一橋文哉「闇に消えた怪人 グリコ・森永事件の真相」

 今日も読み終えた本について。  今日はルポタージュ。  グリコ・森永事件のルポタージュ。  1996年に上梓された。  まだ、時効を迎えたばかりの頃の作品だから、奥歯に物が挟まったような言い方しか出来てないし、著者が警察の内部資料を精査し、様々な人物に取材に当たった総合的な結果を書いているが、書けない事が多数有るようで、面白いし、事件の核心を突いては居る…

続きを読む

徳江かな写真集「かなでうた」

 今日も読み終えた本について。  写真集。  今回は徳江かなの2nd。  前作より過激かな。  でも、体格良い体付きが上手く活かされているのか、とにかくグラビア映えする。  そこが勝利の良作。 広島ブログ

続きを読む

かなで自由写真集「みゅうみゅう日記」

 今日も読み終えた本について。  写真集。  今回は、かなで自由だ。  なんていうか、味わい深い感じ。  段々と良くなる構成になってる。  良作だ。  割と、肩の力を抜いて眺める事が出来る。 広島ブログ

続きを読む

神宮寺ナオ写真集「Muse」

 今日も読み終えた本について。  写真集。  神宮寺ナオの。  なんか、最近の格好良いイメージの写真集となっている。そもそも、元々、かわいらしい人ではあったのだけど、背伸びしたここ最近でイメージが追っついたような写真集になっている。  と言うか、この写真集で一番一番しっくりくるイメージは、「頽廃感」だ。 広島ブログ

続きを読む