCR-5188~9DISC TWO ロジェストヴェンスキー指揮モスクワ放送響演奏 / プロコフィエフ:交響曲全集、ピアノ協奏曲全集、他 / VЕНЕЦИЯ / C…

続きを読む

今日聴いたCD

ディープ・パープル / BBC セッション 1968 - 1970 / Field Music / QACT-30007~8CD 1 ディープ・パープル / BBC セッション 1968 - 1970 / Field Music / QACT-30007~8CD 2 ザ・ビートルズ / オン・エア~ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2 / APPLE / TYCP-60034/5Dis…

続きを読む

今日買った中古CD&中古本(ジャコパス&ジミヘン、似鳥鶏&七尾与史)

レジまでの推理 本屋さんの名探偵 似鳥鶏 ・・・ 光文社 トイプー警察犬 メグレ 神隠しと消えた殺意の謎 七尾与史 ・・・ 講談社(講談社タイガ) ジャコ・パストリアス / ワード・オブ・マウス / WEA / WPCP-4931 ジミ・ヘンドリック / ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト / EXPERIENCE HENDRIX / MVCZ-10037~8…

続きを読む

今日聴いたCD

ジャコ・パストリアス / ワード・オブ・マウス / WEA / WPCP-4931 ジミ・ヘンドリック / ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト / EXPERIENCE HENDRIX / MVCZ-10037~8CD-1 ジミ・ヘンドリック / ライヴ・アット・ザ・フィルモア・イースト / EXPERIENCE HENDRIX / MVCZ-10037~8CD-2 ロジェストヴ…

続きを読む

G・パスカル・ザカリー「闘うプログラマー」

 読み終えた本について。  日経BPから刊行された上下2巻のドキュメント。  WindowsNTの開発記。  開発責任者であるデイヴィッド・カトラーの伝記でもある。  そういえば、デイヴィッド・カトラーと、マイクロソフトのOSと言えば、初代NTからVistaまでだっけ。とにかくここ最近の主要OS の開発に関与している、そういう人のマイクロソフトでの第一歩を…

続きを読む

今日聴いたCD

ロジェストヴェンスキー指揮モスクワ放送響演奏 / プロコフィエフ:交響曲全集、ピアノ協奏曲全集、他 / VЕНЕЦИЯ / CDVE 44252CD.1 広島ブログ

続きを読む

今日届いた新品本(有栖川有栖&七尾与史、高杉麻里&阿部乃みく、えのあきら)

インド倶楽部の謎 有栖川有栖 ・・・ 講談社(講談社NOVELS) 高杉麻里写真集 全まりすと。に告ぐ 撮影/天野功 ・・・ ジーウォーク 阿部乃みく写真集 MIKUMIX 撮影/天野功 ・・・ ジーウォーク カナダ金貨の謎 有栖川有栖 ・・・ 講談社(講談社NOVELS) 東京プレデターズ チャンネル登録お願いします! 七尾与史 ・・・ 角川春樹事務所(ハルキ文庫) ジャジャ…

続きを読む

今日聴いたCD

ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、他演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲全集 / EMI / 0946 3 65300 2 4CD10 広島ブログ

続きを読む

帚木蓬生「ソルハ」

 読み終えた本について。  帚木蓬生の一風変わった小説。  と言うか、子供向けだそうだ。  アフガニスタンを舞台に90年代後半から2000年代初頭のタリバン時代をたくましく生きた女の子とその家族親戚友達の話。  こう書くと冒険小説か?とも思うが、そうでは無く、どちらかというと青春小説。  内戦でタリバンがカブールを占領して数年後撤退するまでを描く…

続きを読む

今日聴いたCD

ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、他演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲全集 / EMI / 0946 3 65300 2 4CD9 広島ブログ

続きを読む

帚木蓬生「蝿の帝国 軍医たちの黙示録」

 読み終えた本について。  帚木蓬生の、日本軍の軍医のエピソード集シリーズの第一弾。第二弾から先に読んでいたので、どのような話が詰まっているのか大体分かった。でも、良い意味で期待は裏切られた。第二弾は、結構戦場を悲惨にのたうち回るような話が多かったが、この第一弾は話の幅が広い。  ただ、著者が基本的に冒険小説作家なので、登場人物が冒険をする話が多かった。  つまり、…

続きを読む

今日聴いたCD(+愚痴)

 昨日は21時半には寝てしまった。  と言うのがベッドに寝転がって本を読んでいたら、あっという間に意識を失ったからだ。ただ、途中何度も目を覚ましたので、結構連続して長時間寝た感がない。  それでは、いつもの聴いたCD。 ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、他演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲全集 / EMI / 0946 3 6530…

続きを読む

今日聴いたCD

ザ・ムーヴ / メッセージ・フロム・ザ・カントリー / EMI / TOCP-70061 プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ(PFM) / アンドレの詩 / VIVID / VSCD4241 ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、他演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲全集 / EMI / 0946 3 65300 2 4CD7 広島ブログ

続きを読む

広島県緑化センター行ってきた

 雨から一転晴れたので、涼しいところに行こうと「広島県緑化センター」に行ってきた。  みんな考える事は同じで多いかなと思っていたが、意外と穴場というか人は少なかった。  で、予想通り水の側の森の中の施設なので非常に涼しかった。  夏に涼を得る事が出来た。  しかし、園内を廻って分かったのだが、なぜ人が少ないのか?  それは咲いている花が少ない…

続きを読む

今日聴いたCD

ムーヴ / サムシング・エルス・フロム・ザ・ムーヴ(デラックス・エディション) / ATOZ / ATOZ101 ザ・ムーヴ / オムニバス~シングルズ / MSI / MSIF 3666 ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、他演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲全集 / EMI / 0946 3 65300 2 4CD6 広島ブログ

続きを読む

小松左京「復活の日」

 読み終えた本について。  小松左京のSF長編。  コロナ禍の現在よく読まれているそうだ。  未知の感染症で地球上の殆どの人間が死んでしまう話だけど、最後は題名のように復活の兆しが見えて終わるので、明るい未来に向かう設定が好かれてよく読まれているのだろうね。  とにかく、そういう話。  ただ、この話から分かる事は人は道のモノの前に無力であるけど「…

続きを読む

今日聴いたCD

ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、他演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲全集 / EMI / 0946 3 65300 2 4CD5 広島ブログ

続きを読む

小松左京「さよならジュピター」

 読み終えた本について。  今日はSF。  1984年公開の映画のノベライズ版。  1978年公開の映画スターウォーズの空前の大ヒットを受けて東宝が「俺たちも同じ様なのを作ってやるぜ」って小松左京に打診して、それを受けた小松左京が若手のSF作家達とブレーンストーミングして生み出した原案を元に執筆したしなりを大以降を元に小説を執筆したのが本作だそうだ。  結…

続きを読む

今日聴いたCD

ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、他演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲全集 / EMI / 0946 3 65300 2 4CD4 広島ブログ

続きを読む

麻見和史「天空の鏡 警視庁捜査一課十一係」

 今日も読み終えた本について。  「警視庁捜査一課十一係」シリーズ第十二弾。  最新作。  身内の犯罪ネタ。  警察小説の定番に手を出す。  主人公が、その微妙な心の機微をみせる。  著者が、そこが上手いというのに気付いた。  そして、主人公の成長譚であるこのシリーズ、刑事としての確かな成長みる事が出来た。 広島ブログ

続きを読む

今日聴いたCD

ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、他演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲全集 / EMI / 0946 3 65300 2 4CD3 広島ブログ

続きを読む

朝日新聞社編「古代史を語る」

 読み終えた本について。  歴史の一般書。  1989年から1991年に掛けて朝日新聞で25人の史学者がリレー形式で連載した記事を書籍化したモノ。  新進気鋭の学者から大家まで様々な人が書いている。  個人的に名前を知っている学者が皆日本史の学者だったので、勝手に日本古代史の記事だと思っていたが、もっと幅広いモノだった。  アンコールワット、ケル…

続きを読む

今日聴いたCD

ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、他演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲全集 / EMI / 0946 3 65300 2 4CD2 広島ブログ

続きを読む

今日届いた新品CD(PFM)

プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ(PFM) / アンドレの詩 / VIVID / VSCD4241  2014年に6枚同時に発売していて、一番足が速くて唯一手に入れられなかったCDがたまたまAmazonにお入荷していたので買った。  まぁ、限定生産でないから手に入るのだろうね。中古でもプレミア価格なこのCD、定価で新品が買えたのが何より嬉しい。 広島ブ…

続きを読む

今日聴いたCD

ヤンソンス指揮バイエルン放送交響楽団、ベルリン・フィル、ウィーン・フィル、他演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲全集 / EMI / 0946 3 65300 2 4CD1 広島ブログ

続きを読む

テレビにて「刑事ゼロ スペシャル」を観た

 昨年連続ドラマで放送され、その後スペシャルが1回放送されたドラマが、2本目のスペシャルとして放送された。  これが先週の話。  それを今日観た。  まぁ、何というか、結構無茶やるドラマなので、今回も無茶度が高かったので良かったな。  現実味がないストーリーだけど、ぱっと見凸凹コンビのように見える沢村一樹と瀧本美織が割と良いコンビなので疾走感のある漫才を観…

続きを読む

今日聴いたCD

ムーヴ / LIVE AT THE FILLMORE 1969 / Right Recordings / RIGHT116CD 1 ムーヴ / LIVE AT THE FILLMORE 1969 / Right Recordings / RIGHT116CD 2 朝比奈隆指揮大阪フィル演奏 / マーラー:大地の歌 / CANYON Classics / PCCL-00523 広…

続きを読む

アベノマスク届く

 今日届いた。  最後の最後でだ。  しかし、これは次の流行時のために取っておこう。  そして、今度は使い捨てのマスクが必要なところに適正な価格で行き渡るようにしたいね。  この配布されたマスク。  そういう事の助けに少しでもなれば良いなと思う。 広島ブログ

続きを読む

今日聴いたCD

PFM / エモーショナル・タトゥーズ / InsideOut / SICP 31115~6Disc 1 - English PFM / エモーショナル・タトゥーズ / InsideOut / SICP 31115~6Disc 2 - Italiano ムーヴ / ベスト・オブ・ザ・ムーヴ(CD+DVD デラックス・エディション) / ATOZ / ATOZ107Disc 1 キャメル…

続きを読む

麻見和史「凪の残響 警視庁捜査一課十一係」

 読み終えた本について。  小説。  「警視庁捜査一課十一係」シリーズの第十一弾。  今回はいつもと趣向が違う。  と言うのが、いつもは犯人に好きなようにやられっぱなしなのだが、今回はしっかりと未然に防ぐ事が出来ていて、いつもいつも好きなように犯人にされてばっかりだといけないだろうと引っ掛かっていったところなので、これはこれでチームの成長をみた。 …

続きを読む

今日聴いたCD

スラットキン指揮セントルイス響演奏 / タイプライター&トランペット吹きの休日 ルロイ・アンダーソン・ベスト・ヒット / RCA / BVCC-37280 広島ブログ

続きを読む

門脇禎二「飛鳥 その古代史と風土」

 今日も読み終えた本について。  今日は歴史の一般書。  門脇禎二の飛鳥本。  飛鳥が歴史の表舞台だった時代をコンパクトに一冊に纏めた本だが、どちらかというと前半は、その飛鳥に添い寝した蘇我一族の栄達を描く、後半は日本という国家の出来上がる過程の前半部分を描く。  それが、上手く描かれている。  そして、日本史学の大家という事もあって、非常にここ…

続きを読む

麻見和史「鷹の砦 警視庁捜査一課十一係」

 読み終えた本について。  「警視庁捜査一課十一係」シリーズ第十弾。  めまぐるしい展開の全てがある一点の事のためという、ミステリーではありがちだけど、それをきちっと書き切っているのが凄い。  そして、今回は主人公の上司の過去と、自分達の評判について。  でも、ちょっと非現実的だけど、それくらいの方が小説としては面白いという事を思い知らせてくれた作品だった…

続きを読む

麻見和史「奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係」

 今日も読み終えた本について。  小説。 「警視庁捜査一課十一係」シリーズの第九弾。  殺人事件の起き方がある意味パターン化してきた。いつも同じ様。  今回は主人公が女性としてと職業人としての二面性を上手く使い分けた話になっている。  基本的にこの小説は警察小説で有、推理小説なのだが、それよりも大前提として主人公の成長譚としての性格がある。 …

続きを読む

今日聴いたCD

ムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィル演奏 / ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 / AUDIOPHILE / APL 101.503 広島ブログ

続きを読む

麻見和史「雨色の仔羊 警視庁捜査一課十一係」

 読み終えた本について。  今日も小説。  「捜査一課十一係」シリーズの第八弾。  今回は警察小説としてはあり得ない展開で、どちらかというとサスペンス要素多めといった趣だった。  これを持って、主人公の成長と捉えるのかどうか、判断に困ったが、話としては手に汗握る展開で楽しく読めた。 広島ブログ

続きを読む

ふじのや製菓「高野りんごアップルパイ」

ふじのや製菓 高野りんごアップルパイ アップルパイと言えば 甘く煮たりんごの甘みと シナモンのスパイシーさと パイの食感を味わうモノだけど このアップルパイは違う りんごの美味しさを堪能するために シナモンは使わない りんごの味がしっかり分かる程度の甘さ そして 表面はサクサク食感はモチモチのパイ で りんごのどちらかというと酸味を楽しめる そういうアップ…

続きを読む

今日聴いたCD

プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ(PFM) / 時の響園 ライヴ・イン・ジャパン 2014 / VIVID / VSPR4125DISC 1 プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ(PFM) / 時の響園 ライヴ・イン・ジャパン 2014 / VIVID / VSPR4125DISC 2 プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ(PFM) / 時の響園 ライヴ・イン・ジャパン 201…

続きを読む

買い物に出てみた

 今日は買い物に行く用事があったので行った。  で、そこは道の駅ではないけど、そういった類いの場所だった。  なので、昼飯はそこのレストランで食ってみた。  と言うのが、換気などきちんとしているようだったので。  まぁ、久し振りの外食だった。  ちょっとずつね。  帰りに、川の側の道を通っていると黒い蜉蝣が沢山飛んでいた。  …

続きを読む

今日聴いたCD

プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ(PFM) / プログ・エキシビション2010 ライヴ・イン・ローマ・フィーチュアリング・イアン・アンダーソン(ジェスロ・タル) / VIVID / VSCD4244/5DISC1 プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ(PFM) / プログ・エキシビション2010 ライヴ・イン・ローマ・フィーチュアリング・イアン・アンダーソン(ジェスロ・タル) / …

続きを読む

麻見和史「蝶の力学 警視庁捜査一課十一係」

 今日も読み終えた本について。  今日は小説。  麻見和史の警視庁捜査一課十一係シリーズ第六弾。  ドラマ第三弾の原作だが、ドラマは観ていない。  これシリーズ物で、同じパターンで書き続ける事を表面的には拒否しているので、毎回手を変え品を変えしてくるのだけれども、今回も事件的にはワンパターンなモノの、人の動きは結構新鮮に観る事が出来て。十一係がチームとして…

続きを読む

一橋文哉「闇に消えた怪人 グリコ・森永事件の真相」

 今日も読み終えた本について。  今日はルポタージュ。  グリコ・森永事件のルポタージュ。  1996年に上梓された。  まだ、時効を迎えたばかりの頃の作品だから、奥歯に物が挟まったような言い方しか出来てないし、著者が警察の内部資料を精査し、様々な人物に取材に当たった総合的な結果を書いているが、書けない事が多数有るようで、面白いし、事件の核心を突いては居る…

続きを読む

徳江かな写真集「かなでうた」

 今日も読み終えた本について。  写真集。  今回は徳江かなの2nd。  前作より過激かな。  でも、体格良い体付きが上手く活かされているのか、とにかくグラビア映えする。  そこが勝利の良作。 広島ブログ

続きを読む

かなで自由写真集「みゅうみゅう日記」

 今日も読み終えた本について。  写真集。  今回は、かなで自由だ。  なんていうか、味わい深い感じ。  段々と良くなる構成になってる。  良作だ。  割と、肩の力を抜いて眺める事が出来る。 広島ブログ

続きを読む

神宮寺ナオ写真集「Muse」

 今日も読み終えた本について。  写真集。  神宮寺ナオの。  なんか、最近の格好良いイメージの写真集となっている。そもそも、元々、かわいらしい人ではあったのだけど、背伸びしたここ最近でイメージが追っついたような写真集になっている。  と言うか、この写真集で一番一番しっくりくるイメージは、「頽廃感」だ。 広島ブログ

続きを読む