一橋文哉「闇に消えた怪人 グリコ・森永事件の真相」

 今日も読み終えた本について。


 今日はルポタージュ。


 グリコ・森永事件のルポタージュ。


 1996年に上梓された。


 まだ、時効を迎えたばかりの頃の作品だから、奥歯に物が挟まったような言い方しか出来てないし、著者が警察の内部資料を精査し、様々な人物に取材に当たった総合的な結果を書いているが、書けない事が多数有るようで、面白いし、事件の核心を突いては居るのだろうが分かりにくかった。


 後、本文中では寺家の全てを時系列で追わないので、巻末付録の事件年表が事件を把握してない人には役に立つだろう。


 個人的には、当時ニュースとかで興味を持っていたので、特に巻末の年表は参照する事なかったが・・・・・。


広島ブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント